« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月28日 (金)

小娘オーバードライブ 笹本祐一

026061340000 ソノラマ文庫

 小娘オーバードライブ

 笹本祐一

 

 

笹本作品のソノラマ新書化第3弾は、小娘オーバードライブです。

とはいっても、この作品。実は角川スニーカー文庫から出てたものでして、そのうちの1巻と2巻+漫画版のあるエピソードを書き下ろしにしたものをまとめたものとなっています。

イラストは角川の時のまま むっちりむぅにぃさんが担当してます。

基本的に、書き直しとかもしてないので元の作品どおりではあるのですがっ!

ソノラマ文庫の人・・・わかってない、わかってないよ!

確かに笹本の巣の文章も面白いけど、この作品の面白さはイラストで描かれているショートコントっぽいとこなのに!

文章と絵のギャップの面白さもあってよかったんですけどねぇ。なんともはや。

まぁ、面白い作品ではあるので、買って損はないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひだまりスケッチ1 蒼樹うめ

025955900000 まんがタイムKRコミック

 ひだまりスケッチ1

 蒼樹うめ

 

 

美術科に通う4人の高校生の4コマ漫画です。

で、どっかでみたことある絵だな~とおもったら、ねこねこソフトの”諸葛勤”という4コマコーナーで、描いてた人でした。なるほど・・・・そりゃ見たことあるな。

さて漫画の中身自体は、ほのぼの~っとしててほっとする内容かな。

先生が・・・・ちょっとこまりものではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんせいのお時間6 ももせたまみ

025955280000 バンブーコミックス

 せんせいのお時間6

 ももせたまみ

 

 

まぁ毎回というか、同じパターンではあるんですけどねぇ

いい加減これもなんか進展も何もなく変わらない日常を延々とやってるので正直飽きてきた。

ももしすとかの場合は、恋愛とかの経過がからんだり、ちゃんと進級したから秋は来なかったんだけどねぇ。

今回のみどころはアンソニーの妹がやってくるとこでしょうか。

おっぱい!おっぱい!

で小顔な妹がなかなかにかわいい。しかもいろいろとコスプレで雰囲気が変わるとまたいちだんといいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ToHeart2 Vol1 きたうみつな

025955040000 Gファンタジーコミック

 ToHeart2 Vol1

 きたうみつな

 

 

アニメも始まったToHeart2の漫画版です。

基本的に原作に忠実につくってあり、しかも、いろいろとアレンジをうまくしてあります。

ん~・・・・作者はるーこが好きなのかのぉ。

1巻ではまだ大丈夫ですが、これから全員をだしていこうとすると破綻するからうまくつなげないといけませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まほらば10 小島あきら

025954970000 がんがんWINGコミック

 まほらば10

 小島あきら

 

 

佳境ですね。

鳴滝荘の面々もその周りも、そして隆士と梢(多重人格それぞれ)の間も、ゆっくりとではありますが、そろそろおわりだなぁという雰囲気になってきています。

今回では、個人的に一押しの千百合ちゃんの回で・・・・あ~あの娘ああなるのか と。

もう、見られないのですかねぇ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機工魔術士9 河内和泉

025954980000 ガンガンウィングコミック

 機工魔術士9

 河内和泉

 

 

メルクーリオ編完結で・・・・・うぅ(TT

まぁ あっちのほうも、なんかいい感じだから許す。

しかし これももう9巻なんですねぇ

なんか、話しぜんぜん進んでない気もしますが。

今回は、そのなかでも優香姉にはからずもとある言葉を言ってしまう彼のなきっつらに蜂な状態が見もの・・・かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すもももももも3 大高忍

025954940000 ヤングガンガンコミック

 すもももももも3

 大高忍

 

 

委員長!委員長!

おっぱい!おっぱい!

とまぁ、前半50Pだけでこの3巻はいいでしょう!ええ、いいですとも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F 坂入慎一

4840231494 電撃文庫

 F

 坂入慎一

 

 

死を尊び、ゆえに死の対極に位置する美しき少女、砂夜。死に無関心、ゆえに死の至近に位置する少女、ユルリ。誘蛾灯に導かれる蟲のように、二人の周りは不条理に満ちている。

ん~・・・・まぁ、読んでてたのしいとか、面白いとか思うような作品じゃないです。

シリアス作品としての完成度が高いかといわれると・・・そうでもないです。

なんていうんですかねぇ、こういう話でこういう言い回しで小難しくしとけばお前ら評価するだろ?みたいな意図が透けて見える感じがします。

まぁ、眼鏡っ娘のユルリがでてきたとこだけは評価しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

パルケラススの娘2 地下迷宮の王女 

026057650000 メディアファクトリー MF文庫

 パルケラススの娘2 地下迷宮の王女

 五代ゆう

 

 

堕ちたなぁ・・ほんとにもぅ。

もともと骨太なファンタジー書ける人だったんですけどね。

こんな、売れないライトノベル作家が書くような、ハーレム&ちょっとオカルトな話を書くようになったとは非常に残念です。

1巻でひとまず下僕として働いている主人公ですが、そこに、日本から婚約者(高飛車ツンデレ)と義妹(おとなしめ良妻賢母)が、転がり込んできます。才能が無いことでイギリスにおいやられた主人公を追っかけてとのことで、両方とも新しい縁談から逃げてきてるのです。

で、その二人が目立ってしまって、肝心のタイトルにでている地下迷宮の王女様がなんとも目立たないw

まぁ、最後のほうでおいしいとこをかっさらってはいきましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーレムXガールズ 大凹友数

メディアファクトリーMF文庫

MF文庫Jライトノベル新人賞 佳作受賞作

ゴーレムXガールズ

大凹友数

誰にも気づかれないように毎日を過ごしていた。いじめられるよりはマシだ。そんな抑圧される心を慰めてくれるのは、乾さんだった。彼女の姿が見れるだけでよかった。それだけが楽しみで学校へ行っていた。そんなある日、乾さんが正門で人を待っていた。

非常に評価に迷う作品です。

文章がとか設定がとか言う前に、まずこの主人公が本当に好きになれない。

いろいろと”痛い”のです。主人公の考えてること・行動・使う言葉等まぁほんとにここまでというくらい嫌悪感が。

で、これを狙って書いたのか、それとも作者の分身的な考えで書いたのがというので、評価が天と地ほどに差が出てきます。

狙って書いたのなら、うまいというかなかなかに味のある作家になると思います。

ですが、素で書いてるとしたら・・・・・作者の人間性を疑います。

人間性と作品のできは別というのは、基本的な考えとして持ってるんですが、この文章を素で書ける人はちょっと痛々しすぎます。

話のできとしては・・・まぁ読めるかなといったところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かのこん 西野かつみ

メディアファクトリーMF文庫

MF文庫Jライトノベル新人賞 佳作受賞作

かのこん

西野かつみ

転校初日に音楽室へ呼び出された耕太。引きつけられたと言っていい容姿の持ち主、源ちずるは耕太を見つめていった。「わたし……がまんできないよう」抱きつかれて慌てふためく耕太。ふと彼女をみると、スカートから尻尾が見え、髪からは耳が生えていた。

ふむ・・・いわゆるハーレム小説といいましょうか、ちょっと気弱な主人公が今までなんにもなかったのに、いきなり女の子にもてまくる様になるというパターンです。

ただ、ちょっとメインヒロインとかその周りに妖怪が混じってはいますが。

話的には、見るとこはありません。どっちかというと駄作です。

メインヒロインの狐っ娘(?)とか、眼鏡の委員長とか、おとなしい先輩の半妖怪娘を見るだけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス上等。 三浦 勇雄

メディアファクトリー MF文庫

クリスマス上等。

三浦勇雄

ひとり過ごすクリスマス。涙が出そうなぐらい悲しくなったとき、鉄平の前に彼女は現れた。「おめでとうございます!アナタは見事選ばれました!」別世界に住むという彼女は言う。最近、自分たちの世界―内世界―では、鉄平のいる世界―外世界―を......"

ダイハード? まぁ、そんな話ですかね。

主人公が実は戦闘のセンスがあったりとか、なんだかあまりにもご都合主義ですが、勢いで最後までひっぱってます。

そう、ひっぱれてるんですよ、最近の作品にしては珍しく。

新人で設定だけは真似て勢いが追いつかずに失速というのをたくさん見てるので、それなりに評価できます。

いろんなとこから設定ぱくってそれが見えみえなのは、ちょっと残念ですけどねぇ。

さて、出てくるキャラですが身につけているものが何もかも紅いレポーターのお姉さんがいいですw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

愛と悲しみのエスパーマン 秋田禎信

025947450000 富士見ファンタジア文庫

 愛と悲しみのエスパーマン

 秋田禎信

 

 

え~・・・っと、何から言えばいいのか とりあえずツンデレの女の子でてきますと。

いや、こういうも書ける人だとは、思ってましたけど、でも実際に書かれるとなぁ・・・・

だって、オーフェン(シリアスヴァージョン)を書いた人ですよ!?エンジェルハウリングの人ですよ!?

もちょっとシリアスな話かと思うじゃないですかぁ。

それが、メインが女の子に振られて超能力に目覚める主人公。

ツンデレとかなり超越してるメインヒロイン?

超能力に目覚め無理やり主人公を正義の味方の仲間に引き入れる先輩。

まともな、敵の不幸な娘と先輩の姉の多分本当はこっちがメインヒロインズ。

・・・・なんだかなぁ。

まぁ 一言いえるのは、メインヒロインの娘 魅力が・・ないぞとw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説の勇者の伝説 9 完全無欠の王様 鏡貴也

025947500000 富士見ファンタジア文庫

 伝説の勇者の伝説9 完全無欠の王様

 鏡貴也

 

 

帝都にフェリスに連れられて戻ってきたライナですが・・・・いじられてますな。

まぁ、前巻でのやりとりは普段の二人にとってはかなりの恥ずかしい出来事であるわけで・・・しかたないですなw

で、今回はタイトルどおりシオンがかっこいいです。裏でいろいろ動いているあのヒトデさえ圧倒するようなかっこよさ。

やらないといけないこと早まず身なのに何から手を着けていいのかわからない状況でどうするのか・・・さて続きが楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩雲国物語 心は藍よりも深く 雪乃紗衣

025944700000 角川ビーンズ文庫

 彩雲国物語 心は藍よりも深く

 雪乃紗衣

 

 

都に帰ってから前巻でちょっと一息ついた秀麗。そこにまた、問題が。

茶州ででなぞの奇病発生。そして影月は自分に出来ることをしに一人で現場まで。

州牧として、官僚として、経験が足りないながらも必死に頑張る二人がとてもまぶしいです。

そして、影月の秘密が・・・・・さぁ どうなるやら、続きがほんと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超解!気象精霊記 清水 文化原作・監修

026035220000 富士見書房

 超解!気象精霊記

 清水文化原作・監修/ドラゴンマガジン編集部編

 

 

気象精霊記の解説本ですね。

こうしてみると、キャラクター多いですねぇ・・・・

ミリィはもちろんお気に入りなのですが、私の一番はフェイミンさん。

ミリィにつづいての2番目の人というのが、なんとなくかわいそうですが、そこが魅力なのです。

そして、精霊以外ではやはりお天気おにーさんの上沢さん。

あの服装、飾り物の数々はほんとどうやって調達してるのやら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気象精霊ぷらくてぃか5 清水文化

025947430000 富士見ファンタジア文庫

 気象精霊ぷらくてぃか5

 清水文化

 

 

だんたんと、成長していくミリィ達と、それを見守るイツミ先生がなんともいえないいい感じです。

3者面談では、やっぱりこの人、ミリィの親の代わりとしてティタニア女王様がくるし、イツミさんのお母様もw

そして、書き下ろし短編はミリィの姉、ユーリィ姉のお話です。

ミリィが何気にすごいので、目立たない姉ですが、やはりそこは姉。やっぱりすごい人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉響荘のユ~ウツ 福田栄一

026032090000 徳間書店

 玉響荘のユ~ウツ

 福田栄一

 

 

イラストとあらすじ紹介見て買ったのですが・・・・失敗。

期待したほどの面白さはありませんでした。

へんなとこで、濡れ場というか・・・まぁちょっとエロっぽいの出しておこうかという意図がみえたりで興ざめですし、ご都合主義って言うのはこの辺の話ではあたりまえとはいえ、あまりにひねりがない。

まぁ・・・・お勧めは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

星界マスターガイドブック 早川書房編集部編

025947110000 早川文庫

 星界マスターガイド

 早川書房編集部編

 

 

星界の紋章・星界の戦記 小説およびアニメを含めたファンブックですね。

ジント・ラフィールを司会に、出場キャラクターが各章にゲストとして登場し、説明するという内容です。

星界シリーズが好きな人にとっては、いろいろ、懐かしんだり、興味深い内容ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

ROOM NO.1301 #6 お姉さまはストイック! 新井輝

025947550000 富士見ミステリー文庫

 ROOM NO.1301 #6 お姉さまはストイック!

 新井輝

 

 

お、お姉さま ですかっ!!!

と、まぁ表紙とサブタイトルのどっちがこの巻の本命になるのかさっぱりだったのですが・・・・最後 いいのかっ!いいのかっ!ほんとに!と。

これであの子供がどうかというのは、もう黒じゃないかなぁと。

最初と最後は、お姉さまにもっていかれてますが本編の中心は日奈・佳奈の窪塚姉妹であります。

うーむ、前の巻からなんか日奈がすっごくかわいいんですがっ!!!でも、彼女の好意は佳奈に向かっていて、そしてその気持ちを吐露するとこはなんだか切なくてたまらないです。

さて、この巻でもそうなのですが、シーナはことあるごとに巨乳好きを主張しています。

「巨乳の娘が好きなの?」との健一の問いに「巨乳が好きなんだ!」と実に思い切った素晴らしい主張を。

しかし!このシリーズで巨乳といえば綾さんなのに今回はちょっとの出番しかないのは何故だー!!!

飴なめてるイラストでの、裸Yシャツに盛り上がった胸(+乳首)はよかったですがっ!

うう、個人的には綾さん一押しなんだけどなぁ。

そして・・・・いい加減にしないと千夜子さんが本気で怒ってしまいますよ~

ああいう娘は一度怒らすと怖い気がするんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かりん増血記6 甲斐透/原作:影崎由那

025947530000 富士見ミステリー文庫

 かりん増血記6

 甲斐透/原作:影崎由那

 

 

アニメも始まる予定で、まさに旬の”かりん”。小説版もすでに6巻です。

漫画も先日7巻が発売され、単行本しか読んでない人でもわかるように調整して出されてますので、かりんと雨水の中がなんとなく進展ようなとこも踏まえての話となっております。

で、今回は、かりんのお父さん。ヘンリー卿の隠し子発覚か?!というとこなのですが、それよりも、嫉妬する雨水がなんとなく可愛く思えてしまう話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空と月の王 霜島ケイ

025949440000 MF文庫

 空と月の王

 霜島ケイ

 

 

別の出版社で長らく出していたシリーズ、封殺鬼シリーズを少し前に完結された、霜島ケイさんの新作です。

ん~マユかわいいですね。

後書きにも書かれているのですが、この人の書くヒロインというか作中に出てくる女性って一人で生きていけるような強いのが多いので。

泣いてすがるような小さい娘っていうのは確かに珍しい。

で、主人公トキ。まだまだマユとヒューゴの間にある絆には入り込む余地は無いですが、がんばれ!少年!と応援してあげたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滅びのマヤウェル 岡崎裕信

025878850000 スーパーダッシュ文庫

 第4回スーパーダッシュ小説新人賞<大賞>受賞

 滅びのマヤウェル

 岡崎裕信

 

倉持ユーキには、誰にもいえない秘密があった。だが、のっぺらぼうを自称する美少女・真綾にそれを知られてしまい二人は同居することになる。彼女との奇妙だが平穏な日々の中、ユーキは皆に秘密を打ち明ける決心をするが・・・・

”戦う司書と恋する爆弾”と大賞をW受賞した作品です。

まぁ、設定とかちょっといいネタ持ってるんだけど、中盤から後半にかけての盛り上がり部分がどうにもおもしろくないとか、なんかいろいろつっこみどころがあったりと、どうにもだめっぽい作品です。

”戦う司書と恋する爆弾”のほうも、面白い作品ではなかった。

この二つが大賞となるレーベルって言うのは、正直期待しできないなぁと思ってしまうのです。

大賞に見合う作品がないなら、ないと言い切ってしまうくらい厳しいほうがよかったんじゃないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女嫌いの修練士 樹川さとみ

025877160000 コバルト文庫

 女嫌いの修練士

 樹川さとみ

 

 

エネアドの3つの枝シリーズ(3部作)の2冊目ですね。

前巻では主人公であり、ヒロインであった彼女の親友ララの話です。

話自体は波乱万丈っぽくも何か地味ですが、このララがなんとも逞しく、さっぱりとしていて見ていてきもちいい。

最後で彼 セインとくっつくとこも、なんとも言えない小気味よさがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

彼女は帰星子女 上野遊

025944860000 電撃文庫

 彼女は帰星子女

 上野遊

 

 

「人類を代表し、宇宙人と友好条約を締結した」-アメリカ大統領の突然の発表に、世界に激震が走った。彼ら三種族連合移民船団ートリオンの宇宙船は数十年前から地球人類の調査を行い、各国政府と接触していたというのだ。

だが平凡な高校生・芹沢望にとって、それは「直接は関係ない大ニュース」のはずだった。トリオンと地球人との間に生まれた美少女・絹が芹沢家にやってくるまでは・・・。

王道である。

外国の世間知らずな重要人物の娘を急に預かることになったとかいう話を、宇宙人に置き換えればそのままです。

もちろん、そういう場合に主人公をひそかに思っている地味系少女もちゃんといまして、急に来た娘をライバル視しながらも元来の人の良さで心配したり、応援したり、仲良くなったりするのですが・・・まぁ、そこはもしシリーズ化するなら書かれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のお稲荷様。5 柴村仁

025944780000 電撃文庫

 我が家のお稲荷様。5

 柴村仁

 

 

今回は、主に兄・高村昇のクリスマス付近の話ですね。

で、なんといってもライトノベルの必須事項!お約束!というべきラブコメ展開ですよ~

今回、一般人というか学園生活では一番近かった佐倉美咲に、対抗馬。お金持ちで、美人で、という宮部紅葉がでてきます。

まぁ、いろいろあって最後に佐倉にライバル宣言~なのですが、今のとこ昇争奪レースでは個人的に一押しな、護り女のコウですな。

不器用ですが、いい娘さんなのですよ~

・・・・後は怖いが膝枕で耳掻き~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狂乱家族日記 参 日日日

025877700000 ファミ通文庫

 狂乱家族日記 参

 日日日

 

 

このシリーズもついに3冊目となりました。

で、今回は、父親役 凰火の”恋人” 死神三番が帰国となり・・・・・

どう考えたって、凶華よりも死神三番がいいだろうがっ!!!!

と、思うんですけどねぇ。

あと、凶華の正体がちょっとわかったりとかあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インサイド・ワールド 周防ツカサ

025944770000 電撃文庫

 第5回電撃hp短編小説賞<大賞>受賞作

 インサイド・ワールド

 周防ツカサ

 

小惑星が地球と激突するコースを進んでいて、このままだと地球滅亡という事態になるというそんな世界で、無気力で些細な問題を大きなことと考えているような高校生3組それぞれを焦点にした3話が集まった話です。

ん~。まぁ、それなりに書けているといったとこですかね。

微妙な年代が些細な悩みを大げさに考えたり問題にしていて、その辺の話というのはごろごろしているため、目新しさはないし、作品を読んだあとの感動というのも特にない。ただ、新人が書いたにしてはまぁ書けていると。

そして、冒頭と最後に、ちょっとした文章が載っているのですが、それを見て宇宙に対する憧れ、なんかを感じるかといえば首をかしげてしまいますし。

これを足がかりに次の話がうまく書ければいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン 扇智史

025877690000 ファミ通文庫

 春は出会いの季節です アルテミス・スコードロン

 扇智史

 

 

2272年。MAPLE(アジア自由経済共同体)の誇る女性仕官養成学校、通称『錬女』。”機動装甲”を疾駆し命を賭して戦う未来のため、過酷な訓練に励む少女達の汗と涙と友情と熱血の日々。

ガール・ミーツ・ガール。みんなのあこがれる完璧な先輩と、ちょっとドジで少しの才能を持った新入生との出会い、挫折・衝突・和解・そしてまた希望の日々といったこういうお話の王道ではあります。

おもしろかった。うん、おもしろかったです。

冒頭のシーンのこともありこれからの話の流れがすごく気になる作品ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the earth cafe

10/3に近所にケーキ屋が開店しまして、先週は忙しくてお店空いてる時間にいけなかったのですがやっと行けました。

元は酒屋で間口が狭くショーケース部分もそんなに大きく取れてない内装です。

全体的に小さめで、値段は380円から550円という品揃えになってます。

んで、最初のお店ではあるので、生クリーム系・カスタード系・季節のケーキ系と頼むことを決めて行き、下の3品買ってきました。

051009_16260001 

 

 

 

右から、イチゴのショートケーキ、釜焼きシュークリーム、マロンのなんとか(忘れた)です。

イチゴのショートケーキは生クリームが舌の上でさっととろける感じでおいしいです。生クリーム系のケーキは他のもおいしいと予感させる出来ですね。

釜焼きシューは、ちょっとこれは首をひねる出来で、固めのシューはまぁさほど問題ないのですが、カスタードが重たい感触でしかもざらっとしてるのでどうにも私にはおいしく感じられませんでした。

マロンのなんとかは、これはおいしかった。上に載った渋皮煮も甘露煮も、カスタードとマロンクリームと渋皮煮を砕いた物とスポンジの多層部分も、下のパイ・生クリーム部分もどれも文句なし。特に、マロンクリームはいい感じです。

カスタードクリームはシュークリームには向いてないかもしれませんが、スポンジと組み合わせた時にはいい感じになるのかもしれませんね。

今度は、生クリーム系で別のとチョコ系を攻めてみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青磁や

昨日は、いつものごとく白の団関西メンバーとちょっと飲み会というか食事へ~

で、しばらく行っていなかった”青磁や”という居酒屋に。

ここは、豆腐とか神戸シュウマイ、するめのてんぷらを始め、おいしい肴と酒もいいのをそろえてて、何回かメンバーと行って評価が高いお店・・・・だったんですが!!!

行ってみると、お店がなくなっていてどうやら移転した模様。幸い、前の店から近くのとこに移転してたので移動し入れました。

で、新しくなって内装とか照明とかがちょっと変わってていわゆるおしゃれな店になってました。

席について、とりあえず飲み物を頼んでから食事メニューを見てると・・・・なんかおかしい。

前にあったメニューから幾品かなくなってるし、写真とか見てると小洒落た感じになってるし、飲み物が来るのがかなり遅いしと、この辺からちょっとやばいかなーなんてメンバーとも言ってました。

そして、飲み物がきて頼んだ肴がきはじめて、いやな予感が的中。

・明太子乗った出し巻き・・・普通。明太子乗ってないほうがまし。きれてなーい!。小さくなってる。

・シュウマイ・・・4人いるのに3つしかない(注文するときに確認しろ!店員)

・豆腐・・・すくなっ!!!!

・アオリイカの刺身・・・鮮度悪い。これほんとアオリイカか?というくらい味がいまいち

・秋刀魚の一夜干・・・小さい

・カンパチの刺身・・・・すくな!!!。しかも値段が980円と高い!

と、味は皆普通以下で、褒めるべきとこがない。

飲み物でも、私は日本酒頼んでたのですが、前のお店はコップの外の枡のほうにもだいぶ注いでくれていたのですが、それも少なくなってました。前のお店が一つ一つの味も量もかなり満足できるものであったため余計に、落差がひどく感じました。

女に受けるように内装変えて、味を落とし、量を少なく、値段を高くとまぁ店換えの悪い見本みたいになってました。

まだ、お腹は空いてたのですが、もうこんなとこで食べるのはよそうということで別のお店に行くことに。

そして、らいむさんの案内で元町のほうにある”くにきや”という焼肉屋に~

051008_21070002 051008_21070001051008_21480001

 

 

 

 

2階にある小さめのお店でしたが、いやはやおいしかった。

お酒も、韓国のマッコリというにごり酒のような、甘いお酒もおいしかったし。

ただ、ちょっと値段が高めではあります。

特に、カルビはおいしくて、むにんくんもだいぶ褒めてました。

今度からは、前に言ったモツのおいしい焼肉やでお腹膨らましてからここかな~とかいいながら帰途に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日、爆弾がおちてきて 古橋秀之

025944850000 電撃文庫

 ある日、爆弾がおちてきて

 古橋秀之

 

 

あの、ブラックロッド・ブラットジャケット等を書いた古橋さんの新作です。

私、爆弾なんです。しかも最新型ですよ?

と、自称する以前淡い気持ちを抱いた同級生に似た少女に付き合ってうろうろしたり、昔を思い出したりと・・・・最後は切なくなる結末です。

そういうような話とか、ちょっと暖かくなるような話とかが何作か書かれた短編集です。

正直、この人がこういうの書けるとは思いませんでしたが、うまいです。

そういう、ちょっとほっとするような作品に飢えている人にお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界のキズナ 有澤透世

025944590000 スニーカー文庫

 世界のキズナ① 混沌な世界に浮かぶ月

 有澤透世

 

 

第8回角川学園小説大賞<奨励賞>受賞作です。

・・・・ほんとに、もっとがんばってほしい作品ですね。

ボーイミーツガールで、結構面白いネタ仕込んでるとは思うんですが、どうにもおもしろくない。

何も特技がない男の子が、女の子と仲間のために頑張るいい話だとは思うんだけどなぁ。

まぁ、次回策の出来に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

かりん7 影崎由那

025956380000 角川書店

 かりん7

 影先由那

 

 

なんかすごい事態急変だった前巻ですが、この巻で一気に収束。

そして・・・・うんうん よかった。

雨水とかりんの仲も、先に進んだし・・・・・ってぇえええ!!

次の巻では、いちゃついてるのかこんちくしょーー!!!!

ふん・・・まぁ 雨水ママがだれのものにもならなかったのでいいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃!!イージス5 Act-Ⅱ 谷川流

025944760000 電撃文庫

 電撃!!イージス5 Act-Ⅱ

 谷川流

 

 

今回も、まぁ萌え要素たっぷりの内容ですな。

連載していた雑誌(電撃萌王)が雑誌ですし、今更そんな事言っても仕方ないのですが

この人にこんな話を書かせるなよ

まぁ、最後のほうは、谷川さんの作品に必ず出てくる多層並列次元うんぬんな要素がありましたが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦う司書と恋する爆弾 山形石雄

025878840000 スーパーダッシュ文庫

 戦う司書と恋する爆弾

 山形石雄

 

 

「ハミュッツ=メセタを、殺せ」ー支社の全てが『本』になり、図書館に治められる世界の話。記憶を奪われ、胸に爆弾を埋め込まれた少年コリオ=トニス。彼の生きる目的は、世界最強の武装司書、ハミュッツ=メセタを殺すこと。だが、ある日手に入れた美しい姫の『本』に、彼は人目で恋をする。その恋が、コリオをさらに壮大な争いに巻き込んでいく・・・。

第4回スーパーダッシュ小説新人賞<大賞>受賞作です。

まぁ、それなりにかけてるとは思いますが、正直面白くないです。

こういう作品で、いろいろ世界のつじつまが云々言ってはいけないのですが、死者が『本』になったからといって、何でそれを掘り出さないといけないのか?しかもそんな本を納めていたらはっきり言って保管場所なんてないはずなのにどうしているのか、とかいろいろ突っ込みどころを重箱の隅をつつくような感覚で探してしまいます。

タイトル見たときすぐに惹かれたんだけどなぁ・・・・しかも<大賞>受賞作なのに期待はずれでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことりたちのものがたり 空谷あかり

025878870000 スーパーダッシュ文庫

 ことりたちのものがたり

 空谷あかり

 

 

恋する少女(カナリア)たちは歌う。カナリヤとは、人と同じ姿と二つの羽を持つ観賞用の亜人種のこと。人工的に生み出された美しい歌姫達に、世界は残酷で、でも時に優しくて・・・・

作品はカナリヤ達のいろんな話を集めた短編集となっています。

世界観、カナリヤとそれに関わる人、カナリヤと人の混血であるカケス。

なんかしんみりとちょっとだけ暖かな気分になれる話ばかりなのですが、個人的に短編すぎるというか、1話1話ををもうちょっと長くして、話の数を3,4つ絞ってくれたほうが良かったかなと。

話もいいのですが、RAMIさんのイラストも相変わらず繊細で綺麗です。

このイラストだけでも買いですな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジンキャストミルク 藤原祐

025878110000 電撃文庫

 レジンキャストミルク

 藤原祐

 

 

タイトル見たとき、ガレキの話か!?と思ってしまいましたが、内容はまぁよくある不思議学園ものでした。

この作者は前のシリーズ ルナティックムーンで現代学園ではないですが同じような特殊能力持った亜人種の話を書いてるんです。まぁそこそこおもしろかったので、今回も大丈夫かなと読み始めました。さすがに現代学園が舞台だけありでてくる女性キャラも非常にとっつきやすいキャラになっています。話そのものはそれほど面白いものでもないし、まぁ盛り上がりに欠けるとこもあるのでさほど評価できませんが、主人公の相方である【全一】城島硝子、他の人間の判別が出来ない天才【有識分体】柿原里緒、封じられている過激な【壊れた万華鏡】舞鶴蜜。この3人のそれぞれの魅力がこの作品のおもしろいとこかと。

そして学校で一般人を演じている(と思っている)硝子と友達との会話はなかなかに趣がありました。

「後は『ドグラ・マグラ』で、日本3大ミステリ制覇なのー!」

「『黒死館殺人事件』は読んでるんだ、君子・・・・」

「その順番はあまり一般的ではありませんね。知名度と入手のしやすさから言って、最初は『ドグラ・マグラ』、次に、『虚無への供物』、最後に『黒死館殺人事件』を読むという統計がありますから。『ドグラ・マグラ』で挫折する人も珍しくありませんが」

というような話を女子高生が集まってしてたりします。

まぁ・・・あんまり期待できないかもこのシリーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

月末の新刊

9月末付近の新刊に、現在積読状態の本をおいといても読まねばならない本が3冊発売されました。

025877740000  ファミ通文庫

 トワイライト トパァズ4 かくて背信の旅はおわる

 佐々原史緒

 

 

うん、良い話しだったぁ。

このシリーズもこれで最終巻、ずっと追いかけてきたあの人と主人公でありヒロインであるトパァズがどうなるのか、いろいろ気を揉むとこもありましたが、まぁ大団円・・・かな。

あいかわらず佐々原さんはかわいくてかっこいい女の子を書かせるとすごくうまい。

最後の戦いで、葛藤しながらも@@の石を使うトパァズのところは、なんともいえないです。

そして、この最終巻ではアダマス様の存在感がすごい。まさに助演女優賞といえるべき役割で、これこそが千年賢者であり硬玉の元后である姿だなぁと思えてしまいます。

最後に

「膜のいちまいやにまいで女の価値は下がんないって アダマスちゃん言ってたぁ!」

・・・・ごもっとも。

 

025944610000  角川スニーカー文庫

 ポケロリ

 竹井10日

 

 

まず作品の説明をする前に、この竹井10日という作者について説明しなければならない。

この人は marronというエロゲメーカーのスタッフであり、あの伝説のお笑いゲー&姉ゲー”秋桜の空に”、お姉ちゃん好きな人に送る”おねえちゃんの3乗”のシナリオライターです。

このゲームですが、私を始め大概のゲーマーは、攻略のための選択肢を選ぶことはあっても、明らかに捨て選択肢と思えるものは無視してしまいます。それを全部読みたいとおもわせて攻略そっちのけで面白い選択肢を選び続けることになってしまったゲームなのです。

そんな竹井10日さんがメジャーデビュー!

・・・・角川思い切ったことするなぁ

確かに竹井さんのテキストは面白いのですが、大半がエロ&シモネタでありさらにHシーンでは特殊すぎるのばっかりだったという、普通の小説書かせるには向かない人なんですけどね。実際、今まで出してる小説も”秋桜の空に”の書き下ろし小説ですし。

で、ポケロリですが、まぁあちこちに竹井さんらしいテキストがありますが、無名の新人がこれを書きましたということで発売されたのなら、私即効捨ててます。

しかし、あとがきで1巻はどうやらかなりおさえたようで・・・・2巻以降いつもの竹井さんが見れるかもw

 

025945550000 コバルト文庫

 夢の宮~遥けき恋文~

 今野緒雪

 

 

4年ぶり、久々のシリーズ新刊です。

良い話です!何も言わずに読め!

久々ではありましたが、私がこの夢の宮が好きになった1巻の後半の話に似てるというかなんというか・・・・いい感じな話です。

作者の名前を見て、見覚えあるなと思った方。

多分それは マリアさまがみてる のほうで見知った名前になったのだと思います。

私としてはこちらの夢の宮シリーズもぜひ見てほしい。

個人的にはこっちのシリーズが好きなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現神姫6 天野咲耶

025874520000 SQUAREENIX

 現神姫

 天野咲耶

 

 

 前巻で衝撃のベッドシーン!!と思いきや未遂でしたが、この巻ではけっこう自体が動いていきます。

 そして、なにやら敵側のいろんな動きと、

Fカップの女性がっ!!

次の巻が楽しみですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

ゼロイン

025956330000 角川書店

 ゼロイン

 いのうえ空

 

 

 前巻で紋條さんが死ぬは、新キャラが主人公といちゃつくわといろいろ問題ばかり泣きがしますが、一番問題なのが似ているのにスタンスが違うために険悪な新フォワードの二人です。

 まぁ それでもいろいろあって落ち着くのですが・・・・・よりにもよって

俺の大好きな妹の渉菜にストーカーの魔の手が!!!

胸おっきくていい娘なんだよ~~~~こんちくしょうがっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

iPod nano

うちに新しい つるぺたっ娘が来ました。

051002_01380001

 

 

 

 

iPod nano(4GB)です。

メジャーなものを敬遠し、iPodをずっと眼中に入れなかった私がとうとう買ってしまいました。

でもね、でもね

すっごくいいんですよ~~~~!!!

携帯するものは、どれも薄くて軽い”つるぺたっ娘”を最も重視する私にとって、このnanoはまさに、薄くて軽い、しかもこのサイズで4GBの容量を持ちながらも値段が¥27800という言うことなしのプレイヤーなのです。

ほかに追随できるのいないものなぁ。

今回 アップルのものを買うのは初めてだったのですが、実に良く出来ています。

音楽をiTunesでしか移動させることができないという手間はありますが、今までつかっていたプレイヤーとは違い、実際4Gもの容量の音楽をそうとっかえひっかえ入れ替えることがないので特に問題になりません。

そして、デザイン。シンプルでいてなお洗練されている外見、必要最低限しかボタンがないように見えるのに、静電で中心ボタンの周りをジョグのように使用できるため実に、いろんなことが使いやすく出来ます。

ただ、やっぱり鏡面仕上の外装と液晶は傷がつきやすいため、保護シート張ることが必須でしょう。まぁ傷とかを気にしないというのなら別ですが。

いろんなとこのレビューに出てますが、ジャックの穴が下についているのはちょっと気になるとこかも。

まだ品不足で、ほとんどのとこが売り切れ状態ですが、店頭に並んでいたら間違いなく買いの商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »