2018年11月15日 (木)

阿蘇ぼう 1日目

えー・・・blogのことを忘れていたわけではないですよ。ええ。ほんとまぁ書く意欲が失われてたのは確かなのですが。
前の記事も中途半端なところで止めてるんで書かないといけないのですが・・・ま、まぁ久々の更新!先日行ってきました阿蘇ライド 阿蘇ぼうの事を。

あれはまだ暑い頃にSENZU COFFEEにてアイスコーヒーを頂いてるとdaiconさんより「秋に阿蘇行きません?」と誘われたことからでした。
阿蘇自体は去年の秋に行きましたが、一番の目的だったミルクロードと大観峰が天候が悪くて雨&真っ白というとても残念なことになったのがとても心残りだったので、行けるチャンスがあるなら!とご一緒させていただくことになりました。
秋になるまでいろいろ有りましたが、コースとしては1日目にやまなみハイウェイを走って九重連山の温泉地筋湯温泉に泊まり、翌日にミルクロードを大観峰を見て南阿蘇側から阿蘇山に登って阿蘇に宿泊。最終日は阿蘇の東側を走ってケニーロードを含む地蔵峠超えをして熊本から帰るという予定になりました。
とは言っても、daiconさんと同行者のカリスマブロガーのDARUMAさんは飛行機にて大分空港からの走行となりまして、私は・・・飛行機輪行の輪行袋もないし、そもそも飛行機があまり好きではないので去年と同じ新幹線と特急で別府からスタートとしました。
そしてもう一人の同行者kabo店長はフェリーで九州入りとのこと。私も前日余裕があったらオレンジフェリーで別府に乗り付けるんだけどなぁ。

Img_9270

当日は朝1番の新幹線に乗って小倉まで。九州新幹線は東海道新幹線よりもスペースに余裕があるのと高級感があるので好きなんですよね。もちろん名前がというのもw


Img_9271

小倉駅ではJRのホームに移動してから、特急を待ってる間にホーム内にある立ち食いうどんで定番のかしわうどんをいただきます。柔らかい鶏肉に優しいお出汁が美味しいのですよ。
今回乗る特急はにちりんシーガイア。去年はソニック号に乗ったのでこちらにしたのですが、うん、どちらにしても平日の朝は人が少なくて快適ですな。自由席の一番後ろもラクラク確保です。
うつらうつらとしてたら気がつくと別府駅の手前となっていて、あわてて降りる準備をしました。


Img_9274

輪行解除!空は青く雨が降る心配は全くありません。これは・・・いいライドになるぞ!
Twitterを確認すると他の3人は別府にて合流する予定で走り始めてまして、私はあの人達に比べると圧倒的に登りが遅いので先行する形でまずは由布院へと出発します。


Img_9277


Img_9284


Img_9288

駅から由布岳の近くまではとにかくずっと登りでして、道中の湯煙がもうもうと上がっている小屋(すごく硫黄臭い)とか、紅葉している鶴見岳山頂辺りとか、そんな旅情緒を楽しむ余裕が余りありませんw
また途中でいくつか工事をしているところがあり片側通行規制がかかってました。自転車で登坂中にこれが辛い!速く走りきらないと迷惑かけちゃいますからねぇ・・・そこで無理して頑張ると後がまた余計に辛くなるという。


Img_9293

そんなこんなで遅いですがジリジリと登って城島高原に差し掛かったところでようやく斜度が若干緩めとなって由布岳が見えてきました。

Img_9310


Img_9316


Img_9322


Img_9328


Img_9334

そして暫く進むとぱっと開けて、すすき野原が。猪ノ瀬戸湿原の風景に、あぁ帰ってきたんだなぁとしばし佇んでいました。
絶景の由布岳の麓をかすめて由布院へと降りていきます。


Img_9337


Img_9339

由布院も去年の秋に来てたのですが、その時はホテルがわりと遠かったのもあって観光ポイントである金鱗湖と天祖神社までは行かなかったので、今回はコース的にもちょうど脇を通るので寄り道を。
しかし金鱗湖への脇道に入った途端、細い道は観光客でごった返してまして自転車に乗って行くのさえ無理な状況。仕方ないので降りて押しつつまずは金鱗湖へと向かいました。
近隣小脇の小道を流れに沿って歩きつつパチリと一枚。もう少し紅葉がきれいに写ってくれたらなぁと自分の写真の腕を悔やみつつ天祖神社へお参りを。少しここでゆっくりする予定だったのですが観光客のあまりの多さにすぐに出立することにしました。
元のコースへ復帰し由布院の中心地へ。時刻はすでにお昼を過ぎていまして、朝からヒルクライムをしてきたお腹も空っぽの状態です。平日なのに観光客の多さに辟易していた私はあえて地元の人が行くような定食屋へと入店したのですが・・・一応そのお店の評価も事前に見ていて、そんなに悪いわけではなかったのですが・・・まぁ、お察しいただければ。これがちょっと今でも後悔しまくりなくらいでして。やっぱりちゃんと人気があるところに行かないとだめですね。
他の3人はすでにコンビニで合流して、キャッキャウフフと別府からの登りを攻略中のご様子。甘いものが美味しい喫茶店でゆるりと3人を待つという予定でいたのですが、先程の昼食のことも有りどうにも気分がくさくさしてたので、ゆるりと走り始めることにしました。
由布院からやまなみハイウェイに至るルートは3つありまして、県道216号線・国道210号線からの正規ルート、由布院を南側から抜けて県道11号線をそのまま登っていくルート、県道11号線から細い林道を登って山下湖手前で合流するルートです。
まぁ県道11号線を登るルートは正直行く意味がないのでそれ以外の2つのどちらで行くかなのですが、去年は林道のルートを行きまして斜度がきついですが車の少なさと冒険心を煽られるような風景がとても楽しかった思い出があります。同じところを通るのも芸がないですし時間も余りまくってるので国道側ルートにてやまなみハイウェイへ入ることにしました。
登りではあるのですが斜度はそれほどきついわけではなく、暑いとさえ思える陽気のなか登っていきます。思っていたよりも車通りがなくてストレスもそれほど感じませんでした。バイクや車のアンティークな博物館である岩下コレクション脇を通り過ぎ、なんだろう本当に淡々とペダルをこいで進んでやまなみハイウェイ入り口に到着。さぁ、ここから快走路に!・・・ならないんですよねぇwやまなみハイウェイ自体が快走路と感じられるのはもっと阿蘇側に行ったときでして、少なくとも山下湖まではずっと登りなのです。


Img_9348


Img_9353


Img_9359

それでも斜度は緩くなり時折少し降ったりもするので走るのが楽しくなってきまして、また今回もやまなみハイウェイで外国人の自転車乗りとすれ違いました。道の脇の木々も綺麗に紅や黄色に染まった中をゆっくりとマイペースで走るというまさに秋ライドな時間でした。
崩平山をぐるりと回り込んで朝日台展望台へ到着。ここからの眺めがですね、とっても良いのですよ!

Img_9367


Img_9371

実はこのライドにカメラを持ってくるのを忘れてまして・・・iPhoneで撮るしかなかったのがとても口惜しい。


Img_9372


Img_9376


Img_9378

そして朝日台からすぐ下にある、農家レストランべべんこへ到着です。
お昼ご飯に失敗してその気分を晴らすために先行して走ってきたのですが、いい加減1人が寂しくなったのでここでゆっくりと3人を待つつもりでソフトクリームを食べつつベンチでぼけらっとしてました。
秋の日は釣瓶落としとよく言われますが、先程まで明るかったのが、あっという間に陽が傾き始めて夕暮れの気配になって少し肌寒い感じに。3人は結構近づいてきてる感じではあるのですが、未だ確証を得れるツイートがなかったので16時にべべんこを出発しました。

Img_9379

べべんこからは降りと平地の直線で、飯田高原前から九重連山山裾まで一気に駆け抜けることができる快走路となります。ですがその降りが寒い!陽が傾いたのと同じく気温も一気に下がってきたようで、なにか上に着ないとすぐに動けなくなりそうです。
こちらも牛が看板の飯田高原ドライブインでちょっと停まりウィンドブレーカーを羽織ります。ふとスマホを確認するとkaboさんからの返答で3人がかなり近くまで来てる模様。これはもう合流するしかないね!と前の道で降りてくる方向に目を凝らします。

Img_9394


Img_9400


Img_9407

しばらくすると遠くから派手な自転車乗り3人の姿が!あちらでも私の姿に気づいたのか合図をして近づいてきました。そこを激写!・・・・うう、カメラの能力が。
合流をしてしばし異なった道中の話とか合流できた喜びなどを語らっていましたが、宿のご飯の時間もあるためそうゆっくりとしてられません。その時間に間に合うように3人はかなり無理してるはず?ですし。しかし走り始めた我々の前には夕焼けに照らされた美しい景色という罠ががが


Img_9422


Img_9423


Img_9431


Img_9453


少し走っては写真を撮るために停まるということを繰り返して、また最後の最後で宿までの登りが辛くて時間がかかりましたが、無事本日の宿へ到着となりました。

Img_9454


Img_9455

めっちゃ湯けむりが上がってますw
自転車をロックして部屋に落ち着いた後は、お風呂に洗濯、食事と手早く済ませて・・・さぁ夜はこれからだぜ!というところでDARUMAさんとkaboさんはすぐに寝息をたてられてました。
あー・・・まぁ私と違って3人は結構大変だったからなぁと思ったのですが、一番疲れたと言っていたdaiconさんは、まだまだ元気w
お酒を入れつつ夜遅くまで色んな話をしてから就寝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

双龍さんへ行こう! 1日目

ちゃんと起きたよ!
なんかベッドに転がって一瞬で起こされた感じw
用意したジャージとかに着替えて、忘れ物指差しチェック!うむ、大丈夫!
さぁ!行くか!と最寄り駅まで自転車に乗って走ります。

Img_7679


さってと輪行準備!
ホテルに着替えとかは事前に送ってるので、大型サドルバックでなくても行けたんですが、まぁお土産とかいろいろ買うかもねーとw

Img_7680

輪行準備も済んでホームに到着しても・・・始発が来るまであと10分以上あるしっ!
ツイッターを見てると、今日出発の方々も問題なく動き始めてる模様です。
電車が来て新大阪まで移動。改札に着いた時点で同行するきーちゃんの様子をうかがうと問題なく間に合う電車に乗れてる感じ。
先に改札上ってホームで待ってるますが・・・あれ?なかなか来ない。
TL確認してみると、何か重大な忘れ物としたとかなんとか。むむっ、チケット忘れたとかかな?自転車席裏に置いたら改札まで行ってみるかなと思っているうちに、きーちゃんも乗り込んできたのでとりあえず自転車置いて席に落ち着いてから聞きますと、なんとヘルメットを忘れたと。あー・・・いや、なるほど。いつもは遠出する場合に電車輪行ではなく車移動なきーちゃんが、今回は新大阪に来るために家から輪行状態で電車乗ってきたとのことで、一度はやらかしますよねぇ。私も同じく以前に家から輪行状態にして駅に向かったらヘルメット忘れました。友人のななしきさんはそれがあるから輪行中もヘルメットをかぶっていると徹底されてますし。
とりあえずヘルメットを何処かで買わないといけません。名古屋だと時間的に早いので、塩尻か諏訪ならスポーツ自転車専門店とかもあるだろうときーちゃんは新幹線内で検索してました。

Img_7685

名古屋に到着しまして、ここから特急ワイドビューしなのへ乗り換えです。いそげっいそげっ。
しなのには輪行状態の自転車を置ける場所がありますが・・・きーちゃんの横型輪行袋だとかなりはみ出るので置けないとのことでデッキに置いて鍵をかけます。
流石に平日朝一番ですと指定席には人は殆どおらず計画通り・・・途中から席を向かい合わせにしてゆっったりと電車旅を楽しみます。このために席を前後でとったのさっ!特にワイドビューしなのと銘打つだけあって途中の景色も綺麗ですしね。大きな窓でフルに見えるので楽しみ。
出発してから何故かきーちゃんがそわそわして「振り子、振り子」と言ってたのですが、ふむ・・・成る程。制御付き自然振り子式車両なんですな。何度も乗ってますが、そんな事気にしてなかったですよw
そんな揺れ揺れのなか車掌さんが回ってこられたので、ちょっと行き先変更の手続きを。塩尻で降りる予定を、塩尻からもう一つ先の広岡に変更します。うん・・・車掌さんごめんなさい体勢崩させてしまったw


Img_7686


行き先変更した切符をツイッターにアップしたら、とある方はすぐに何処に行くかわかった模様。さすが地元は強いw
道中あまり芳しくない天候に不安をいだきつつ、眼下に見える道路とか桜に目を奪われているうちに塩尻に到着。ここでローカル線に乗り換えです。
といっても1駅なのですぐに広丘に到着しまして、駅そばにあります三沢自転車商会へ!

店の中に輪行状態の自転車を少し置かせていただき、きーちゃんはヘルメットとグローブを。私はあちこち見て回ります。

Img_7691

ふむふむ

Img_7692

おお!もうメーカー在庫が無いリンちゃんのビーノが!
などとしている間に、きーちゃんが新しいヘルメットを購入されたので、お店の前で輪行解除!・・・って輪行慣れているはずの私のほうが断然遅いorz

Img_7694


Img_7698


解除ー!
晴天お守りが効いたのか、事前のいまひとつな予報もなんのその晴れてます!
とりあえずは、塩尻峠を目指します。
通勤時間帯は過ぎているのに20号線は車で大渋滞してまして、左右の道に躱すかどうか悩みましたが、下手に土地勘無い所でそれをやると迷ったり余計時間かかるハメになるので我慢をしてゆるゆると進んでいきます。

ですが・・・いきなり朝御飯休憩さ!いやだって二人共朝御飯食べてなかったし名古屋で買う時間無いし、いい加減渋滞にストレスが溜まったし・・・トイレも含め手早く済ませまして再出発。
20号線をそのまま走り、さぁ・・・登りが始まりますよ!
道の駅小坂田公園まではまだ緩やかでしたが過ぎてからぐんと登りらしく・・・らしく・・・ふひぃふひぃ辛いよぉ。
途中のラーメン屋のところで、ドリンク補給も兼ねて休憩します。陽が高くなってきて暑い!ときーちゃんも薄手のジャージにお着替え。
この先もう少ししたところに焼肉屋があって、その先が・・・あそこだよなぁと考えつつ登っていきまして・・・


Img_7701


Img_7703

リンちゃーん待ってー!
志摩リンが高ボッチ高原に行った際に原付きで登っていった登り口ですな。写真を撮るタイミングが遅れて小さくなってますが、きーちゃんパイセンこの斜度なのにぱぱっと登っていくなんて・・・ぱねぇっす!
写真を撮ったりしてますと、登山?中のオジサンから話しかけられて「ここに行くにはー?」と問いかけられましたが、ごめんなさい私達地元の人間ではないのでとお伝えして再出発。中山道の脇にある旧道をわざわざ走りまして、塩尻峠頭頂!
さぁ降りだぁ!と重力に任せて降りていこうとした視線の先に、何かボードみたいなのを持った人がいる・・・ヒッチハイカーかな?以前AACRの時に近くの大学のサークルがヒッチハイクであちこち行くような事してたし、またやってるのかなぁと視線を固定しつ通り過ぎかけましたが、いや、あれ、あの人だ!きーちゃんからも後ろからストップー!と声がかかります。


Img_7706

裏猫さんだぁああ!
行きの電車内でリプライは頂いてたましたが、平日ですしまさか迎撃に来てくださるとは思いもしませんでした。
しばし駐車場の所で話し込みまして、甲府まで一緒に行きましょうよとお誘いしお付き合いいただくことになりました。
じゃあまずは諏訪湖の写真をと、裏猫さんより写真スポットをお聞きしてぱしゃりと。

Img_7708


Img_4353


ちょいと霞んでますが、天候も回復して良いライド日和なのです。
諏訪湖へ降るまでの良い道も裏猫さんよりお伺いし、ゆるりと降っていきます。やはりこういうのは地元の方にお伺いするのか良いですものね。
諏訪湖まで出てからは湖畔のサイクリングロード(?)を走っていきます。

Img_4354

大阪ではとっくに過ぎた桜もこちらでは今が見頃を迎えてまして、湖畔の桜を眺めつつのサイクリングはとても楽しい!
これだよ!春ライドはこうでないと!
そんなふうに楽しみつつ走ってましたが、東側の湖岸をまっすぐ抜けるだけのコースなのですぐに終わってしまいました。ここから次の目的地である諏訪大社本宮まではまっすぐ進みます。
湖岸走っている時から気づいていたのですが、めっちゃ風が強い!しかも向かい風。今日の予定ではずっと方向が変わらないから・・・とっても嫌な予感がしますw


Img_7710


諏訪大社へ到着!
私ときーちゃんはある事情で今は神社に入れないので、前で写真だけと思っていたのですが先行してた裏猫さんからお守りを頂きました。ありがとうございます!ありがとうございます!

Img_7711

すわひめ様の自販機もパシャリとw
もうお昼は過ぎてて、朝御飯が遅かったとはいえお腹空いたねーということでお昼ご飯を食べるお店を目指します。何店舗の候補から検討しまして”野麦”にしましょうということで出発。
距離としては17kmくらいなので1時間もあれば到着すると考えていたのですが、ここで懸念していた向かい風が・・・顔にビシビシと小石が当たるくらい強く吹き荒れてまして、なかなか巡航速度が上がりません。


Img_7714


周りの景色は咲き始めの桜とかでとても目に楽しいのですけどねぇ。
そして登りが・・・いい加減私の遅さとかに我慢できなくなったきーちゃんが先行。あっという間に見えなくなりましたw

Img_4358


Img_4361


お、おまたせっ!
こんな感じで引っ張ってもらい走っていってましたが、東の山側から嫌な雲が近づいてきました。
ぽつぽつときたところで”野麦”に到着。

Img_7716


別の建物の脇を通ってお店の前まで行くと”本日は休業しま・・・”との看板が。えっ!と思って時間を確認しますと、既に営業時間が過ぎていました。
どうしますかねぇとキーちゃんと相談して、とりあえず裏猫さん来てから方針を決めましょうと店の下で相談していたら「焼肉定食だけならいけますよー」との声が!
元々焼肉定食を食べるため来たようなものでしたから「お願いします!」と入店しました。
裏猫さんの行方がわかりませんでしたが、おそらく遅れているだけだろうと3人分とお店には伝えて待ってますと

Img_7719


Img_7717


焼肉定食キター!
おお・・・美味しそうだ。つきみねこさんや富士へダウンヒルに何度か来ているちゃーさん、芝村さん等知り合いがこぞってお薦めしてくれた野麦の焼肉定食はとっても美味です!
走行しているうちに裏猫さんも到着して、ひどい風だねーとか話しつつしばし食事と休憩を楽しみました。
そろそろ行きますかと店を出て次の目的地サントリー白州蒸溜所へ。雨は気にならない程度になってまして、きーちゃんがぐいぐいと前を牽いてくれます。

Img_7720


30分程で到着。
見学コースの予約等はしてないので売店を見に行きましょうということにしていたので、ここでまた先行していた裏猫さんがいろいろと手配を。ほんとにお世話になってばかりです。


Img_7722


Img_7724


少し歩いて売店にていろいろ見たりしました。せっかくなので燻製のおつまみをお土産に購入してサドルバッグに詰め込みます。
入口まで戻りますと、ちょっと雨が強くなってる・・・とうとう捕まっちゃったか。これは輪行で甲府まで行くほうが良いかなぁ。
とりあえず降ってすぐのところにあります和菓子屋までは行きましょうと出発します。

Img_7726


金精軒!
この辺りに来たら寄らねばと思っていたお店で信玄餅が有名なお店です。特に水信玄餅が発売される時期になりますと朝から行列がすごいですね。
ちょっとしたお土産と、この時期の和菓子である桜餅を。


Img_7727


3人で表のところでいただきます。
うん。美味しい。水信玄餅はその時期にここに来ないと食べれないのでなかなか厳しいですが来てみたいなぁ。
しばし談笑しつつ、この後どうするかを相談しました。待てば待つほど雨が強くなってきそうでもあったので輪行で甲府に行くことにはすぐ決まったのですが、最寄りの3.5km先(直線距離)の長坂駅か、7km先の日野春駅どちらから輪行するかというのがなんとも悩みどころでして。
どちらにしろ登らないといけないのですが、長坂駅までのルートがとっても、とっても登りそうなつづら折りになってるのですw日野春駅への登りはコース作る時に少し確認してたので登る距離もさほどないのはわかってたのですが雨に塗られる距離が増すのがなんともということもありまして長坂駅から輪行することに決まりました。
裏猫さんとは甲府で!とお別れして出発です。

緩い登ってるの住宅地を抜けたらすぐに降りになりまして、あれ?これって思ったより全然楽に行けそう?と思った途端降った先からぐっと登ってる道が見えてきました。
一度降らせてから登らせる罠だ!と気づいたときにはもう先に進むしか無くなって覚悟を決めてペダルにトルクを掛けていきます。


Img_7728

ひぃ・・・ひぃいいい。キツイよお。
長坂駅に電車が到着するのが大体16:30くらい。輪行準備の時間を考えると精々15分程度しか残ってない。その次は1時間程後になる・・・って、いやいやいやこれ厳しいよ!
心の中で表に出せない文句を吐きつつ花水坂を登って・・・よし斜度緩くなって頂上見えた!と先に行ってたきーちゃんにも追いついて見えたのが、再度降ってから駅まで登らせる道なのでした。
この時点でポッキリと心は折れていたのですが、でも電車を1時間くらい待つのはちょっと耐え難い。が、がんばるぞと再度脚に力を入れます。
そこの登りはすぐに終わったので今度こそ残りは降りだけ!と思ったらまた登り・・・しかも斜度も長さもあるし。
制限時間はもうギリギリで焦る気持ちを抑えつつ漸く頭頂・・・え?こっちからは行けそうにない?どうやら更に延長線のようですw
雨に降られている不快感もあってやる気が一気に削られますが、行かないことには甲府にたどり着けない。力の入らない脚をもう一度叱咤して漸く長坂駅に到着しました。

頑張れば乗れるかもしれないという淡い期待を抱いて輪行準備をしますが・・・まぁ間に合いませんw
きーちゃんは手早く輪行準備を済ませてたので、申し訳ないと思いつつ腰の痛みに耐えて紐とかをかけていますと「なんか12分ほど遅れているらしいよ」と。
どうやら強風とかで列車が遅れてる模様です。それならなんとか間に合うかも!と急ぎますが、焦れば焦る程何かしらが邪魔をしてうまくいかない。やっとのことで準備して改札を抜けるとまだ列車は来てなくて、ここでホッと一息つけました。
帰宅時間が重なった学生さんとかに囲まれつつ乗り込みまして甲府まで。いやー楽ちん楽ちん。

駅からすぐのホテルにチェックインして、まずは風呂と洗濯!とばかりにバタバタと行動します。
大浴場でゆっくりと風呂に浸かり洗濯乾燥も済んでから、今日の打ち上げに。

Img_7729


Img_7730


以前から来たかったHops & Herbsへ!
今回のライドでもルートチェックやスポット紹介とかでお世話になった、つきみねこさんがよく通われているお店でして、OUTSIDERさんのビールがいただけるのです!
勿論、この日も以前からお誘いして来ていただいてました。そして途中からいろいろお世話になった裏猫さんもすでにお店に入って一緒に飲まれている模様。
入店して「はじめましてー」とwご挨拶(ネットでよくある顔を認識してない仲の良い知り合いというw)
遅れたお詫びに山吹色のお菓子を渡して早速宴の始まりだー!


Img_7731


ドランクマンクトリペルで乾杯!


Img_7732

サラダ巻き

Img_7734

ベーコン


Img_7735

2杯目。ゆずIPA。


Img_7736

フィッシュ・アンド・チップス


Img_7739

1杯目の度数が高かったのか酔いが回ったので桃の桃100%


Img_7740

マルゲリータ


Img_7741

クリーム味噌ほうとう

美味しいお酒に美味しい料理。そして気の置けない自転車仲間との会話。とっても楽しい時間でした。
〆にラーメン屋にも寄りまして、そこで・・・わ、私まで猫化!w
ホテルに帰ったときにはもう眠くて眠くて。

Img_7743


Img_7744


それでもネタにした山吹色のお菓子(大きいよ!)だけは食べて就寝いたしましたw


1日目の走行ルート


この日の参加者のツイートはここにまとめられてますので併せて読まれると更に楽しいかと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

双龍さんへ行こう! 前夜祭

今日は双龍さんへ行こう!の前夜祭!
仕事を定時上がりして、少し寄り道をしてからお店へ向かいます。一番乗りー!(ブーン、ブーン)
続々と他の参加者も到着しまして、まだお酒も入ってないのに今回のイベントで作成しているグッズのTシャツやとかを受け取ってはしゃいでいる40越えたおっさん達・・・男は何歳になっても童心を忘れないのさ。


Img_7669


そして前夜祭のはじまりー!

Img_7672

ビールっ!


Img_7671

今日は味醂を飲む会でもありますwこの甘強味醂美味しいんですよ!


Img_7673

grupettoさんで出るのは珍しい牛肉!


Img_7674

Img_7675

パスタは太らないからねっ!w


Img_7676

途中Tシャツ以外のサコッシュとバンダナも受け取りまして、またパシャリと一枚。サコッシュは今回のライドで使用するしTシャツは帰ってからホテルに向けて他の荷物と一生に発送するのです。
美味しいものを食べつつ、次の日からのライド予定とか、双龍さんでどんな料理が出てくるんだろうとか話しているとあっという間に時間が過ぎていきます。

今回一緒に走ります、きーちゃん(@tatsumakita)とも最終打ち合わせ。コースレイアウトをアップした際に、このルート良いねぇと一緒に行くことになったのです。
その辺りの打ち合わせでも何度呑んでたりしましたねw

そして準備がまだ終わってないというきーちゃんが早めに店を辞して、私ももう少ししてから帰宅へ・・・さぁ準備しようか!
あ、いやね。うん。まぁ仕事とかが忙しいのもあったりでなかなか時間取れなくてですね・・・コンビニへ荷物送りに行ったり、明日のジャージやグローブの準備をして、やっとコースやウェイポイントをナビに入れ終わったのら1時過ぎてました。
4時起きなのにー!・・・起きれるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

双龍さんへ行こう!計画準備

ライド記事というかブログアップするのも久々ですがっ!
双龍さんへ行こう!というgrupettoさん主催のイベントで4月6日~4月8日にかけて走ってきました。

そもそも、双龍さんとは?grupettoさんとは?という人もいらっしゃるでしょう。
大阪は京橋にあるスポーツバーがgrupettoさんでして、以前からブルベ等の自転車関係でやり取りをしつつ、美味しくて量が多くてリーズナブルな料理やお酒を出してくれるお店として通っています。
双龍さんは神奈川の相武台前にあります中華料理屋でして、こちらも美味しくて量が多くてリーズナブルというお店で、場所柄(ヤビツ峠近く)もあってか自転車乗りの方もよく通われているのです。
特に双龍さんは自転車漫画のキャラの生家としてとか、大将自身が自転車漫画にも描かれていたりで、そっち方面で興味があって関東に行った際に何度かお店にお伺いしました。
いつの間にか私も含めgrupettoさんに通う自転車乗り兼ヲタクな人がわりと多くなりましてwそうなると双龍さんにも何人か行っててツイッター等で呟くわけでして・・・某戦車アニメでの戦車型飯作成みたいなのも含めて、狭い界隈ではありますが東では双龍さん、西ではgrupettoさんと知られたお店になっております。
そんな中でgrupettoさんが以前関東行かれてイベントで双龍さんと交流を持たれたこともあったりしまして、紆余曲折を経てgrupettoさんから双龍さんまで行くライドの企画なんて面白いねというお話が出たのです!

grupettoさんにて、単純に輪行や自走で走って行くだけではなく面白いイベントとして成立させたいねと何度か飲み会という名のミーティング等もしまして、イベントグッズの作成とか道中のツイートをタグつけてまとめようとか、いろいろと案も出て4月の第2週目である4/6~4/8に開催ということで決まりました。
企画立案とかはgrupettoの店主であるカワサキさんにほぼお任せして上のような流れとなったのですが、一番肝心な双龍さんまでどういう日程でどのコースを行くかというのは参加者それぞれに任されています。
全自走でも輪行して行っても良くて、その辺りは自由なのですが、4/8の14:00~18:00に双龍さんで打ち上げというのは決まっています。
ネタ的には全自走で箱根の峠を越えて行くのが美味しいなぁと、まず4/5に予定されているgrupettoさんでの前夜祭が終わった直後の4/6 0時grupettoさんスタートで考えてみました。





サイクリングのコースを考える時、私は登るのが遅いし大嫌いなのでできるだけ平地を走ろうとするのですが、流石に双龍さんまでほとんど登りなしで自走なんて出来はしません。
名古屋付近は自転車では走りたくないということもあって、まずは大阪から伊勢を目指してルートを引きます。
大阪からだと奈良に抜ける時に少しと、奈良の山を抜けて伊勢方面に出る時に大きな山を超すことになります。時間制限のこともあって登りが嫌いだとか言ってられないので山越えでざっくり引っ張りましておおよそ11時間156kmで伊勢神宮内宮に到着。参拝後、おかげ横丁で何か補給をして鳥羽まで走り、フェリーで伊良湖まで渡り海岸線を走行して行けるところまで行って1日目終了となるのですが・・・あれ?これってかなりキツくないか。
4/8の14時に双龍さんに着こうとするなら、箱根の登りも考えると朝早くから走っても私の脚なら90kmが精々。となると沼津・三島辺りに宿を取る必要があって、2日目の走行距離を最大150kmとして考えると・・・1日目に浜松まで出てないとだめじゃん。
前に伊勢神宮初詣ライドした際に1泊して浜松まで走ってから帰ったことはありましたので、伊良湖からは平地というのはわかってるのですが、初日で230km 2500m以上となるとちょっとなぁと。もちろんブルベでそれくらいを走ったことは何度もあるのですが、ネタになるとはいえサイクリングでそんなストイックなことはしたくはない。1日目豊橋止まりにして静岡の内陸側を抜けていくルートも考えましたが、それだと道中何も面白いものがない。
頭を捻ってもなかなかいい案が出てこないけど開催の日取りは近づいてきました。途中で泊まる宿のことも考えると早めに決めないといけないなぁと考えつつ、その日もgrupettoさんで双龍さんへ行こう!のミーティングという名の飲み会に行ってたのですが、参加者をもう少し集めるために何かいい案がないかなぁというお話で、今の参加者が予定しているコースをアップしてもらうのはどうだろうという意見が出ました。それに付随してコース上の立ち寄りスポットとかの紹介もあれば、参加しようと悩んでいる人の背中を押すことになるんじゃないかということで、何人かがコースをアップしたりおおよその予定をつぶやいたりして・・・むむっ、これは意外と全自走とか東海道から箱根越えの人がいるということに気づきました。
いやいや、それだと面白くない。ここでもう東海道、箱根越えルートは私の中では消えました。
いっその事、ある人が言ってた茨城空港まで飛んで東側からいっちゃう?いや、それは埼玉や東京をつっきるの面倒・・・なら千葉の金谷から!ってそれも距離がかなりあるよ!という感じで余計に考えがまとまりませんでした。

ちょっと話は飛びますが、アニメで登場した場所とかを巡る事を聖地巡礼と言いまして、勿論自転車でそういうことをしている人も結構居ます。各有私もその手の人間ですので、あちこち行ったりはしていました。
2018年の冬アニメで”ゆるキャン△”というのが始まりまして、コレがなかなかに面白い。女子高生がゆるい(w)キャンプをしているだけといえばそうなのですが、某自転車アニメや漫画と同じくオジサンの趣味を少女達がゆるくやってるというのが何かしら琴線に触れるのでしょうかねぇ。と、まぁそのアニメの聖地というのが富士山の付近にいろいろとありまして、あれ?これ、双龍さんへ行こう!とゆるキャン△聖地巡礼兼ねたら結構良い感じになるんじゃないかなと思い至りました。



新幹線で新富士まで行き139号線を走って本栖湖-河口湖か山中湖、そこから道志みちで双龍さんまで・・・ふむ、これだと十分2日で行ける。身延沿線から回り込むなら一旦甲府行ってから、ほったらかし温泉とかもいいな、と考えた所で、ぼっち!高ボッチ高原!とピーンと閃きまして、諏訪-甲府-山中湖ー双龍さんというコースを考えつきました。以前AACR(アルプスあづみのセンチュリーライド)に参加した際、前々日に塩尻から高ボッチ高原まで登ったことがありまして、電車での乗り継ぎとか到着時間とかも大体把握できてたので割と安直に考えてたのですが、塩尻から甲府まで行く時間+高ボッチ高原ヒルクライムとなるとちょっと時間が足りない。
高ボッチ高原と諏訪湖周りで遊んでから輪行で甲府というのもサイクリングとしてはちょっとなんだかなぁということもありまして、閃いた高ボッチ高原をいきなり破棄w塩尻から甲府までをグルメ観光ライドで練り直しました。




一旦上記のコースで計画してから、地元だった友人や、つきみねこさん(@tukimineco)に道路状況とか観光スポット・グルメスポットもお聞きしてブラッシュアップしつつ開催の日が近づいてきたのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

BRM128 枚方300km 渦潮

今期2本目はオダックス近畿の枚方300kmに参加です。

今回の枚方300kmは【渦潮】と【白崎】の2コースが用意されていまして、スタート受付時にどちらに参加するかを伝える(5:00スタートの人は)ということでした。
なんといっても【渦潮】は淡路島へ渡って返ってくるために使うジェノバラインの待ち時間をどう調整するかというのが問題で、下手をすると1時間以上のロスとなる可能性もあります。
そして行き帰りに通過する有馬街道で蓬莱峡という登りが待っていまして、これがまたきつい。標高は400m弱ですが斜度と繰り返されるアップダウンがどうにも不安です。

前日早く就寝し2時30分起床。自転車の用意等は全て済ませてあるので着替えて出発です。
天気予報とかからあまり寒くならないとは思っていたのですが、わりと暖かくてちょっと昼間の暑さが問題かなぁと考えつつ、車の少ない道を走っていきます。
しかし寒いのに週末の深夜は色んな人というか、ややこしい酔っぱらいやDQNが非常に多いですねぇ。関わり合いにならないように慎重に行動します。

スタート位置にほど近いセブンイレブンで朝御飯とドリンクを補給してトイレも済ませます。
ツイートを確認してみると、去年のFlecheチームのメンバーが揃うブルベだったのですがdaiconさんが負傷に寄るDNSとのこと。なんとも残念なことになりました。
コンビニを出発し橋を渡ってスタート位置に到着。人が集まってるところに行き挨拶をしていますと、遠征という方が・・・ひであさんでした。
少し前にツイートで参加されることを聞いてまして、ブルベ途中に帰省もしますと仰られていまして、BAJとかほんとにすごい距離も走られているベテランの方で、いやぁ・・・流石ですねw
そしてDARUMAさんともご挨拶。リーダーがぁ等と話しつつ、受付をされるであろう橋の袂まで皆で移動します。

Img_5653

すでに今野さんが来られていて車検と同時にや受付をしますとのことですので、【渦潮】に参加することを伝えて受付及び車検完了。
今回の【渦潮】参加には輪行バッグを持ってきてることが条件でしたが、いつも常備はしてるので問題なしです!・・・ただ、リラックマ輪行バッグを凝視されましたけどねw

受付も完了したので暫くDARUMAさんと喋っていると、ななしきさんとマムートンさんが到着。ここ数日で周りの皆がバーミッツ教に染まったのでなんかバーミッツ率が高い気がしますw
私は手の寒さは感じにくいというかすぐに暖かくなるので、あまり仰々しいグローブを着けなくても良いのですが、足先がどうにも・・・シューズカバーもカイロも効果があまり感じられないのです。
足先のバーミッツのような最適解があれば良いんですけどねぇ。

お二人も受付を済まされて少しするとブリーフィング開始。【渦潮】参加の人たちに向けて何度も今野さんの確認が飛びます「いいんですね?選んだのはあなた達ですよ?今からでも変更はできますが・・・いいんですね?」とw
だめであれば明石で美味しい魚食べて帰るつもりでしたので、当然私もそのまま参加で続行です。

さぁ焦らずマネージメントを上手くして、ゆるりと行きますかね。
スタートしたのがほぼ先頭だったので河川敷から上がったところで他のメンバーを待っていると、ななしきさんとDARUMAさんが来ました。「あれ?マムートンさんは?」「すでにすっ飛んでいきましたよ!」・・・なんと、さすがクレイジーマムートン氏。これでもうあの人とは今日は会わないかなw
暫くは街中を走ることになるので信号で止まったりする事が多くてなかなか速度も上げられないですが、生瀬からの蓬莱峡の登りに入ると更に遅くなるのでここで時間を少しでも稼いでおくしか無いです。
ストップ・アンド・ゴーを繰り返して枚方から箕面・川西方面へ向かっていると、途中でサイリウムを振っている人が!誰かの応援かなぁ「お疲れ様でーす」と返事をしてそのまま進みました・・・これがdaiconさんだったとわかったのは少し後の事。真っ暗で顔まで認識できなかったぁ。リーダー申し訳ない。
そして、この辺りで一緒に走っていた人が少し前からツイッターでやり取りをしてました流木柳さんと判明。走りつつ挨拶をするというなんとも奇妙なことにw

宝塚を抜けて生瀬(なまぜ)に至り、登りの始まりです。ここで私は予定通りwに、後ろへ後ろへと。あっという間に一人旅になりました。まぁこんなに遅く登る人なんてねぇ・・・渦潮に出るような強者には居ないということなんでしょう。
街中がわりとスムーズに抜けられたので焦らずに登りますが、車通りが多いため内側の急な勾配を登らないといけない場合が多くて、とても足に負担がかかります。ストレスフルなところをなんとか登ってようやく頂上らしき舩坂山王へ。ここで降りだーということはなく、しばらく細かいアップダウンが続きます。
有馬温泉へ到着したところでようやく降りですが・・・ここもすぐに終了してまた登り返しが。あまり脚を休めることも出来ず右膝にも違和感が出てきました。登ったところで長い降りとなります。
途中にPC1があるので見逃さないように気をつけつつ重力に任せて降りていきましたが、ここを帰りは登るんだよなぁ嫌だなぁという思いしか浮かんでこず、まだ序盤ですがとてもやる気が無い状態にw

Img_5654

PC1に到着。おにぎりとフィナンシェを買ってすぐさま出発。休憩やもろもろの作業なんかはジェノバライン内でやればいいやと先を急ぎます。
できれば9:30のジェノバラインに間に合えば良いんだけどちょっと厳しいかなぁと思い、少し頑張ることにしました。
踏め、いいから踏め、とにかく踏め。そんなふうに頭のなかで唱えつつ、最後の登り返しをクリアして降っていったところで、ようやく明石へ近づいてきました。
時間としては9:20くらいでなんとか到着。他に沢山自転車が積まれてるとまずいなぁと思いましたが、乗り場前に着くと待っている人は居らず、すぐに切符を買って乗船できました。

Img_5655

補給食やらブルベカード・レシートなんかを船内へ持ち込み、色々と作業をしつつ休憩。じんわりと太ももの前側が重くなっていて、後の行程が少し不安になりました。

Img_5657

すぐに岩屋港に到着しブルベ参加者は皆早くに船を降りて出発していきます。
もちろん私も手早く出発。暑くなってきてたので、ウィンドブレーカーやネックウォーマーも外して、グローブも薄手に船内で切り替えてます。
淡路島は何度も走ったことがある為、コースもだいたいわかってるので気楽に走っていけましたが、PC1での補給を疎かにしてたツケがこの平坦区間で如実にでてきました。
追い風ですし傍目には問題ないように見えていたでしょうが、どうにもパワーが出なくて胃がきゅーっとなる感じもしてきました。
おまけに、あの道を右側の登り+トンネルを通らされるし・・・PC2までがとても遠く感じました。

Img_5658

PC2では大盛りパスタとドリンク2本補給し、外に出してあるテーブルでいただきました。
大盛りパスタはともかく、ここでドリンク2本を一気飲みすることになるとは思わずwまたコンビニでボトル用の飲み物を買うことになりました。
時間は11:30分。余裕は70分程ありますので少しだけ休憩も兼ねてゆっくりしました。
到着したときには数人居たブルベ参加者も入れ替わったりして少なくなり、私もそろそろと出発します。

まずは水仙峡(10% 1km)の登りを攻略。
きついのはきついんですが、ここはあまり登れないーとかそういうのはないんですよねぇ。終わりがだいたい見えるのでモチベーションも下がらないですし。
水仙峡への入り口&謎のパラダイスのところで写真を撮ろうかと思いましたが、水仙が咲いてるこの時期は見に来る人も多くて入り口のところで係員もいるので、少し先のところでパシャリと。

Img_5659

だーっと降ってストレスの少ない海岸線を風に乗って走っていきます。
天気も良くて海がキラキラと光って・・・この辺りが一番走ってて楽しいですね。
道が少し悪くなったところを抜けて暫く行き、少しアップダウンをこなしたところで、次の福良の登り(平均8%)が始まります。
淡路島の登りの中で一番ここが苦手でして、平均8%となっていますが、斜度がきついところと緩い所がはっきりと別れているので、詐欺のような表示なんですよ。
今回も途中のきつくなったところで足をついたので、もうそのまま押して登りました。
登ってから少し内陸側に入りましてしばらく降りと平地ですが、この後にあの福良の2つめの登りが待っています。
また、登り手前で北向きに方向を変えるのですが、そこで向かい風がじわりと・・・あ、西側走るときまずいかも。
2つ目の登り(平均9%)を登ってようやく福良港へ。

いつもならここで、ジェラート食べたりして休憩する(自転車乗りのマスターが居るカフェにも行きたい!)のですが、時間もないのでもちろんスルー。
道の駅うずしおで淡路牛バーガーを食べる目的もありますしね!手早く町中を抜けて、また登り区間に突入します。
まぁここは登りっぱなしというわけではなくアップダウンが続くので、まだ休める分比較的楽に登りきりました。

Img_5660

PC3到着!
14:30分に到着し大体90分の余裕がありましたので、予定通り淡路牛バーガーを頂きます。

Img_5662

あわじ島オニオンビーフバーガー!
牛肉と玉ねぎの甘さがたまりません!
セットにしてポテトとコーラもつけましたがあっというまに食べてトイレも済ませて出発です。
出る間際に18:40のジェノバライン乗れますかねぇと、サイクルラックのところに居られたスタッフの方に聞いたのですが「うーん、脚力次第ですかねぇ」と渋いお答え。
あれを逃すと次が19:20なので完走自体が危うくなります。
頑張りたくないけど頑張るしか無いという、余裕がないブルベはとても嫌なのですが、それでも走って帰るしか無いのですw

一旦降ってきた道を登り返して淡路島西側の海岸線を走っていきます。
先程危惧したとおり、この時期特有の北風が向かい風となって吹いてきますが、思ったよりも勢いはなくて、これなら大丈夫と脚を緩めても良いんじゃないかという思いと、いやいや油断しちゃいけないという思いがせめぎ合います。
海岸線に出てすぐに少し右に曲がるところがあるのですが、ここは・・・あのだめなとこだ!一度逆回りのアワイチで通ったところなのですが、コンクリート舗装の丸い模様の道路といえばもう皆様わかっていただけるのではないかと。
その中でも結構酷い斜度でして、私はもう登る手前で降りて押して歩きました。その横を登っていくブルベ参加者の人が数人・・・ここは無理しない方がいいと思うんだけどなぁ。
少し登ると左に曲がり斜度も緩くなるので、そこからは乗って走っていきます。
西側の道は基本平坦ですが、ところどころ上り坂があるため疲れてきた脚にはとても辛い。登った後の下りでは漕がずに脚を休めますが、向かい風が吹くとどうしても速度が維持できないのでなかなかに休めません。
淡路島サンセットラインを、文字通り夕焼けが綺麗な時に走ってるのに疲れ切ったおっさんが自転車を走らせる姿はとても美しくないw
それでも陽が落ちて寒くなり始めたのと、うずしおでの補給がバッチリと効いて平均速度がそれ程落ちずに走っていけました。北淡まで帰ってきた時点で計算上は18:40には十分間に合う・・・いや18:00もいけるかも!とペダルを回す脚も軽くなります。

明石海峡大橋が遠目に見えたときにはもうヒャッハーと、思いっきり踏み込んで岩屋を目指しました。
そして17:54分にジェノバライン乗り場に到着。先に着いて18:00の便を大分待たれていたという流木柳さんとも再会し乗船となりました。
船中では補給やらライト・ナビの電池交換や着替えなどであまり休めなかったですが、とりあえずここからは時間の余裕も十分にるので完走自体は問題なく行けるだろうということで、気持ち的にはだいぶ楽になりました。

明石港に到着しここからは流木柳さんと一緒にゴールを目指します。
街中を抜けるまで信号やら車やらで結構ひっかかり、速度がなかなか上がりませんでしたが、郊外まで抜けるとなんとか普通に走っていける状態になりました。
流木柳さんがちょっと補給をするということでしたので登りが遅い私は先行したのですが、PC4(PC1)までのアップダウンからの1つ目の登りが終わるくらいまで1人旅となりまして、ちょっと寂しかったですw暗い夜道の登りはねぇ・・・ほんとに。

Img_5663

再度合流してから暫く登ってPC4(PC1)到着。
登りは後数kmで終わり、残りは降りと街中の道となり時間の余裕も90分はある状態。ガハハ勝ったな!
おにぎりと肉まんをパクついてドリンクの補給も済ませて、さぁ後はゆるゆると時間内ゴールすればいいだけさー
軽くゆっくりと登っていきますが、行きにうへーと思っていた斜度が今度は登りで襲い掛かってくるため往路からずっと痛かった右膝もそろそろ限界かもという状態に。
途中、警察がいやに多いなぁ思ったのですが、どうやら事故があった模様。怖いねぇ。もらい事故にならないように注意したいです。
ロキソニン投入すべきかなぁとは思いましたが、まぁもう少し様子を見ようと淡々と走っていってたらようやく登りが終わりました。
さぁ、ここからの降りは寒いのでネックウォーマーを鼻の上まで上げて防寒対策をバッチリにして降りていきます。
ライトも全て全開状態。つづら折りになってるところは少ないですが、それでもカーブでは十分注意して降りていきました。

宝塚からはまた街中の道を走っていくわけですが、時間帯がまだ早いためか人が結構活動していますし、信号で止められる事も多くてとてもストレスフル。
それでもゴール近づいてるのは確実にわかります。焦らず安全に。これだけを守っていけばいいのです!

茨木から枚方大橋を渡って、さぁ、ゴール!・・・手前でゴールのガストの位置を確認。
信号を渡ってお店の下に自転車を停めました。

Img_5664

19時間ちょうどでゴールです!
いやぁ・・・疲れた。時間的にはいつもどおりではありますが、アワイチをして帰ってくるまで、気持ちに余裕ができなかったのが辛かったです

Img_5665

ゴールには【白崎】に参加をしていた朱麻さんが私を待っていてくれて、まともな食べ物を食べながらw流木柳さんも交えて色々とお話をしました。
で、信号峠に捕まってタイムアウトするかもと心配された、むにん君も無事ゴール。
みんなで酷いブルベだったと言い合って(横に今野さんが居るのにw)解散となりました。
家までの帰りがまた寒いし、家近くの登りが右膝痛くて登れないとかありましたが無事帰宅して就寝。

以前から途中にフェリーとかをはさむブルベは面白そうだなぁとは思っていたのですが、実際にやってみると大変でした。
走る以外の時間に追われるブルベは気持ちの余裕ができなくて体に負担がかかります。ただまぁ、白崎とどっちを選ぶ?と言われるとまた渦潮を選ぶとは思いますがw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

BRM101 三浦200km

コミケ3日間お疲れ様でした!
3日目は・・・ちょっとばかし東7と東456の間の通行やらなんやらで大変でした。任務の達成もできませんでしたし・・・

まぁそんなこんなで撤収をして、偽748Rさんの車で帰り道の立川まで送っていただきまして、ジョナサンにてしばし休憩を。
ええ。シネマ2側のあのジョナサンですw映画を見る余裕くらいはありましたが、さすがにこの後のことを考えると少し仮眠を取っておかないと辛いので、ゆったりとした席で過ごさせていただきました。

21時にお店を出てスタート位置へ向けて出発。とりあえず電車で武蔵溝ノ口まで輪行します。
流石に大晦日のこの時間なので仕事帰りな人はあまり見かけませんが、2年参りに行くような若い人は結構いました。邪魔にならないように端の席で30分程うとうとしていると到着。


Img_5488

ライトアップ輪行解除!
ここから二子玉川の兵庫島公園まではおよそ2.5km。コンビニ少し寄って23時到着の予定です。
大通りは避けて行きますが、大晦日だからのか人通りがそこそこありまして。酔っ払いに絡まれないように注意して走っていきますw
橋を渡って左に曲がったところにありますセブンイレブンで補給物資を調達。同じような目的の諸兄達が数人いまして、挨拶をして先にスタート位置へ向かいます。
高架下を抜けて公園へ。中洲の先に赤いテールライトが数個見えたのでそちらへ向かいます。


Img_5489

スタート位置到着。
思ったより寒くはないですが、止まると少し冷たくなる気温の中、ぞくぞくと参加者が集まってきます。


Img_5491

そしてしばらくしてスタッフの方々が来られて受付開始。
控えていたエントリーNoが1つずれて申告してしまったミスが有りましが、無事にエンt「ねれいどさん?大阪から変態きたー!」
ち、ちがうよ、ちがうよ。変態だけと紳士だよ!w とまぁ、色々とお知り合いの方々から激励を受けまして、受付完了。WAVE0スタートです。
実際、こんな元旦の0:00出発にわざわざ大阪から遠路はるばる来る奴は・・・結構いましたねw夏の大洗ブルベでもご一緒しました小径車で走られているあのお方とか。
特徴のある自転車なのですぐわかりました。受付を終えられてから少しお話もしまして、今年の夏の大洗400kmも参加されるとのことでして、いやぁ・・・すごいなぁw

さて、ちょいと受付の時間が長引く中、トイレとかコースの確認、防寒の準備を済ませておきます。
足先の冷えだけは私もちょっと我慢が効かないのですが、今回シューズカバーは荷物になるので持ってきてなかったのが失敗しました。せめてもの対策として足先の甲側にカイロを入れますが、この気温だとあまり役に立たないんですよねぇ。

ブリーフィングが始まり・・・ほうほう。じゃあ序盤の色々とややこしい所は、あの人についていけばいいのね。狭かったり歩道走行したりする橋を渡りきるまでは企画立案者?の方を先頭にパレードラン気分でということでした。
チェックを受けてカウントダウンをしてスタートです!

先頭から大体8番目くらいで出発し、公園から路地を抜けて橋へ向かう為に信号を右へ・・・って、あれ?先頭の人がそのまま真っすぐ進んじゃいましたよ!
私の前の人数人がすぐに気づいて引き返してきましたが、先頭の人はそのまま進んで行かれたようで、仕方なしにあの人抜きで走っていくことになりましたw
橋の歩道へは自転車止めがあるのでそこは降りて通過し橋を渡っていきます。

橋を渡りきった所は自転車通行不可なので、自転車を降りて押していきます。
道路と合流したところで再び乗って行きまして、さぁ本格的な走行の始まりです!
PC1まではおおよそ57km。ルートラボ上の高低図から標高差はあまりないが細かいアップダウンがあることはわかっていたのですが、街中での信号峠とも合わせてなかなかにスピードが乗りません。
いつものごとく登りで速度ががくんと落ちるので、トレインになってる後ろの方にはどんどん先に行っていただいているのですが、それでも序盤の人が多い部分ではあるので間に挟まれてなかなか自分のペースというものが維持できず心拍はずっと160以上となっていました。
そして大晦日であるので結構人が出歩いていまして、除夜の鐘の音を楽しみつつ走ってると時々「頑張ってー」とか声をかけられます。
いやぁなんかありがたいねぇと思っていたのですが、トレインの最後で登りをゆっくりと登っていた時に「あ、あの人遅れてる!頑張って!」とお子様の声が聞こえましてね・・・ち、違うんだよ、おいちゃんはね、車間距離を開けて安全走行をね、ねと言い訳できるわけもなく、引きつった笑いをその子に向けていらない頑張りを見せて登っていきましたよ、ええ。
そんなこんなで細かいトレインに別れつつ適度にバラけて走っていきますが、30km地点くらいまではぎりぎり15km/hペースという予想外に遅いペース。あー・・・もうちょい頑張らないといけないかなぁと思いつつもPC1まではぎりぎりでも問題ない計算でしたので自分のペースをできるだけ守って焦らず安全走行を心がけます。
35km辺りからようやくアップダウンや信号に悩まされず順調に走っていけて、その頃にはいつもの1人旅状態で気楽に楽しめるようになっていました。
50km地点の登りはマイペースでクリアして一気に降り!そのままPC1へ到着です。

Img_5494

近くに住んでる友人に3時くらいに到着かなというツイートはしていて、ほぼ3時ぴったりに到着したのですが残念ながら友人は寝てしまったようで、手早く補給を済ませて再スタートです。
PC1の西湘二宮から江ノ島までは高速巡航ができるところというのは、以前走っていた鎌倉ブルベ等でわかっていたので、ここで30分以上余裕ができていれば完走はできたも同然でした。
少し心配していた風も問題なく、いつもどおりの高速走行で大磯・平塚・茅ヶ崎・辻堂を通って江ノ島へ。江ノ島に近づくにつれ、初詣や初日の出を見るためか結構な人がいるようになりまして、中にはとてもDQNな奴らが・・・ほんと、関わり合いになりたくないですねぇ、ああいうのとは。
江ノ島をすぎると少しアップダウンがあるようになりまして、個人的にかなり苦手感がある逗子手前の登り&トンネルの箇所は、やはり嫌だなぁと思いつつ攻略していていきます。
ファミマがある渚橋の交差点からは数日前に走ったコースとほぼ同じなのですが、寄りたいお店はもちろん閉まってます。パンとかプリンとかが補給できたら良かったんですけどねぇ。もちろんあの1ポンドバーガーのお店ライトハウスさんも開いてるわけがないw
その分車とかは少なかったので順調に走れまして、あの三崎口駅前の登りを攻略してPC2に到着した時には90分の余裕はできていました。


Img_5495

時間的にも一番寒い時で温かいお茶とパスタでとりあえず暖を取ります。コンビニにイートインスペースがあればもうちょっと良かったんですが、無い上に次々とブルベ参加者が到着してゆっくりできるスペースがなくなっていったので早めに出発。
さて港をぐるりと回って・・・あ、ここは!・・・・ひどい斜度がががが。前に友人と走った時にもとっっっっても苦労した短いですがひどい斜度の坂を登っていきます。
今まで楽チンペースだったのにひぃひぃと脚を使い、また心拍がぐっと上がって息も絶え絶えになって登頂。そこからは少し惰性でゆるゆると走るしかありませんでした。


Img_5500

段々と明るくなって日の出が間近になってきそうなところでパチリと一枚。宮川公園の風車が見える位置でなかなかの写真が撮れました。
この調子ならあの"亜美ちゃん坂"のとこで日の出が見れるかなぁと期待をしつつペダルを回していきます。
亜美ちゃん坂手前の見晴らしのいいガソリンスタンド辺りには、すでに初日の出を見に車を止めておられる方もいたので、そこはスルーします。


Img_5503


亜美ちゃん坂!
ここからは全く日の出は見れませんが、まぁせっかくなのでw
坂を降りた所辺りから海岸線の道路の両脇にはズラッと車が路駐されていて、これがずっと先まで続いていました。
海側を見ると少し雲が出ていて日の出が綺麗に見えるまではもう少しかかりそうなので先を急ぎまして、結果これが正解でした。


Img_5506


結構先まで行ったところで私も隙間を見つけて日の出をパシャリ。
まぁなんとかいいえが撮れたかなと思って再出発をしましたが、ここからがどうにも・・・日の出を見終わった人が帰宅し始めまして、道路を傍若無人に渡る人と路駐から車が出たり転回したりでかなりの渋滞となりました。
走る車の渋滞だけとか路駐の車を避けるだけなら自転車は進めるのですが、それが両方となると避けようがないですし、歩道はもちろん人が歩いています。もうゆっくりと進むしかなかったのですが、先に進んでいた分まだマシだったかと思います。
久里浜辺りになると車も捌けてここらにいたであろう初日の出を見に来た人達もすっかりいなくなって快適に走れるようになりました。ろんぐらいだぁす!の聖地の一つ浦賀の駅前を右へと逸れて観音崎の海岸沿いをぐるりと回ったところで、遠くに富士山が見える光景が目に飛び込んできました。

Img_5507

遠目ではありましたが、まぁちょっと1枚写真をパチリと。今回はコミケの間も含めて富士山がこの辺りからでも綺麗に見えてとても得をした気分です。
降って横須賀に差し掛かり、三笠公園に寄っていこうかなとも思いましたが車と信号を避けて行くのが面倒くさくて先へと進みました。で、横須賀まで来たということは、あの登りとトンネルが連続して来る場所となります。
1/1で普段よりは車通りが少ないとはいえ、もう朝を迎えて人が活動する時間となっているので車通りもそれなりにあります。ちょっと嫌だなぁと思いつつだらだらと登って攻略していきました。
ようやくトンネルとアップダウンが出なくなった辺りで八景島の案内が見えてきました。
土地勘のない関西人なのですが、さすがに八景島シーパラダイスの名前くらいは知ってましたので、ふーんここが・・・と思っていますと東京湾岸道路と差し掛かりました。
ここから10kmくらい高速巡航路となりまして、普段はかなりの交通量とのことですが、あまり気にしないでいいくらいに広い車線を走っている車は少なくて、ぐっと速度を上げて走っていけました。
根岸の辺りで走る道が変わりまして信号とかに捕まっちゃいましたが、少し走るとまた走りやすい道となりアップダウンもあまり気にせずに順調に進めました。
しかし先程の東京湾岸道路で飛ばした為、カロリーが足りない状況になりつつあったので目についたファミマに入り豚骨ラーメンを!カロリー・塩分・水分を補給し、少々暑くなってきていたのでグローブの交換と防寒着を外して再出発しました。
残り30kmで時間の余裕は十分。あとは事故やパンクに気をつけて走れば問題ない状況でしたので、もうゆるゆると横浜の街中を楽しみつつ走っていきました。

中央市場入口の所で、ブルベの参加者がコース間違いされたのか違うところから走ってこられて、そこから合流して走っていたのですが少しした所で「ねれさん?」と。
PC2辺りから何度か抜きつ抜かれつしていた人ではあったのですが、ようやくここで以前大洗ブルベでもご一緒したcodaさんとわかりました。
直前に体調を崩されていたので、てっきり参加されていないと思っていたのですが嬉しい出会いでした。そこからはゆったりペースでご一緒に走りまして、鶴見川を渡ってからは車も少ない道となって余計にまったりペースでした。
新丸子から多摩川を渡ったらもうゴールは見えたもの。お昼近くになってきた日差しも暖かくて、初詣客もちらほら見える多摩川沿いを進みゴール!


Img_5510


11時間48分でゴールです!
しばしゴールした人達と話をしてまして、これから大阪まで帰るの憂鬱ですということを言ってますと「ちゃーさんって知ってます?」と。
お話を聞きますと、これがまた。ほっぷさんでした。スタートから抜きつ抜かれつ一緒に走っていた時間もそれなりにありましたし、あのジャージということもわかっていたのに・・・全く気づきませんでした。
ほっぷさんもお忘れになられてましたがw以前白馬木崎湖でもご一緒したことや、ツイッターでも何度はやり取りしてますよーとまた盛り上がりました。
非常に楽しい時間でしたがいつまでもこうしてるわけにもいかなかったのと、ゴールしたからなのかどうにも眠さがぶり返してきました。
皆さんとお別れを告げて、帰阪のために新横浜駅へ向かいます。と、その前にゴール近くの郵便局へ。
今回のブルベではブルベカードは郵送するため、完走時間とかメダルの有無、そして各PCのレシートも同封してスタート時にもらった封筒に入れて投函をします。

暫くブルベのコースを逆に進み、帰ってくるブルベ参加者に挨拶をしつつ綱島街道から新横浜を目指します。二子玉川からだと新横浜まで15km程度でなので、東京駅に向かうよりよっぽど楽に行けるんですよねぇ。
新横浜への到着時間が予測できたくらいで少し止まって新幹線の予約を。1/1なら人は少ないと思ってたのが結構移動する人が多いみたいで、一番後ろの席が空いてるところがなかったのでもうこうなったら完走祝でいいやとグリーン車を利用することにしました。
以前に一度EX-ICのポイントで利用したことはあって、さすがあのお高い金額を徴収するだけの席の豪華さとゆったり感は疲れている体にも良いかなという思いもありました。
新横浜駅について早速輪行準備。疲れのためかなかなかスピーディーにできませんでしたが、なんとか完了しホームへ。
売店でお弁当とお茶を買って到着した新幹線へ乗り込みます。

Img_5513


Img_5514

やはり横浜ではシュウマイ弁当ですよね!
久々に食べましたが、うん、美味しい。
食べ終えた後はすぐに瞼が・・・新大阪までほぼ寝ていました。


今回の元旦ブルベ。スタート直後のお祭り感といいい、夜中でも人が出歩いている状況での走行や、元旦ならではの車の少なさと混雑する場所の見極めとかとても面白かったです。
ただコミケ3日間参加からの遠征ブルベとしてやるもんじゃないですねw荷物の問題や睡眠時間とかねぇ・・・ちょっと大変でした。
同じコースは流石に交通量とかの問題で普通の日にやるとちょっと問題が出るところがあるでしょうけど、江ノ島や鎌倉、三浦半島は走るととても気持ちが良いところでもあるのでまた走りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

BRM101三浦200km 12/28 新横浜~三崎口

2015年の秋に「2016年はブルベを抑えめにー」と言いつつ結局SR獲って、Flecheまで走ったのですが、流石にもういいかなと「2017年は個人サイクリング中心に!」と宣言したら周りから「またまた」「毎年言ってるよね」等ツッコミが・・・
いやいや、今回はほんとにね、ね。と思っていますと・・・私がよく参加しています団体のオダックス近畿のブルベスケジュールがものすごいとかいう話も出てきたり。
そして昨年各団体から2017年のブルベ日程が発表され、少し噂になっていました元旦ブルベがAJたまがわのスケジュールに載りました。
しかも0:00出発というお話ではないですか!これは面白い。どうせ年末はコミケで東京に滞在してますし、コミケ参加からそのままブルベ走って帰るというネタになること請け合いです。
個人サイクリング中心に~とか言ってたことなんて忘れてエントリーを決意しました。
オダックス近畿で色々と面白いコースや、楽しかったコースが復活したりしてもっと参加したいところではあったんですが、色々とスケジュールが合わず、この三浦200kmを獲ると後の予定が楽になるのもあります。

この日のコース

12/28の早朝新幹線にて新横浜へ。仕事納めの日ではありますが平日の通勤時間帯なので駅から職場に向かう方々も多くて、輪行解除中は少し人目が気になりました。おまけに風が強いし寒い!輪行袋畳む時えらい苦労しました。
出発し、まずは大通りを西へ向かいます。登りと車通りが多そうな道をできるだけ避けるようにコースを組んだつもりですが、通勤時間帯ということもあってなかなか車が多い。上大岡辺りになってようやく楽に走れるようになりました。
大船駅からは少し離れた道を走り北鎌倉駅の脇を通って、まずは鶴岡八幡宮へ到着。

Img_5433

1/1のブルベの成功を祈願しにお参りしようかとも思いましたが、ちょっと駐輪場の位置がわからなかったため、そのまま出発しました。
そして、今日の最初の目的地であったアルファベッティカフェへ到着。
LONGRIDERSの編集であるあきばっくさんがよく行かれているカフェで、LONGRIDERSグッズもいくつか置いてありますし、お店の前にはサイクルラックもある自転車乗りには優しいお店です。
サイクルラックにはLONGRIDERSステッカーの貼ったクロスバイクが停めてあり、もしかしたらお知り合いの誰かが・・・と思いましたが、中には主婦の方?が井戸端会議に華を咲かせていらっしゃいました。
奥の席に座り名物とも言えるカフェラテとスコーンを注文しましたが、スコーンがまだ焼きあがってないとのことで代わりにアップルパイを注文しました。
お店の中は・・・もうちょっと自転車関連っぽいものが置いてるかなぁとも思っていたのですが、普通にセンスのいいお店ですねw

Img_5434

Img_5435

カフェラテとアップルパイ。ラテの絵はクマーでしたwアップルパイの林檎がねー甘さとシナモンの具合がもう絶妙で美味しかった。
ラテとアップルパイの味を楽しみつつしばしゆったりと過ごしました。
30分程過ごして出発。逗子の方へ降り海岸線を走っていきます。

Img_5437

Img_5438

この日は逗子の辺りからでも富士山がとても綺麗に見えたので、思わず写真をパチリと。肉眼だともっと富士山が大きく見えてたんですけどね。
葉山御用邸を過ぎて細かいアップダウンもゆったりペースで走っていきます。というか追い風なのでそれでも十分なのでした。
そろそろ次の目的地だなぁと思っていると、左側にマーロウの看板が!うぅ・・・ここのプリンがとても美味しくて有名でして、一度は寄らないと思いつついまだイケてないんですよねぇ。
今回も次のところで食べるブツがブツなので、後ろ髪を引かれつつ通り過ぎたのでした。
辺りはまたクルーザーとかヨットが並ぶセレブリティ溢れるところになっていきまして・・・見えた!
今回の2つめの目的地、ライトハウスに到着です。

近くに自転車を停めて入店。うわーメニューがいっぱいだなぁw
でも、ラーメンとかばっかりで目的のものが・・・あ、あった!
お客さんは誰も居らず、店主の方に案内されて雰囲気たっぷりの薪ストーブの傍の席に着席。
頼むメニューはもちろん1ポンドバーガーですっ!

Img_5442

Img_5441

でかーい!大きさの指標に緑の・・・いえコーラの缶を並べてみてますw
この1ポンドバーガーは、ろんぐらいだぁす!ぱぁしゅうたぁずにて、弥生さんの妹の葉月が弥生さんと友達の八重とともに来たお店でして、もちろんその時に食べたのがこの1ポンドバーガーなのです。
何と言っても挟んであるバーガーの大きさと美味しさがたまりません!しっかりとした肉の味と肉汁だけでこれほど美味しいとは。
店主の方もろんぐらいだぁす!の事はご存知で、それを見てきたという人が増えてびっくりしたというお話をされていました。
「でもそういうのいいよねぇ、うんうん。これがきっかけで自転車とかの趣味を始めるのだって素敵なことだと思うんですよ」とのこと。
しばし店主の方と談笑してから出発しました。

ゴールの三崎口駅まではそれ程距離はないのですが、駅の手前が・・・長い上りとなっていてそこだけがどうにも憂鬱なところですw
まぁまぁ腹ごなしがてらゆるりと行きますかと海岸線の景色とかを楽しみつつ走っていきました。

Img_5443


そして上り坂を攻略して三崎口駅に到着!
手早く輪行準備をして特急にて東京へ向かい、3日間お世話になるホテルへチェックインとなりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

2017年 あけましておめでとうございます。

まぁここに来る人なんてほとんど居ないのですが、去年はほとんどブログを書かずにいました。
その為、冬コミで出してるブルベ本の作成に時間がかかるかかるw
記憶がねぇ・・・
今年はもうちょっとちゃんと細かく更新していこうかなと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

AR日本橋Fleche2016 前日 金沢ー富山ライド

えー・・・まじ、ブルベ記事しか書いてないw

去年の晩秋、daiconさんとななしきさんで2015年ブルベお疲れ様会をやった際に、daiconさんから「来年のFleche一緒に走りませんか?」というお誘いを頂いた。
まぁその時はお酒の勢いもあって、「おk、おk、平坦路のほうね」とか言って参加表明してしまい・・・今年になってコース等の打ち合わせとか、まぁいろいろ現実味を帯びてきまして、こいつぁやばい!とw
いえね、まぁ私はSRなんぞ獲ってはいますが、鈍足&貧脚(こう書くとアレですが、自転車でブルベとか走っている人の中では、ほんと貧脚なんです)でして、1月に一緒に走るメンバーと冬山ライドをやったわけですが、その際1人ぼろぼろな状況となっていたわけでして・・・
何回か真面目に辞退をしようかと思ってたのですが、そうこうしているうちにFlecheの日が迫ってきまして、今更引けない状況となりました。

もうこうなったら腹くくって走るしか無い!
そして、それを目一杯楽しもう!

と決意して、準備を開始。

前日の宿の手配は随分前に皆と同じ場所を予約していたので、前日の行程と走行後の行程を考えることにしました。
スタートも宿泊場所も富山ですが、北陸新幹線が開通してからサンダーバードは金沢までとなっていて富山には新幹線なり在来線なりに乗り換えないといけない。
せっかくだし新幹線に乗ってみるのもいいけど、やはりここは美味しいもの食べつつ自走だな、とw
距離としては70km程度ありますが、まぁウォーミングアップということで!

朝一番のサンダーバードを予約した際に、ななしきさんも同じ列車を予約されていて、富山までのライド御一緒しましょうと一緒に行くことになりました。

金沢は去年の9月にあった乗鞍ブルベである程度調べてましたが、富山となると・・・ほたるいか?という程度にしか詳しくありませんw
とりあえず大体のルートを決めてから富山周辺の、うまいものとかいろいろと検索しまして、ルートを作成しました。

総距離74km。何箇所かショートカットできるので、時間が足りなさそうならそこで調整という感じです。

Img_3561

前日となり朝早く起きて輪行で大阪駅まで。
6:30のサンダーバードですが、電車が混むと嫌なので早めに行動開始です。
駅へと到着し自動販売機で切符の受け取りを。実はこの前の日に受け取りに寄ったんですが、買った時のカードと違うものを持ってきてしまってて・・・下手するとこの日も買えないところでしたw

とっととホームに上って一息ついて飲み物を買って戻ると、前から見覚えのある姿が!ななしきさんです。
ちょこっと挨拶をして乗る号車の方まで戻られました。結構号車の間が離れていたので大変だったのではないかなぁと。

しばらくして電車が到着したのでそのまま乗り込み、危惧していた一番後ろの席の後ろスペースに何か荷物置かれるとかそういうこともなく、乗客もまばらで、快適に金沢までの旅を楽し・・・いやまぁ殆ど寝てましたw


Img_3562

金沢に到着して早速輪行解除!
ななしきさんの輪行解除もお早い。
さぁ、富山へ向けて出発ですよ!
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
はい、まずは第一のエイド、近江町市場で朝ごはんを・・・え?駅からすぐじゃないか!って?
はっはっは、私がそんな風にいきなり走り出していくと思ったら大間違いさ!金沢の寿司を食わずして何がグルメライドか!と。
近江町市場の中?にある小さいですが屋内の駐輪場へ停めて、前に行ったもりもり寿しさんに入店です。


Img_3563

がすえび


Img_3564

のどぐろ


Img_3565

カサゴ


Img_3566

ヤガラ


Img_3567

ハタハタ


うん!相変わらず良い仕事してますなぁw
がすえびのねっとり感も、のどぐろの脂ののった身も、カサゴ・やがらの白身であっさりながらもうまみたっぷりな味も、めずらしいはたはたの寿司もどれもとてもいい・・・
もうちょっと食べることは出来ましたが、この後の予定もあるので、この辺りで撤収。
まぁ・・・値段も値段ですしねw

近江町市場を出て進路は北東に。
この日は南西の風でドンピシャな追い風。それも結構いい感じに吹いてくれているので、すごく走行が快適でした。

途中のセブンで一旦休憩し、上着を脱ぎ脱ぎ。結構日差しもありまして暑いくらいです。
トイレをお借りしたついでに、お店で礼のレーズンサンドも購入。最近でこそ大阪でも結構見られますが、やはりまだまだ少ないのである時に買わねばw

進路が北東から東向きへとなって、この日唯一の登りである倶利伽羅峠へと差し掛かってきました。
目の前にどどーんと見えた登り坂を前にさぁ、登るぞ!とフロントをインナーにおと・・・落とせない!

リアのシフトは問題なくできるので、フロントだけ効かなくなってるようです。
そこで思い出したのが、先日左のSTIが曲がっていたので、まっすぐに戻したのですが、どうやらその時にはずれて接触が悪くなっているようです。

少し端子をぐいっと押し込んでみたんですがどうにもダメで、どうしようかなと思っていると、ななしきさんが細いアーレンキーをお持ちでして、それでフロントをインナーに落として、富山着いてから自転車屋でなんとかしようという事に。
ちょっと試行錯誤しましたが無事インナーに落とせたので登坂開始です!


Img_2827

うひひひひぃいいいいい、見るからにキツイ
まだここまで消耗してなかったので乗って登ってはいけてますが、いつもの調子なら押してるレベルかもw
定番の「誰だよ!こんなとこ登ろうって言ったのは!」ネタをやりつつ、倶利伽羅県定公園へ到着です。

Img_2830

有名な源平合戦の場所!

Img_3573

ひゃぁ~~~
ななしきさんに写真を撮ってもらってw
いやね、ろんぐらいだぁすツーリングガイドに載ってました

Img_3516

これをやりたかったんですよ!
まぁ・・・可愛い女の子ではなく小太りなおっさんがやってるので、躍動感もないし絵にもならないのですがw

少し時間を頂いてバーテープを剥がしてシフトの端子を調整しようとしますが、バーテープ下にもテープでケーブルが固定されててちょっと時間がかかりそう。
なので、いったんSTIを内に曲げて端子をぐいっと押しこむと動きました!ふぅ・・・なんとか。
フロントディレイラーの微調整も行ってから倶利伽羅峠を降りて行きました。

Img_2831

降りる途中でパチリ。
葉桜になってるとこもありましたが、この辺りは綺麗でして。
明日の新潟までのルートでも桜楽しめるかも!と期待が高まってきました。

降りはもちろん快適でw道の状態も悪くなかったので飛ばして一気に石動辺りまで走っていけました。

倶利伽羅峠で消耗していたら石動の三井アウトレットパークで、休憩&補給をするかと思ってたのですが、あまり消耗もしていなかったですし、いろいろとトラブルとかで時間を食ってたのもありましたので先を急ぎます。
8号線を追い風の恩恵を受けつつ北東へ走って、第2エイドの道の駅万葉の里高岡へ到着。

Img_3574

ここでは大仏コロッ・・・あれ?ブラックコロッケとかホワイトコロッケ?
何やら事前に調べてた大仏コロッケよりも、名物があるようですw
ですがここは初志貫徹


Img_3576

大仏コロッケ!うむ!大きいはいいことだ!
まさに手のひらと同じくらいの大きさで、食べごたえバッチリでした!
ただ、ちょっとソースをbukkakeしたかったなぁw

万葉の里高岡を出て高岡駅に向かいます。
高岡駅までの間にも補給ポイントとして、ウェルウェルドーナツと富山ブラックの美味しいお店大長を候補に入れてましたが、ちょいと時間に厳しいかなということで、高岡駅のとこでメロンパンを買って高岡古城公園で桜を見つついただきましょうということにしました。


Img_3577

世界で2番めに美味しい焼きたてメロンパンアイス!
お店の前で女子高生が!女子高生が!(大切なことなので2回言いました)食べててねぇ、おいちゃんちょっとほっこりしてしまったよ。
ここに来る途中で”高岡で2番めに美味しいホルモン屋”というお店もありまして、高岡の人は2番めが好きなのか?謙虚なのかというお話をななしきさんとしていたのですが、ななしきさんがお店のおばちゃんに「1番目に美味しいメロンパンのお店は・・・やっぱ師匠のお店ですよね?」とw
以前から思ってましたが、ななしきさんのこういうコミュ力高いとこ見習いたい。
そんな感じでおばちゃん達と話しつつ、メロンパンアイスだとお城までに溶けるからメロンパンを買って出発。

ここら辺りも時間あるなら、宮田のたい焼きとか、らぁめん次元、ちょっと離れますが古い町並みが残る金屋町辺りにも行ってみたいところでした。

高岡古城公園に近づくにつれ、見事な桜が・・・

Img_2832


Img_2834


Img_2836


Img_2837


Img_2843


途中から押して歩いたりで写真を撮りまくってました。
そして・・・とある場所で視線の先に、散る桜の花びらと戯れる女子高生が!うんうん、いいから、いいから、そのままおっちゃんに写真撮らせてねと言いに行きたい気持ちを抑えつつ、遠くから自転車と桜を撮ってましたw

Img_3580

公園内に戻ってメロンパーン!
カリッもふっなおいしいメロンパンだ!
甘過ぎもしないし・・・珈琲がほしいところだけど、ボトルのお茶で我慢w

しばし休憩した後、綺麗な桜にお別れしつつ出発です。
あとは44号線を走って富山に行くか、もう一箇所寄り道するか・・・寄り道しよう!
次の目的地、道の駅新湊にはちょっと食べたいものがありまして、時間的にも大丈夫そうだったのでそちらへ進路を取ります。

北向きに走ってた時はいつもの走りと同じでしたが、東に向きを変えた途端追い風の影響がぐぐんと!
ひゃっはー!と速度を上げて、車も少なくて信号も少なく舗装も良い農道を走っていきます。
30km/hは楽に出て40km/hでも少し走れてたので割と早くに到着。

Img_3582

白エビバーガー!
うむ!エビ!目一杯のエビだ!
もうちょっと味が薄いとか、エビが少ないかなと思っていたのですが、そんなことはなくとても満足行くバーガーです。
やはりここはコーラでしょう!とドリンクとのセットでいただきまして、うん、コーラ最高w

まぁあまり長居もしてできないので、ぱっと食べて出発。
南下して44号線へ合流し後はひたすら東へ。
途中で入学式帰りとかの初々しい女学生の姿を愛でつつ、富山までひた走ります。

予定より15分程オーバーしましたが、無事ホテルへと到着しました。
食べ物も食べて、終始追い風で楽ちん走行できて、登りも登って非常に楽しいライドとなりました。

チェックインをしていると、後ろから自転車に乗った3人が!
Flecheを一緒に走る、daiconさん、DARUMAさん、マムートンさんでした。

とりあえずこの後の飲み屋が16時からの予約とのことで、daiconさん達には先に行っていただき、私はシャワーとかを浴びてからお店へ。

親爺というなかなかに渋いお店の名前です
先に着いていたメンバーと合流して乾杯!

Img_3583

(名前を忘れましたがw)シャキシャキの歯ごたえが癖になる美味しい菜


Img_3584

春の富山の旬の味覚!ホタルイカ


Img_3585

盛り合わせ


Img_3587

天ぷら


Img_3588_2

おでん。 里芋美味しかったぁ。


Img_3590

煮凝り。日本酒にあいまくり!


Img_3591

なんといっても王様な のどぐろ

わはははははは!どれもこれも美味しい!
daiconさんやDARUMAさんはその美味しい料理につられてかお酒もグイグイといかれてまして・・・明日大丈夫だろうかw
とはいっても、明日のこともあるので早めに引き上げ。


Img_3592

親爺さん、美味しかったです!!

ただ・・・やっぱり飲んだ後はラーメンだよね!


Img_3594

西町大喜で中華そば!
富山ブラックといえばこのお店と言われるくらいスタンダードな味とのことなのですが、皆言ってましたがしょっぱい。
ちょっとこれはしょっぱすぎるかなぁ。
他のお店との食べ比べもしたくなりましたw


その後はホテルへ帰って、荷物の整理やら風呂やら。
そして早めの就寝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

BRM320高知300km

さて、ナビに従い走って行きましてスタート位置に到着

Img_3483

ブリーフィング待ってる間にチェーンオイル塗ったり、ドリンクをボトルに詰めたりといろいろと準備を済ませます。
スタート位置の気温は若干低めで、走っているうちにちょうどいい感じになりそうではありますが、郊外に出た途端寒いとかいうこともありえますのでグローブは冬用を着用しました。
空には綺麗な月。ナイトライドではいい気分で走れそうです。

ブリーフィングが始まり、特筆することがなく終了しましたが、その後にイベントがw
まぁ、なんといいますか・・・個人的には認めてあげてーというほうにしました。

そしてチェックをして、スタートです!
しばらくは街中を走ることもありどうしても団子状態となってしまうのですが、農道辺りに出たところでむにん君先頭の長いトレインとなっちゃいまして、しかも結構な向かい風。
むぅ、こいつはいかんと、ちょっとした登りのところで、私を待ってもらうような形で後ろへと下がりました。
そこからはいつものがんばらないペースで2人旅となりまして、風はなかなかに辛い感じになりそうですが、まぁゆっくりペースで走れば問題なさそうです。

登りを2つ程こなして海岸線をずっと走って行くのですが、月明かりに照らされた海が綺麗・・・なんてことはなく、うっすらと見える程度。
むにん君と馬鹿話や、あれが食べたいこれが食べたいとか喋りつつ走っていて400kmの時のように眠くもないのですが、非常に退屈では有りますw
電光掲示板にちらりと気になる情報も表示されてましたが、そんな状況ではあったので実にたんたんと走って行ってPC1へ到着。

Img_3484

途中、コンビニや公衆トイレに寄ったりして時間を使ったわりには、ある程度の余裕ができていて、順調順調とうなづきつつ、少し多めに炭水化物を摂りました。
そして、はにべあさんや、がんちょさんがDNSの中、出走されていたTZRさんと遭遇。何やらお腹の具合が悪いとのことで、ほぼ撤退を検討しつつ少し長めに休憩を入れるとのことでした。
PC1からPC2までは撤退するにも簡単に撤退できないところでして、寒さも明け方にかけてぐっと冷え込んでくる区間となります。
また先程の気になる情報というのが、高知県の東側に強風注意報がでていまして、風向きは今まで走ってきたところから察するに向かい風。これはちょっと頑張らないといけない状況になるかなと覚悟完了して出発します。

思ったよりも向かい風がキツイということもなく、またたんたんと走っていってると、後ろからTZRさんが「元気になってきたー!」と、駆け抜けていかれましたw
先程のもう撤退する事決定しましたよ的な姿は微塵もなく、赤いテールライトがあっという間に小さく消えていきましたw
まぁ私達はマイペース、マイペースと・・・「パンクです」 おっとっと。むぅ、2日連続パンクとはまたなんとも。とりあえず、明るい街灯の下まで行こうと少し遠くに見える街灯を目指します。そこまでチューブが持てばいいんだけど・・・
とりあえず街灯の下まで到着しボンベで充填しますが、なにか抜けてるいるのでチューブのチェックをするとのこと。。
ふふふ、こんな事もあろうかと私もチューブの予備を持ってきてるし、Co2ボンベも手持ち3本持ち込んできてるので、何かあっても交換はすぐできるのさ!
チューブをチェックしていたむにん君が原因を見つけたらしく、どうやら小さな金属片が中に入り込んでいて、スローパンクな状況になった模様。
もう私の予備チューブに変えて行きますかと、交換したわけですが・・・ここで重大な事が判明しました。
今回むにん君の後ろのホイールは自転車屋からの借り物でして、そのリムハイトが・・・私は通常の高さのチューブしか持っていなかったため、空気を充填しようにも上手く入らない状況となってしまいました。
ある程度までは入れることはできるのですが、そこからはなんとも。
到底これでは最後まで走れない状況となってしまい、むにん君はここでDNFとなりました。

現状の状態でもゆっくりなら走れるので、それで最寄りの駅まで向かうとのことで、私はここで別れて先へと進みます。
1時間あった余裕がこの時点で30分弱になっていまして、別れて1人になった途端、向かい風がきつくなってきた気がします。

Img_3486

夜明けー
いやこんなことしてないで、とっとと走れよというお話ではあるのですが、やっぱりこういう光景は撮りたくなりますw
少し頑張って走ってPC2へ到着。

Img_3488

なんとか30分の貯金へと戻しました。
温かいものとカロリーが欲しかったのでパスタを食べたりしてますと、TZRさんが到着。
「あれー?いつの間に後ろにw」などと、少しお話をしてから私は出発しました。

PC2を出て少ししたらこの高知300kmでの登り区間へと入ります。
まぁ登りと言っても大したことはないので、ここもたんたんと、たんt・・・向かい風がきっついわぁあ!!!
それでもまだ登ってる時はそれほど風は感じないのですが、合間の平地や少しの斜度の下りや登りなどはとても楽ができるという感じにはならなくなりました。
2つ目の峠を越して、後は下りと平地でフォトコントロールへ到着かなぁとおもいきや、岬へと続く海岸線に近づく毎に向かい風が強く吹きます。
吹いてくる方向が四方八方から吹き付ける感じで、走る方向を変えてもずっと向かい風のような感じ。
また海岸線に差し掛かったところで、急斜度の細かいアップダウンという、とてつもない嫌がらせ区間w
海岸線を曲がるたび、登りを超えるたび、まだかー、まだ着かないのー!!と泣き言ばかりとなりました。

Img_3491

ようやくフォトコントロールのかもだ岬へ到着。
自転車の写真を撮って、スタッフのかたと少しお話をしました。
午前中は写真の場所も風が強すぎて写真が撮れない状況だったそうで、カードにチェックをして通過となっていたとのことでした。
この時の風より酷かったって・・・うあぁ

少々暑くなってきたので、ここでようやく上着を脱ぎました。

Img_3493

くにゃふとビールジャージ!
ほとんど人に見られない状況になってからだったので、ちょいと寂しいw
また、上着を着てると暑いのですが脱ぐと寒い。風がかなり冷たいというのがよくわかりました。

国道までの折り返しは、岬まで向かい風だったんだから追い風になるかなーとちょっと期待したんですが・・・ええ、無駄無駄無駄無駄とばかりに、風が吹き付けてきますw
途中またTZRさんとすれ違いまして、同じように風に苦労されているようでした。

国道55号線まで復帰して後はひたすらそれを走っていくのですが、相変わらずの向かい風と車通りが結構多いためストレスがたまります。
徳島で徳島ラーメン食べたい!と思っていたのですが速度は全然上がらず時間の余裕ができない。またPC3のある徳島に近づくにつれ信号でのストップも加わり、頑張らないという事を言っていられる状況ではなくなったので、なんとか速度を22km/h程度で維持しつつ走って行きました。

Img_3494

PC3到着!
PCで休んでいる人、後から到着してきた人もみんな憔悴しています。
残りは70km。時間の余裕は40分。プリンとアイスをイートインで食べ、パンとおにぎりをフロントバッグに詰め込んで手早くリスタートします。
徳島からは走る方向が西向きに変わるため、向かい風が収まってくれると良いなぁと思ったのですが、まぁ、そんなに甘い訳ありませんよね(´;ω;`)

PC3まで頑張った影響か足も回らなくなってきていて、じっと我慢の走りが続きます。
讃岐という文字があちこちに見えるようになってきて、ようやく向かい風が弱くなってきて少し楽になりました。
20km/hも普通に出るようになって、これでなんとか完走は問題ないかなーと思ったところで、ちょっとお腹が空いてきましてw
そこは讃岐ということで、うどんー!うどんー!と思ってるところに道の駅の文字。
ここはぜったいうどんがある!と道の駅津田の松原へと寄ったのですが・・・そこのうどん店は15時にて閉店。
うぁあああんと、バッグの中に残っていたおにぎりを食べてリスタート。
残っていた2つの小さな峠を越して、讃岐牟礼の標識を見て、あぁ、やっと帰ってきたと。

車通りが多いですが流れに乗りつつゴールを目指します。
疲れた頭でボーッと走っていたのですが、そこで横目に見えたお店に、自転車を停めました。

Img_3496

ほほぅ・・・いいドールですね。
中々にセンスあるお店ですw 某お方のためにここは写真取らねばとパチリと一枚。

ゴールまで3km程度になった辺りで、いきなりeTrexが変な感じになり残り距離がどんどん増えていきます。
あれ?コース間違えた!?と確認しますが、問題はない・・・とりあえず後から来た参加者の後ろにくっついていきますw

途中から正常に戻って、残り距離もドンドンと少なくなり・・・

Img_3497

ゴール!
19時間32分で完走です!
ビンズとメダルを頂きます。実はこの時に400kmのメダルもらう方にチェック入れてなかった!と気付きましたw

受付のとこに居られた、がんちょさんに挨拶をして、風が酷かったー等々話しました。
TZRさんがヘタすると時間オーバーかもというお話でしたが、私が建物から出て少ししたら入ってこられて、無事完走しておられました。

さて、むにん君に連絡を取ると、すでにフェリーに乗り込んで帰路の途中とのことなので、私も予定を変更して電車にて大阪へ向かいます。
・・・・・・が、ここでドロップバッグを受け取るのを忘れていまして、慌てて戻ったんですがすでにスタッフのかたは撤収されていて、どうしようかと思っていると、ちょうど駐車場から出られる所だったらしくて届けていただけましたw
疲れているとほんと頭が回りませんね。
そこから高松駅に向かい、輪行でマリンライナーと新幹線(みずほ)と乗り継いで大阪まで戻りました。


今回初めての連続ブルベでしたが、まぁやっぱりペース作りが一番のキモかと。
がんばらない走法で400kmを走っていたからこそ、後半の300kmもなんとか完走できるだけの足が残っていました。
600kmと違って途中で風呂入って十分な睡眠時間がとれるのでそこで焦らなかったのも勝因の一つかと思います。
ただ、ガンスや徳島ラーメンが食べられなかったのは残念。
これはなんとか5/1の徳島600kmでリベンジせねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM319高松400km後

受付を終了して、まずは食事と風呂!そして今晩の300kmスタートに備えて寝ないと。

Img_3476

高知ででの食事の場所として予定してたのは、ひろめ市場で明神丸のかつおのたたきと塩たたき!・・・だったのですが、ひろめ市場の中自体もう混み混みで席がなく、明神丸の行列を見てだめだなと撤退。
じゃあどこで食べるかねーと、少し歩き始めたところで、威勢のいいおばちゃんの呼びこみに惹かれて入ったお店が池澤鮮魚。
かつおのたたきだけではなく、サバカレーさんから高知の味覚として教えていただいていた、うつぼのたたきもありました!

Img_3480
かつおのたたき丼

Img_3478
うつぼのたたき

なんだかんだ言ってブルベ中はあまりまともなもの食べてないのもあって、ほんと美味しい。
こういう時って旨味で口の中が痛くなるくらいなんですよねぇw
がつがつとあっという間に平らげました。

池澤鮮魚
高知県高知市本町2-1-19
7:00~17:00頃

さて、食事も終わったのでホテルをとられていたななしきさんと別れて、私とむにんくんは近くのスパへ。
自転車は引き続き商店街のところにある駐輪場へ停めておきます。22時まで開いてるので十分時間に余裕があって安心です。

スパに入って、荷物をロッカーに入れてまずは風呂!
なんというか、ガビガビになった体を洗って泡風呂に入って・・・あ”~天国じゃあ。
尻がひどいことになってる気もしますが、それよりも体全体が癒やされているので気にしないことにしますw

風呂から上がって、さて一眠りと思ったのですが、仮眠場所は15時からとのこと。な、なんだってー!すぐ寝れると思ったからここに決めたのに!
まぁそんなこと言っても仕方ないので、荷物の整理後リクライニングルームにて仮眠をしました。
15時になったので私は仮眠場所へ。リクライニングルームがとても暑くてw
仮眠場所は暗く静かでゆっくりと休むことが出来ました。

モーニングコールを19時に頼んではいたのですが、18:30には起きだしていそいそと準備。
洗濯をするかどうかとか食事とかまぁいろいろとあったので、早めに準備してフロントでむにん君を待っていたのですが、早めに来るだろうと思っていたむにん君がなかなか来ない。
そのうちに、フロントの人が「お連れ様は多分もう少し前に出られましたよ」というものですから、えええぇとなって電話をしてみるが出ない(ここは携帯とかは持ち歩きできなかったのでロッカーに入れておいて手元になかったそうです)
コインランドリーの場所に行ったのかなと思って、コインランドリーへ向かいますが姿が見えず。そのコインランドリーも、洗剤の販売機がずっと故障して直してないような廃墟のようなところであまり選択したいと思わなくてどうしようなと考えてると、むにんくんから連絡がありました。
結局まだスパの中にいて寝ていたそうでして、あわててまた戻ります。

スパでやっと合流し、食事どうしようかという事で、むにん君の友人からのお薦めのお店があったのですが、ちょいと時間が足りなさそう。
駐輪場近くの適当なお店ですませたのですが、ちょっと、ここが失敗でして・・・。当たる時もあれば外れる時もありますね。

さて、自転車を引っ張りだしてまずは私のドロップバッグを預けに、ゴール受付もした会館へ向かいます。
会館についた時には受付のギリギリで、もう撤収しかけのところを預かっていただきました。

そしてスタート位置へ向けて自転車を走らせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM319高松400km

起きてホテル前まで行くと、すでにむにん君が準備万端で待ってましたが外は・・・雨。
予報で6時位までは降るとのことでしたが、ちょっと雨の勢いが強いので出発の時間を遅らせることにしました。
そうしているうちに、ななしきさんも合流して忘れ物がないかとかいろいろと確認していたら、私が部屋に忘れ物!!
レーパンの上に履くニッカを忘れていたというw
慌てて取りに戻って履きました。

スタートは8時なのになぜこんなに早くから起きているかというと・・・スタート前にうどん食べに行かないとね!w

Img_3458

今回ダー様も2人体制で、挑んでいますし!

6時近くになって雨も止んだので出発。
お店の前まで来ると、並んでるのが見えましたが、流石に雨が降っていたためか並んでいる人数は少なく、また、自転車を停めてすぐに開店だったので、入店まで時間がかかりませんでした。

Img_3460

釜バター(小)
うむ、相変わらず美味しい。
朝方の寒さも、この温かいうどんで癒やされていきます。
お店には明らかにブルベに参加される方だろうという人も何人か居まして、なんといいますか、こういうのってほっこりしますw

さて、直前のカーボローディングも済ませてwスタート地点へ向けて出発。
途中のコンビニでドリンク補給とトイレを済ませて、JR高松駅へ。

Img_3461

駅にはすでに何人ものブルベ参加者が!
高松400kmだけ参加という人も居るでしょうが、大部分が連続ブルベに参加なんだよなぁ・・・みんな狂ってるね!www

とりあえず、ロッカーに荷物を預けてドロップバッグの用意をして受付を待ちます。
どこらへんで受付とかやるのかなーと思っていると、今野さんが到着されてこっちでやりますーと誘導。
自転車を持ってついていきます。

ドロップバッグの受付が始まり「着払いの送り状入ってますか?誰か着払い送り状のサンプルを」と今野さんが仰られたのですが、最初に渡された方の送り状がどうみても元払伝票。
それを伝えて私の着払い伝票をお渡ししまた。結構その間違いをされてる方が多いようで、慌てて近くのコンビニへ駆け込んでる人もw

Img_3462

路面はまだ濡れてる状況では有りますが、雨自体の心配はあまりしなくて良さそうなのでちょっと一安心。
参加受付とブリーフィングまでの間、トイレ済ませたりとかドリンクや補給物資購入とかをして時間を潰します。
がんちょさんとTZRさんにはご挨拶してましたが、はにべあさんがまだ来られて・・ない?ツイートを確認してみますが、朝早くに起きておられるようですがスタート位置へ到着の報告がなくちょっとヤキモキしました。
駅周辺で迷って居られたようで、少ししてから無事姿を見ることが出来まして、ご挨拶をしていろいろとお話を。まぁここで話しておかないとスタート後はゴールまで会わないでしょうしねぇ。

ブリーフィングが始まり、コース変更や注意点などは特に無し。ただ、スタート直後の街中は信号峠が酷いので、多少走るコースを変更してもよいとのことでした。
むにん君とななしきさんと話し合って、とりあえずはコース通りに行きましょうと。

程なくチェックが始まってスタートです!

大通りに出てからは情報通り信号に引っかかりまくりで、スピードも出せません。
どのみち今回は頑張らない走法で行く予定だったので、私達は良かったのですが、多分後ろについてトレインになっていた人達は結構焦れたんじゃないかなぁと思います。
しばらく走ってようやく信号の数が少なくなって、快適に走れるようになりました。

まずは通過チェックのある琴平を目指して国道32号線琴平街道を走っていきますが、なかなかに車通りが多くまたトラックが怖い怖い。
イオンモール綾川が見えた辺りで、同行の二人にうどん店に寄るか確認。
この近くには3店美味しいところがありまして、手打ちうどんまつおかは10時開店のため随分待たないいけないのでスルー、うどん喫茶スタートか名店の田村うどんなら寄れる時間帯でした。
ただ、頑張らない走法のペースですとちょっと時間的に厳しいなぁと思っていて、実際最初の信号峠の分とかでも時間を消費していたので、お店には寄らずに先を目指すことにしました。

Img_3463

通過チェック到着!
天候もだいぶ回復し暑くなってきたので、レインジャケットを脱いでジャージ姿になります。

Img_3464

唐揚げジャージが火を噴くぜ!
うひひ、これで道行く人の注目を集めちゃうぜぇ。

琴平から少しの登りを攻略し観音寺を横目に西へと進み、ようやく海が見え始めますが、ガスっててあまり良い景色になりません。
国道11号線から県道13号線へと道を変えて海側に逸れ、ここで一つ目の峠が現れます。

Img_2795

霧も濃いままで「霧雨・・・ではないよねぇ?」と言いながら、えっちらおっちら登っていきまして、距離自体は大したことはなく無難に攻略しPC1へと。

Img_3465

PC1手前でちょっと速度出したかったので「先行してPCへ行ってるよー」と踏んでいったのですが、信号待ちとかで結局追いつかれて、疲れるだけであまり意味のないことをしてしまったりとかありましたが、無事PC1へ到着w
今のところ予定通りに走ってこれていることも有り、みんな表情に余裕があります。ただ・・・空模様がねぇ。

Img_3466

PC1を出発してしばらくしたところで、ここまでシャッターチャンスを逃していた桜を。
走ってきた道沿いに、チラホラと咲いているので気にはなっていたんですが、なかなか止まれるところがなかったんですよねぇ。
再び走り始めますが、霧だと思っていたのが山ではすで雨になっている模様で、平野部でもとうとうぱらついてきたので脱いでいたレインジャケットを着込みます。
向かい風も出てきたので、専攻してもらっていたお二人に追いつくべく少し速度を上げて走っていきますと、歩道にむにん君がいて何やらトラブルっぽい。
聞くとどうやらスローパンクしているらしく、多分空気入れるだけでなんとかなるだろうとのこと。
Co2ボンベは私も予備はたっぷり持ってきてるので、安心して使ってもらって二人で走り始めます。
雨風もだいぶ気になるようになり、私が前で走っていたのですがむにんくんの速度がかなり遅くなってる・・・?
気が付くと随分と後ろでまた作業をしていまして、戻って聞くとやはりパンクしていてチューブ交換をするとのこと。
チューブも渡そうか確認しましたが大丈夫とのことで、私は先に行ってることにしました。
何しろここから大きな峠となります。登りの苦手な私にとっては少しでも先行しておきたかった。

Img_3467

山に入ると雨も強くなってきました。
途中でななしきさんと合流し、むにん君の現状を伝えて、PC2でむにん君をゆっくり待ちましょうと峠を攻略していきます。
しかしまぁ・・・トンネル先輩ありがとうございます!雨と寒さからしばしの間守ってくれるトンネル先輩チョー優しいw
下まで降るとようやく晴れ間も見えるようになりましたが、すでに時刻は逢魔が刻へとうつりつつあり、気温もぐっと下がってきました。

Img_3468

PC2に到着!
パンク修理に10分程かかっていたようなので、到着までもう少し時間がかかると思っていたむにん君が、我々の直後に入店してきてびっくりしました。
夜の走行に備えて防寒の準備とカロリー補給を入念に済ませます。
PC2を出て少し走ったところにあります、からき天ぷら店で伊予の名物"ガンス"という物を食べたかった私は途中でむにん君と別れてお店の方へ。
といっても、コースから100mも外れてないところにあるお店だったのですぐに着いたのですが、19時まで営業しているはずが今日は早じまいとのことで・・・うぉおおん(´;ω;`)

コースに復帰してむにん君を追走します。
この辺りは2年前の福山600kmで往復した道でも有り、ちょっと苦い思い出でもあるのですが、ちょっとした峠を登って海岸線の夕やけこやけラインへと出ます。
流石にもう夕焼けの時刻ではなかったのですが、わずかに残った陽の光がなんとも寂しい感じでした。で、余計に気温が寒く感じるというw
まぁのんびり行きますかとそれほど頑張らずに走っていくうちに前に自転車のテールライトの光が。おそらくむにん君だとは思いましたが焦らずにマイペースで追いついていきました。
そこからは3人で淡々と走っていってたのですが、ちょっと眠気が・・・
自転車に乗ってる時に眠くなったのは、去年の京都600kmの時以来。しかしあの時は前日殆ど寝られず途中の仮眠も1時間無い状態だったため、仕方ないとは思うのですが、今回は前日に十分に睡眠はとっていたため個人的に衝撃でした。
PC3までの最後の峠を降ったところの橋でむにん君がちょっと撮影をして待っていてくれたので、私も止まってぱちりと。

Img_2804

うーん、流石に暗いからなかなか綺麗に撮れないなぁ。
再出発して、しばらく走ればPC3に到着です。

Img_3469

夜となり、先程の眠気がまた・・・珈琲でカフェインを補給してなんとか目を覚まそうとします。
PC3からPC4にかけては、緩いとはいえ高松400kmでの一番の山岳地帯となりまして、また気温が・・・この時点でかなり寒いです。
PC4からの四万十川沿いが一番冷え込む予想で防寒装備の用意をしてきましたが、すぐにでも装備できるようにフロントバッグへサドルバッグから移して出発です。
序盤5kmくらい緩々と登って13km平坦路となり、そこからぐっと斜度が上がった3km程を登ることになります。
正直この辺りの記憶がありませんw
いえ、だってね、真っ暗の夜道を淡々と走ってますし、むちゃくちゃキツイ斜度!とか酷い向かい風!とか寒くて動けない!とかいうのはなくて、しかも眠いw
登りの時のトンネルが長くて、何か出そうな感じの怖いところだったとか、PC3で入れ違いになった、はにべあさん達がジョイフルで休憩されてたという記憶がかすかに残る程度でw

Img_3470

そんな感じでいつの間にかPC4に着いていたのでした。
ここで時間の余裕としてはおおよそ1時間。後は登りらしい登りはなく、平地と降りで140km程度走ればゴールとなります。
しかし、寒さと眠気がここでは一番の問題ですし、次のPCまで補給できる場所はほぼなく、退避できる場所も道の駅が間に3つ程あるだけなので補給食もいくつか購入。
中間着をジャージの上に着て防寒装備としては一番分厚い状況にして、さぁ出発です。

四万十川沿いを走るこのコース。
昼間に走れば舗装もよく、車通りが少なくて、景色が良いという良い感じのところなのでしょうが、走るのが深夜となるとまぁ・・・街灯一つない真っ暗な道で、車もこない。横にあるであろう川の音だけが聞こえるというw
だからこそ、走る二人と近くによって話しながら走って眠気を覚ますことが出来たんですが、この辺りからななしきさんがちょっとした登りのたびに全速力で登ったりしてたのは、きっとかなり眠かったんだろうなぁと。
そんな感じで時々離れたりしつつも一緒に走って行きました。途中、道の駅四万十とおわでトイレ休憩に寄ると幾人かのブルベライダーが就寝中。仮眠ポイントが道の駅くらいしかないので仕方ないよねぇと静かにトイレを済まして出発。

2時位になると寒さもぐっと増してきて、逆にそれが眠気に効いたりもしましたが、もうこの辺は走るの辛いという気分でいっぱいでしたw

Img_3471

PC5到着。
寒い、寒い、寒い、眠い。
走るのを止めると、次出発する時寒くて仕方がありません。
とりあえず陽が登ってくればましになるはずと出発しますが、直ぐに手が冷たくなってどうしようもなかったので、インナー手袋をして再出発。
引き続きほぼ平地のゆっるーい登りを走って、一気に降ってまた平地となります。

途中どうしても眠くて仕方なかったので5分ほど仮眠時間を貰って3人でコンビニ横で仮眠。
目をつむってじっとしていただけのような気もしますが、それでも眠気は晴れました。

再び走り始めて朝焼けの中、頭に浮かぶのは・・・須崎で鍋焼きラーメン食べたい!というw
通過時間的に開いてる店舗がないのでどうしようもないのですが、極限状態になると3大欲求のことばかりですね。

Img_3472

時折向かい風になるなか20km/hも出せない状況でやっとのことPC6到着。
あ”~・・・あと20km しかもほぼ平地!やる気を出せ!やる気を!と自分自身を鼓舞しますが、なかなかw

Img_3473

あのうたわれるものラジオで柚子姉ぇが飲んだ、ごっくん馬路村を飲んで気合を入れます。
まぁ後はよほどのアクシデントがない限り完走はできるのでのんびりと出発です。

Img_2812

朝日に照らされる自転車。
むふふ・・・かっちょ良い。

ゆっくりとでは有りますが着実に前に進み、ようやく街中へと帰ってきました。
こうなると、信号峠ががが・・・まぁ走る分には問題がないから。

そしてゴール!
レシートを取って、近くのゴール受付の会館まで。

Img_3474

25時間38分でゴール!
いやぁ・・・疲れた。
ホント疲れた。
そんな状態でしたので、実は400kmのメダルは買ってなかったというw
ビンズと違って来年買ってもいいからまあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM319高松400km・BRN320高知300km連続ブルベ 前日

月に200kmを獲って、またしばらく走ってない状況で400kmと300kmの連続ブルベの日を迎えることになりました。
BRM319高松400kmとBRM320高知300kmはほぼ四国を1周するルートとなることもあり、前から四国一周はしてみたかったのと、日程的に行けそうだったのでエントリーをしていました。
また関西からはむにん君と、ななしきさんといういつものメンバーと、関東からはにべあさん、TZRさん、がんちょさんという方々もエントリーされていて、走るのがすごく楽しみに!
すぽさんも来られる予定だったのが、残念ながらお仕事ということで・・・前に伊勢に行く京都400kmでご一緒した時に楽しかったので、またいつか別のブルベてご一緒したいですね。

日程的に3/18に高松入りして3/19から3/20・3/20から3/21でブルベ、3/21の夜に大阪へ帰るという予定で、行きも帰りも三ノ宮-高松のジャンボフェリーで輪行をせず楽に行くことにして、出発の前日3/17は22時に家に帰って風呂入ってすぐさま就寝。
むにん君もななしきさんも朝6:00発のフェリーでご一緒に高松入りです。

2時にムクリと起きだし出発です。
この数日は暖かいという話でしたが、深夜から朝にかけては流石に寒くて、冬用装備にて三宮に向けて走りだします。

Img_3420

うどん・そば自販機ー!
いや、やっぱりねぇ寒い深夜のライドには寄らねばw

Img_3422

そしてこれからうどん県行くのに、うどんをキメるw
カロリー補給と少し体を温めて再出発です。

石田鶏卵(前 うどんそば自販機)
神戸市東灘区深江浜町110−2


2号線をずっと走り三ノ宮手前で少し北へ逸れて加納町のほうへ。
少し時間に余裕がありましたので・・・この時間でも開いている虎と龍に入店!

Img_3423

濃厚なスープの、久留米の龍をいただきます!
リミッター外しますわよ!
あぁ・・・なんでこういう時に食べるラーメンとかってこんなにも美味いんだろうか。
あっという間に平らげてフェリー乗り場へと向かいますが・・・ななしきさん寝坊でフェリーの乗船が間に合いませんと連絡がw

フェリー乗り場へ着いて、とりあえずチケット買うために自転車を停めるところをどうするかなと思っていると、係のおじさんが「どこ行きー?こっちに自転車置いていいよ」と入口近くの場所へ案内してくれました。
ただフェリーの入港が遅れていて、出港予定の6時に入港して出港自体は6時30分位だろうとのこと。
待合室へと行き座りますが・・・流石に睡眠時間が少ないため、だんだん眠く・・・・ぐぅ。
少しうとうととしつつ待っていますと、むにん君が到着。良かった・・・このままぼっちでフェリーに乗るはめになるかと思った。
しばらくして乗船開始となったので自転車のまま乗船口から乗り込みます。

Img_3424

今まで乗ったジャンボフェリーと違って、前の方に自転車止めもある大きな船でした。

3階の座敷に席を確保し、まずは・・

Img_3425

宴じゃーー!
高松まで4時間もあるので、カーボローディングwしつつ仮眠をとっていこうという計画ですw

Img_3427

そして気になったこいつ!
口に含むと出汁の香りと味が・・・カツオ出汁?の後に、キャラメルの甘さが!
ウン、オイシイ、オイシイ ブルベノマエニミンナニクバラナイトネ

しばらくして、明石海峡大橋の下をくぐるとの放送があり、屋上に出てパチリと。

Img_3439

うーん、今ひとつ写真だと雄大さが伝わらない。

Img_3429

こっちの不気味さは伝わるのにw
戻って仮眠をとりつつTLを確認していると、ななしきさんは新幹線とマリンライナーにて高松に向かっていて、すでに坂出でうどんを食べてるという・・・ぐぬぬ!うどーん!うどーん!!


我々も高松に到着!
早々に上陸し、さてうどん食べに行きますか!と出たところで、ななしきさんと合流しました。
ううむ、さすがお速いwということで、連れ立ってうどんを食べに小雨の降る中走っていきます。

まず1店目はどうするかと思っていたのですが、店名がすごくインパクトある"地上最強のウドン ゴッドハンド"へ!
雨が降ってたので屋根があるところに置きたかったのですが、まぁいろいろと叶わず、お店の周りのところへ地球ロックして入店。

Img_3443

私が頼んだのはスタンダートにひやかけ(小)
ずるっといって・・・おぉ!美味い!
久々に食べたこの讃岐うどんのコシ、そして上品かつうまみたっぷりの出汁!
これこれ。これですよ!讃岐うどんは!

3人共すぐに完食しお店を出ました。

地上最強のうどん ゴッドハンド
香川県高松市内町4-1
10:00~15:00
無休


さて、次はどこに行こうかと相談しているうちに、どうやら直ぐ側まで結構強い雨雲が迫っているようです。
先にホテルに行って自転車を置ける屋根付きの場所を確保したほうがいいかも、ということでホテルへ向かいますが、そのホテルでの駐輪場は屋根があってないような場所でして、ななしきさんのお手を煩わせつつ、とりあえずホテルの部屋に持ち込めるかどうかを確認。
あまり期待をしていなかったのですがあっさりとOKを頂き、それならばチェックインの時間までなんとか済の雨がかからない所に置いて、ホテル付近のうどん屋を攻略しに行きましょうということになりました。

ホテルから歩いていけるところでも数店目星をつけているところはありまして、とりあえずは、肉うどん系が美味しい綿谷さんへ向かって歩いていきます。
昼時からは少し外していたためかすんなり入れはしましたが、中はいっぱいの人。さすが人気店です。女学生の集団も食べてるものなぁ。
私が注文したのは肉ぶっかけ。あのゆゆゆ巡礼で行ったつるやさんとどっちに軍配が上がるかな。

Img_3445

肉ぶっかけ(小)
量が多い!w
うどん屋をはしごしていくのに、2軒目でこの量とはw
しかし、さすがに美味しくて何の問題もなく腹に入っていきます。
甘辛く仕上げた肉、そして美味しい出汁。温かいから少し柔めに感じるうどんも全て美味しい。
2/3位食べてから、レモンを絞って味を少し変えます。
さっぱりとした風味も合わさって、すぐさま完食。

麺処 綿谷 高松店
香川県高松市南新町8-11
9:30~14:30 (L.O.14:15)
休み:日曜日

食事の合間にTLを見ていると、はにべあさんが高松空港から名店の"はりや"に向けて進軍中のようでして、雨が心配だったのですが、綿谷から出て次のさか枝に向かう途中にばったりと遭遇。
すぐそばがホテルだったようで、自転車を預けてくるので一緒にうどん食べに行きましょうということになりました。

さか枝までそこそこ距離があるところをてくてくと歩き、到着。
役所の直ぐ側ということもあって、役所の人も食べに来ることが多いのですが、お昼どきをだいぶ過ぎていたので割と空いてました。

ここでもシンプルにかけ(小)を。そしてそこにちくわ天を追加で!

Img_3446

うん。美味しい。
特別なお店というわけでないのに、こレが食べられるんだもんなぁ。
高松で早朝に開いているお店として一番の有名店はうどんバカ一代ですが、このさか枝も同じ6時から開いているお店でして、明日のブルベ前に行くお店の候補ではありました。

さか枝
香川県高松市番町5-2-23
6:00~15:00頃
休み:日曜・祝日

はにべあさんにも満足していただけたようですが、さすがにうどん一杯では物足りないとのことで次のお店へ!
さか枝からすぐ近くにあります竹清へ向かいます。
竹清に入るとちゃきちゃきとしたお母さんから説明があり、私は玉子の天ぷらとかけ小を。

Img_3447

うむ!綺麗だ。
竹清はなんといっても、この天ぷらが売りですね。ちくわと玉子の組み合わせがいいんですが、先程ちくわを食べたので玉子だけにしたのでした。
そして麺もしっかりなコシ。竹清は大阪にも支店ができてるので、行きやすいのですが、やはり本店に行くのがまた別格ですね。

竹清
香川県高松市亀岡町2-23
11:00~14:30頃
休み:月曜日

流石に私もそろそろ限界なのと、チェックインできる時間になりつつあるのでお暇しようと思っていると、はにべあさんがさか枝におみやげ用のうどんを買いに行きたいとのこと。
再度さか枝に戻り、おみやげを購入されたはにべあさんとホテルの方へ戻ります。
その途中で、うどんバカ一代に行ってからさか枝に来ようとされていた、がんちょさんとTZRと遭遇。私とむにん君はここでお別れしてホテルへ。はにべあさん達はあの後、綿谷に向かわれたようでした。

ホテルへ戻ってチェックインし、自転車を部屋に持ち込んで着替えとかドロップバッグ用詰め替えと電池とかライトの充電をしておきます。
一段落してベッドに寝転がるとすぐに暗闇が・・・目を覚ますと、晩ごはんのための集合5分前でした。
とりあえず行く予定にしていたお店に予約の電話しておくかと電話してみると、今日はもうずっといっぱいとのことで、骨付鳥と讃岐くらうでぃがぁ!!と。

すでに下にはむにん君とななしきさんが来られていたので慌てて降りました。
降りて二人にはお店がいっぱいだったことを伝え、話し合って他のお店にするしても開店時間までまだ少しあったので、行く予定にしていたお店に様子見だけ行ってみることにしました。
お店に前に来ましたが、もちろんまだ開いてはいなかったので、開店してからもう一度聞きに行くかと付近にお店を回っていると、讃岐くらうでぃの広告を貼ったお店が!
お、と思って、むにん君とななしきさんに「これが讃岐くらうでぃ」なんですよぉと話をしていると、そのお店の方に声をかけていただき、骨付鳥と讃岐くらうでぃがあるからどうぞ!とのことで、いそいそと入店。

まずは骨付鳥と讃岐くらうでぃを注文してから、おしながきを見ると目に入ったのが小魚塩焼きの文字。
店員さんに聞いてみると、元々は骨付鳥が有名になる前はこういう美味しい魚介が名物だったのよ、とのこと。折角なので、カマスとめずらしいビングシの塩焼きも注文。
また、お刺身も食べたいよねとハマチのお刺身を。

Img_3452

Img_3450

さて・・・かんぱーい!!
讃岐くらいでぃをロックでいただきます!
うむうむ美味しい。
azamiせんせーから、この小瓶は珍しいという情報をいただきまして、明日ブルベじゃなかったら持って帰ってたかもw

そうこうしていると、はにべあさんから連絡があり、こちらに合流されるとのこと。いやっほぅ!お待ちしております!とご返事。
骨付鳥も塩焼きもどちらも20分ほどかかるとのことなので、合流されるくらいの時間帯で来るかなーと。
合流したはにべあさんと、4人でいろんなお話をしつつ焼き上がりを待ちます。

Img_3451
ハマチの刺し身

Img_3454
カマスの塩焼き

Img_3453
びんぐしの塩焼き

焼き上がってきた魚達!
刺し身と塩焼きにも、もちろん讃岐くらいでぃは合いますね。

Img_3455

そして待ちに待った骨付鳥が到着!
がぶりとかぶりついて、讃岐くらいでぃをぐいっと・・・あぁ幸せだぁ。
この骨付鳥、讃岐コーチンを使っていまして、ほんとすごく美味しいんです。

少し早めにはにべあさんがお仕事で離脱された後、私達も解散。
しかしまぁ美味しくてそして結構お安い!これはいいお店を見つけたなぁ。


讃岐食酒工房ふるさと
香川県高松市古馬場町6-2
16:00~0:00
定休日:12/31 1/1


ホテルまでの帰りに、飲み物と明日の補給食等を調達しにコンビニへ。
コンビニがセブン-イレブンだったので、数日前からTLの話題に上がっていた、濃厚クリームのレーズンサンドも購入!

Img_3457

かなり美味しいとのことで、明日の楽しみにw
朝一番で、うどんバカ一代に行くために私達のホテル前に5時30分に集合として解散!

部屋に戻ってからドーミーインの売りである大浴場でさっぱりして就寝。
ちょいと寝る前に個人的には重大発表があって興奮しましたが、朝までぐっすりできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM110 枚方200km

えー・・・去年のAACRから書いてなかったんですな。
うう、また更新が滞るようになってしまった。
なんとかこまめに更新するようにします。

今年最初のブルベは去年と同じような京都から琵琶湖をかすめて伊賀まで南下し、奈良方面から帰ってくるルート。
スタート位置が枚方となったので、ホテルに泊まらず自宅から自走していくことにしました。

寒いのが苦手なむにん君も参加、そしてななしきさんとdaiconさんも参加ということで楽しいブルベとなりそうです。
前日は、むにん君と近場でちょっとお酒を飲みつつ、事前打ち合わせ。
去年琵琶湖南岸から強烈な向かい風に晒されたので、できればPC1までに1時間程の余裕がほしいね等話しつつ飲み食い。
とはいっても、翌日のことがあるので早めに引き上げました。


家からスタート位置までは大体1時間の距離なので5時に出発。
予想したよりも寒くなく風も感じられなかったので、ブルベ中も穏やかな天候でいて欲しいと祈りつつ、車の少ない夜の道を走っていきます。
枚方大橋に近づいた頃、後ろに誰かの気配!どうやら同じブルベの参加者のようです。
しばらくそのまま走っていて信号待ちの時に「ねれさん?」と・・・後ろをよく見るとdaiconさんでしたw
挨拶をして、その先にあるコンビニでスタート前の補給のため停車します。
交代で購入を済ませて再出発。といっても、すぐに橋を渡って左に曲がればスタート位置になります。

土手からの侵入に少し手間取りましたが無事スタート位置まで到着。6:30組のブリーフィング中のようで7:00組の受付はその後とのことです。
自転車を降りてdaiconさんと話していると、近づいてくる人影が・・・ななしきさんです。
辺りはまだ暗くてよく見つけましたなぁと思っていると「存在感が抜群でした」と・・・ふっ、まあね!横幅の存在感は抜群だよ!

お二人がブリーフィング前にトイレに行かれて、私は6:30スタートのむにん君を探しますが・・・いない。
まだ辺りは暗いので見分けれてないだけかなとも思いましたが、スタート前のチェックの時間になっても見つけれません。
もしかして、寝坊か!?と心配をしたのですが、スタート時間となり次々と出発される中、一人残っている人物・・・むにん君だ!
なんか遅れてただけかなと思ったのですあ、なかなかスタートしません。
近づいて聞いてみると、どうやら反射ベストをホテルに忘れた模様。
さすがの私も反射ベストの予備は持ってきていなくて、スタッフと話して途中で必ず買ってくださいという結論になったようで、ようやくスタートしました。

Img_3156

その後は私達7:00組の受付やらブリーフィング等々済ませて、チェック後スタートとなりました。

さて、まずはむにん君に追いつかねば。
風の吹く向きを気にしつつ、それなりの速度で走って行こうか・・・って、ななしきさんがぐいぐいと引っ張っていきます。
そして、その先頭には・・・三船さんだ。おおぉ、三船トレインに乗っかるなんてぇ。
ま、まぁすぐに離されちゃいましたがw
淀川沿いを走り、去年までの京都ブルベスタートだった久御山の脇をぬけて宇治へ。
ここまでのところ、風の状態としてはさほど気にするようなものではなく、中盤以降もこうだったらいいなぁという思いでした。

宇治からは登りが始まり、山科を抜けて1つめのピーク小関越えで通過チェックのクイズポイントが有ります。
ルートラボでのチェックポイントの位置と結構違ったため、少し戸惑いましたが、ピークの所というのがあったので、えっちらおっちらと登っていきます。
ピーク手前で道路の反対側に大きな犬を釣れている人が居まして、ちょっと嫌な予感がしたら・・・やっぱり!いきなりこっちに飛びかかろうとしてきました。
ええい、犬の躾くらいちゃんとしておけ!馬鹿犬氏!
ちょっと頑張って登ったので息も絶え絶えでクイズポイントへ到着。
そこには、先行していたdaiconさんとななしきさんに加え、むにん君も居ました。

クイズのチェックをして皆と答え合わせもしてからダウンヒルー。
降ってからは琵琶湖を右に見ながら47号線を北上して、その途中にあったワークショップで、むにん君の反射ベストを購入。これで、心置きなく走れます!
琵琶湖湖岸までついたところで、琵琶湖大橋を渡ります。

Img_3160

大橋の真ん中で!
う、あまりいい景色に撮れませんでしたが、ここは湖もにかけて開放感のある景色でとても良い感じなのですよ。

大橋を下り、また閑散とした廃墟なりつつあるピエリ守山の脇を抜けて琵琶湖沿いを走っていきます。
平地ではあるのですが、向かい風がそこそこ感じられてちょっと走りにくい。
しかし、そんなのは関係ないぜ!とばかりに、ななしきさんは飛ばして走って行かれます。
私もある程度追走したのですが、後ろのむにん君が遅れ気味というか、頑張らない走法で走っているので、途中で速度緩めてそっちへ合流しました。

しばらく走って白鳥川の右折地点で、ななしきさんが待っておられました。なにやら後ろからゴーストが見えたそうでwみんなついてきてると思って走ってたとのことでした。

去年はここから爆風だったんだよなぁと、そのために貯金を稼ぐように走ってきたわけですが、今回はそれ程ではない?おぉ、やった!まだ安心はできないですが、楽になるかも。

Img_3161

PC1に到着。
予定通り1時間程の余裕ができてました。
今野さん達もおられたので、これ以降の風の具合を聞いてみますと、向かい風は全然問題ないとのことでした。

補給等を済ませて手早く出発します。次のPC2まで南東方面へと方向を変えて走っていき、PC2手前で緩く登りが始まりますがほぼ平地ということでボーナス区間・・・だったら良かったんですけどねぇw
去年よりは全然マシとはいえ、向かい風がそれなりに吹いてきます。
しばらく走った後、ななしきさん達のペースについていくが辛かったので、先に行っていただくことにして、私とむにん君はゆっくりペースで頑張らない走りを。
向かい風は吹いてましたが、天気は良く、寒さもこの時期にしてはマシでしたので、あぁ良いサイクリングという感じになりましたw
ずっと高い心拍だったのですが、ここでようやく落ち着いてきて130台まで復帰。このペースで走ってれば完走には支障ないだろうから、これはもう貰ったかな。

Img_3162

なんなくPC2到着。
ちょうど入れ替わるように、daiconさんとななしきさんが出て行かれるとこで、お二人はこれからラーメン屋を探してラーメン食べていくとのことでした。
ぐぅ・・・脚のある人はほんとに羨ましいw

私とむにん君もお誘いいただきましたが、私達はゆっくりペースで他のところに寄る余裕が無いため、コンビニでいつもどおりの補給をすませて出発。
補給の合間に、むにん君がこのコースを試走した人に話を聞いてまして、PC2からPC3までの山岳地帯で今回のピークがあるけど、大したことはないとのことでした。
その後の登りの方が大変というwまぁそんなコースレイアウトがわかっているならそのように走れば問題ないので気分が楽になりました。

山に入る頃には向かい風も収まってきまして、細い山道をえっちらおっちらと・・・オダ近ほんとこういう道好きだなw

Img_3164

ピーク到着。うん、確かに楽だった。
この後はアップダウンを攻略しつつ、伊賀上野へ抜けていきます。

途中私が道を間違えて、慌てて戻って交差点で信号待ちをしていると、ななしきさんとdaiconさんがさっそうと駆け抜けていかれました。
ラーメン食べてこのペースとは。流石だなぁ。

15時くらいになって陽も陰り、また寒さを体に感じるようになってきて、むにん君が若干遅れ気味に。
アップダウン攻略の辺りから、頑張らない走法をしているにしてもちょいと速度が落ちていたのですが、平地で17km/hも出てない状況になってきました。
どうやらハンガーノックで全くパワーが出ないとのことです。
なんですとー!PC3までそれほど距離はなかったのですが、通りがかったコンビニで補給の提案をしたのですが、PC3でDNFするとのことでした。

あららぁ。去年出走したブルベを不運も重なって4連続でDNFしていたので、今回はなんとか完走すると意気込んでいたのですが。
序盤のオーバーペースや、元々寒さが苦手な彼が冷えてきてカロリーをエネルギーへと変換できなかった等々、いろいろ原因はあったと思います。残念です。

ということで、私はここで一旦別れてPC3へ先行することにしました。
ペースを上げて走っていきますが・・・信号待ちでむにん君に追いつかれるw

PC3へ到着するとdaiconさんとななしきさんもまだこのPCで休憩中でして、むにん君のDNFを伝えて私は補給を。
むにん君もすぐに到着して、PCにいたスタッフにも話してDNFを伝えていました。

後半に備えるためここで、炭水化物を多めに摂って準備を。
少し長めに休憩もとって、お二人と一緒に走ることとなりました。
とはいっても、いつでも切り離してもらうつもりでついていきます。

名張川の川沿いを走り、3つ目の登りへとさしかかります。
細い山道を走っていきまして、途中まではついていけたのですが、一箇所ひどい登りがw
ここでお二人には先にいっていただいて、私はゆっくりと登っていきます。
登りが終わった後くらいで辺りはだいぶ暗くなってきたので、ライトを点灯します。

木津川沿いに出て163号線を西へと進みます。
ようやく登りの疲れがとれたのか、脚もそれなりにまわるようになってきたのですが、それでも巡航速度は中々上がりません。

途中のコンビニで、daiconさんとななしきさんを発見!
別れる時に電池交換やトイレにコンビニに寄るというお話もされていたので、私もピットイン。
挨拶をして私もトイレにwそして、甘いモノを購入してぱくつきます。

また3人一緒で走り始めまして、ななしきさんにはずっとひっぱっていただきました。

PC4へ到着。
木津まで帰ってきたということで、だいぶ気分が楽になってはいますが、ゴールまではあと25km残っています。
そして、枚方までにちょっとした登りというかアップダウンも・・・うぅ、疲れた。もう帰りたいお。
まぁ結局走らないと帰れないので出発しますw

PC4の出る場所を少し変えて脇道へ入ればよかったんですが、私が間違えてそのまま163号線を真っすぐ行ってしまったため、ななしきさんを巻き込んでコースアウト。
daiconさんは無事正規のコースへ向かわれたそうなので、私達も慌てて戻ってコースに復帰しました。

そこからは前のななしきさんのテールライトに導かれるように、辛いアップダウンも超えて枚方に近づいて行っていまして。まぁなんとか時間内ゴールできそうだねぇとちょっと一安心。

牧野の駅近くで途中何度か抜きつ抜かれつしてました6:30分組のおじいさんと遭遇しまして、って、この時間だともうギリギリどころか、まにあわない・・・?
コースの長さが207kmなので、なんとか温情があるかも!とちょっと前に出てスパートをかけます。
とはいっても、街中ですので信号で何度か停められてしまい、ゴール受付に着く頃にはナビの時計では・・・とりあえず入り口のところで私とななしきさんが自転車を預かって、受付に行っていただくことにしました。

で、先に私も自転車を駐輪場へと停めにいって、戻ってななしきさんと交代。
待ってる間、スタートからよく見かけていたFortunaジャージの方が出てこられたので、ちょっとお話をしまして、このブルベのためにジャージを購入したということや、まぁその界隈のはなしを少しw

ななしきさんも停めて戻ってきてから、先程のお爺ちゃんが戻ってこられて、無事受け付けてもらったとのことでした。おめでとうございます!

私達もゴール受付に向かいます。
受付のところでdaiconさんも待っておられまして、私もななしきさんも無事ゴール受付。

Img_3166


13時間17分でゴール!!
外にでて帰宅へとなるのですが、寒い!めっちゃ寒いよ!
とにかく早く帰りたいという思いで走り始めます。
ななしきさんは輪行で帰るとのことなので、途中でお別れ。
daiconさんと、朝来た道をそのままなぞるように戻っていきます。
茨木の辺りでdaiconさんとも別れて、一路自宅へ。
南千里や自宅手前の登りが辛かったですが、なんとか帰ってひとごこちつきました。

とりあえず、風呂で温まってから、ラーメンと炒飯という炭水化物摂取w
なんかすごく消耗した200kmとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

2015AACR当日 後編

白馬エイドを出て降った後、東へ進路をとります。
本来のコースとしては白馬駅辺りからら山岳に向かい嶺方峠に行くはずでしたが、地震の影響でコースが変更となりました。
白馬駅から千石街道を北に向かい、ぐるっとひと回りして元のコースへと復帰するルートとなります。

千石街道はさすがに車が多くて走りにくかったですが森上の交差点を左に曲がり、川沿いの道へ入ったところからが最高でした。


Img_2237


Img_2238


Img_2239


Img_2242

絶っ景ぃ!
3年ほど連続してAACR参加していますが、ここが一番良い風景です。
こういうのがあるからまた来たくなるんですよねぇ
あぁ・・・来年もここをコースに組み入れてくれないかなぁ。

この川沿いの途中にSPECIALIZEDオーナー様専用のエイドwがあり、タリーズのコーヒーとかがいただけるようでした。
一人がS-WORKSオーナーなので寄ることに。私達はゆっくりと先へ向かいます。
この少し先にお昼用に考えていたハンバーガー屋があったので都合も良かったのです。
って・・・うぁああああ、こっちのほうも休みかよぉおお
リトルアラスカンスモールキャビン五竜店が休みだったのでもしかしたらと思っていたのですが、とても残念。
一緒に走っていた友人に後で聞くと、お腹いっぱいでもあったからちょっと入るかどうかは微妙だったという話でしたので、まぁこれはこれで。
でもなぁ、ここはちょっと楽しみにしてて皆にも食べて欲しいお店だったんですよねぇ。

さて気を取り直して。追い付いてきた一人とも合流して次のエイド美麻エイドを目指します。
次のエイドは白馬スノーハープエイド。クロスカントリー競技場スノーハープにある新設エイドで、エイド前で少しですが登るのが辛いw
それまでは平地をだらだらと走る感じではあるのでまだましなんですけどね。
先程の風景やハンバーガー屋のところで休憩していたのもあって、エイドまではほんのちょっと走ったという感じになりました。

Img_1990

到着!
皆暑そうだ。

Img_1991

そしておやき!
あっつあつだよ!w
配るところでも「アツアツですー」とお手伝いのお子様が声を出してましたが、うん、それだと逆効果だと思うんだ。
でも美味しいw
私はドリンク補給とトイレを探して建物の中へ。
残念ながら飲み物はなく、トイレだけ済ませました。

次のエイドは美麻エイド。
縁川商店の少し先を東に向かい、少し上った先にあるエイドとなります。
時間的な余裕は問題ないこともあって縁川商店に2度めの立ち寄りを提案する私w
ははっ、皆の呆れた目がとても・・・とても・・・(´;ω;`)

エイドを出発して少しの間は狭くて小さい道を走っていきますが、ゼーブリックの手前の登りで行きの道と合流となります。
そしてそこらからむにん君が先行してアタック!
あっというまに見えなくなりました。そしてそれをおっかけるかのように鳩さぶれさんもスプリントw
うおーはえー。
私?・・・暑いですしちょっとヤル気がw

Img_1993

ゆっくりと湖畔の風景を楽しみつつw縁川商店まで到着!
先行した2人も休憩中でしたので、私達もしばし休憩です。


Img_1992


梅ソーダ!
ああ・・・梅の酸味とソーダの心地よさ!
冷たさにも癒やされます。

ドリンクも補給して、横の溝でグローブを水に浸してから出発!
稲尾駅の辺りで左へ曲がり、細い山道を登っていきます。
キツイ斜度でもないんですが、ここまで走ってきた疲労がががが
ひぃひぃ言いながら登っていきます。
この美麻を通り過ぎると後は目立つ上りは無し!我慢だ、我慢。

Img_1994

美麻エイド到着!
去年はまだ元気がある前半でのエイドでしたが、皆ちょっとお疲れ気味w
エイド提供の食べ物にも手を出してない人もいます。

Img_1996

蕎麦薄焼き

Img_1995

豆腐
これが美味しい!
豆腐自体の美味しさもありますが、冷たさも喉越しもとても良かった。

Img_1997

バナナ
去年までは全エイドで提供されていましたが、今回のAACRでバナナを提供しているのはこのエイドだけ。
最初パンフレットでの情報見た時、何か間違ってるのではと思ってたんですがねぇ。まぁエイド増えていろいろ費用が・・・w

ここらで残り時間が気になるようになってきました。
美麻を過ぎて大町あたりから次のエイド松川エイドまでが40km/h巡航ができるような高速巡航路となるのですが、他のメンバーがその速度で走れる体力が残っているかがちと心配。
でもここをその速度では知れないと後1箇所は寄りたい場所に支障が・・・エイド全制覇もしたいしなぁ。
ちょっとペースを上げるかと密かに思いつつ美麻エイドを出発します。
エイドを出てしばらくはまた上りなのですが、そこを過ぎると長い下りで楽ができるなぁと思っていたら、頂上付近になんか赤い・・・あ、悪魔おじさんだ!!!

ママチャリで参加されていた赤い悪魔の格好をした名物おじさんなのですが、今年はママチャリ禁止で見れないのかと思っていたら、こんなところで参加者を応援されていました。
あくまおじさーん!!と手を降ってご挨拶。手を振り返してくれたり、後ろからきたむにん君は写真撮ってたりと、ほんとフレンドリーな方です。

悪魔おじさんと別れた後は一気に坂を降り!
緩くて長い下りは気持ちよかったぁ。

大町市街をすり抜けていくわけですが、ここで信号峠で足止め。
またちょっと食べたいパン屋とかがすぐそこにあったりで、寄り道したい気分にもなりますが我慢ですw

往路の道と合流した辺りから速度上げれるのですが、さて・・・我慢していたのですが、ある程度走った所でやっぱり我慢できない!と、前に出て速度を上げていきます。
ほんとに微妙にゆるい下りの道で楽に速度が稼げるのであっという間に40km/hくらいまで上げて走っていきます。
後ろを見ると、ちゃんと皆も付いてきてくれている感じwごめんね、ごめんね。

速度を上げて走って目指すは次のエイド・・・ではなく、そのエイド直前にあるかぼちゃ山農場!
幾人か入っていくので、知らない参加者の方はエイドがすぐそこなのに何をやってるんだろうという目で見てましたねw

Img_1998

フレッシュ果肉入りいちごソフト
ホントは去年牛乳焼酎さんが食べていた、いちごパフェにしようかと思ったんですが、時間がかかるとのことなのでこちらに。
甘い!冷たい!あぁ・・・いちご美味しい!
お客さんが集中したためか、なかなか提供が遅くて皆が揃うまで時間がかかっちゃいましたが、でもここは寄っておかないとね!w

高速巡航とおいしいソフトクリームを頂いて微妙にやりきった感があったのですが、まだまだゴールは先w
エイドだって2つも残してます。
とは言っても、松川エイドはすぐそこ自転車に乗って3分もかかりませんw


Img_1999

松川エイド。
ここでは黒豆が名物のようで、黒豆茶と黒豆羊羹を提供されていました。

Img_2001


黒豆羊羹!
う・・・ぼけちゃった。
優しい甘みがつかれた体に染み渡ります。

自転車まで戻ってくると、ぱんださん達親子がちょうど出発される所で、ちょっとだけ声をかけさせて頂いてお見送りをしました。

さて、あまり時間の余裕もないということで出発。
ここからゴールまでは20km切ってるし、最後のエイド安曇野エイドまでは10km程度で、陽も傾いてきてちょっと焦る気もありますが、普通に走ってる限りは時間までにゴールできる感じ。
とりあえず次のエイド目指してえっちらおっちらと・・・あ、もう着いたw

Img_2002

最後の安曇野エイド。
広い場所ではあるがゆえに、食べ物を提供している所まで行くのが大変でしたw


Img_2003

りんごジュース


Img_2004

だったんクリームクランチ。

どちらも美味しい!
特にりんごジュースは、さすが長野。
今回、最後のエイドまでちゃんと楽しませてくれて、運営さん考えてるなぁ。


さてと、もう後ゴールまでは10km程度。
しかし、あの果樹園までは最後の上りなのです。
疲れた体に鞭打って登っていきますが、前を走っていたむにん君が速度を上げていきます。
ええぇぇ 勘弁してよ~と思いつつ追随。後で聞くとむにん君の前を走っていた人達の動きとかいろいろとあったみたいです。
登りが終わるとちょっと一息。ああ、もうちょっとでゴールかぁ・・・楽しかった時間も終わりに近づいて寂しくなってきます。
疲れてはいますが一時停止もちゃんと止まって、最後まで安全に楽しもうと速度は上げずに。

去年・一昨年とゴール後に飲み物が無くてえらい不自由したので、ゴール手前の自販機でコーラを購入。皆も飲み物を購入して、さぁ後もう一息!
曲がって、降って、曲がって・・・ゴールが見えてきました。


ゴール!
10時間20分(くらい)でゴールです!

サイクルラックに自転車をかけて、認定証とかおめで鯛焼きとかをいただきにw
そして、その後は皆揃って写真撮影です。

Aacr2015dsc00281


お疲れ様でした!!!


今回のAACRは地震の影響でコース変更があったり、直前まで天候が心配されたりでしたが、終わってみれば大成功だったかと。コース変更での絶景、天気は暑いくらいの晴天でした。
運営側のいろんな思惑があったエントリー方法の変更とか、コース変更。安全というのを強調した運営等々色々と思うところはありますが、それも良い感じに終わったと思います。
なんといっても、去年は後半のエイドは飛ばすのが当たり前(食べ物とか残ってないですし)でしたが、今年は最後のエイドまでちゃんと楽しませてくれました。
その分、地元のお店は寄れなかったですけどwまぁそれは前日とかに行けばいいことですし。
あの絶景の所を走れる。まだ寄れてない美味しいお店もいっぱいある。
そういうのがまた来変AACRを走ってみたいと思う気持ちになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月27日 (土)

2015AACR当日 前編

え~ずいぶんと空いてしまいましたがw
すいません、すいません。ちょっと、やる気が出なくて。
1ヶ月経ってしまって申し訳ないですがアップ~

AACR当日。
天気予報は全日曇ということでしたが、なんとか山が綺麗に見えてくれたらいいなぁと。

朝早くからバタバタと準備をしてスタートの梓水苑に向かいます。
ドリンクとかを昨日のうちに準備しておいて良かったぁ。

梓水苑にはS組スタートの15分ほど前に到着して、自転車を降ろしてタイヤ圧とかチェックチェック。
やはり朝はだけは肌寒いのでウィンドブレーカーを着て並びます。
S組のはずの三宅先生とかは前のほうかな。
一緒に走れれば一緒に行きましょう!と言われてました鳩さぶれさんも私達のちょっと後ろ辺りにいる感じ

Img_2197

順次スタートしていきまして、私は皆の1列前でスタート。
最初から飛ばすんじゃないよという仲間からの警告がありましたので、ゆっくりと走り仲間が追い付いてくるのを待ちます。
序盤のコースは去年と同じと思っていましたが、最初の曲がる所は少し違っていまして、そこをオーバーしてしまったりw
慌てて戻ってコースの細い道を行きます。
今年は特に安全にということを前提にコース等を考えられていて、また6月から今まで見逃されてきたいろんな違反事項を積極的に取り締まるよとう警察の意向も反映されたのか、一時停止及び交差点での右折箇所で注意が入ります。
信号無視や逆走なんかはもちろん論外な話なのですが、一時停止に関してはちょっと緩めにしてほしいなぁと思ってるんですけど・・・

いつものコースに復帰し、ちょっとした登りが出てくる箇所までは楽に行けるかなと思ってたんですが、強めの向かい風でさすがに速度落としてゆっくり行く事にしました。
少しの登りをさっさと攻略して、まっすぐの高速巡航路へ!しかし、先程も書きました一時停止の厳格化で、速度上げてもすぐに止められてしまいます。
うう・・・ストレスが溜まる。
一時停止が多かった直線を抜けて降りにさしかかると第一エイドはもうすぐ。
今年は新しくフランスパンが配られるとのことで、ちょっと楽しみなのです。

第一エイドへの迂回路を曲がる所で、猿がw子連れの猿もいて、むにん君とかは写真を撮ってました。中々に良い写真が撮れた模様でした。

少し登って降りた所であずみの公園穂高エイドへ到着。

Img_1976

いつもの、あずさと湯多里まんじゅう。
相変わらず美味しい。

Img_1975

そして今回登場のフランスパン
パンにたっぷりとジャムを付けて・・・ふむ、うまうま。
ジャムは地元のどこかのお店かなと思ったら「市販のやつです」とw
お、おう。できれば来年は北ヤマト農園さんのジャムをお願いします。

スタート時は肌寒かったですが、ここではもう暑いくらいになってまして、ウィンドブレーカーを脱ぎます。

Img_1985

ドーナツジャージ!
お披露目は福井600kmでしたけど、AACRでのスタートジャージとして採用です。
着てる人もそれほどいなくて、ちょっと優越感をw
さて、そんなこんなしてると鳩さぶれさんと合流しまして、一緒に行きましょうと出発~!
相変わらず前に出すぎる私を後ろからちょいちょい速度調整してもらいつつ走っていきます。

Img_2198

スタート時には曇りがちだった天気も、この頃には綺麗に晴れてきまして、走っていて気分がすごくいい!
第2エイドのあずみの公園大町エイドまでは下ってからのアップダウンと微妙な上りとなりますが、走りやすい道でして結構速度が出せます。
気分よく走っているのもあって、すぐにあずみの公園大町エイド近くまで到着たのですが、・・・・毎年のことですがエイド前の上りと公園内の下りが辛いw
しかし、ここを抜けるとあのおにぎりが待っているのです!

Img_2201

到着!
さっさと自転車を停めて、おにぎりを貰いに行きます。

Img_2203

ひゃっはー!!!!AACRはこれを食べに来てるようなもの!
ねぎ味噌とおにぎりがほんと美味しいんですよねぇ。
ここで1個食べて、もう1つ貰って次のエイドまで持って行くことにします。
そしてわらび餅も頂いて、しばし休憩。


Aacr2015dsc00253

牛乳焼酎さんに撮っていただいた、我等。
うむ・・・奥のドーナツジャージのやつがあやしいなw
さて、なんだかんだいってゆっくりしている余裕もないので出発です。

次の大町木崎エイドまではずっと上って半分過ぎた辺りから下ってエイド到着となります。
去年までですとそこそこ登るところではあるのですが、今年はこの辺りから少しコースが違うようになります。
コース上から、コンディトライ・アン・マリーレさんがちょっと遠くなったので、パリ・ブレストは今年は食べずに行くことにしました。

Img_2204

エイドから一旦下って左へ曲がり、長閑な田舎道を走っていきます。ここも緩い斜度ですが上り基調なので下手に速度を出すと後半バテバテになっちゃいます。
ほんといい天気で山の方も綺麗な雪化粧が見えるようになってきました。

Img_2205

いつもの絶景ポイントにて激写!
綺麗な景色と自転車が撮れてテンションも上がります。

Img_2208

Img_2213

景色を楽しみつつ、大町温泉郷をぐるりと回り込むようにして、大町木崎エイドへ!

Img_2214

到着~
どこでエイドに入るかいまいちわかりづらくて、少し通りすぎてしまいましたw
ここでのお楽しみは、お母さんたちが漬けた漬物。それを先程のエイドから持ってきたねぎ味噌おにぎりと一緒にいただくのです!

Img_1982

う、ぼやけてしまった・・・
で、でも美味しかったからいいのです!w

Img_1983

おざんざ
冷たくてツルツルの喉越しがたまらない!

Img_1984

レタス
ドレッシングがまた地元のやつでこれがとても美味しいのです。
食べたりトイレ行ったりしてしばし過ごしてましたが、ちと一人、膝が・・・とのことで、ゆっくりめに行きますかということに。
といっても、次のエイドまではほんのちょっとでし・・・え?だいぶ先だろって?HAHAHA何を言ってるんだい?縁川エイドまですぐじゃないか!

木崎湖の東岸沿いを走り148号線に合流した所で、ちょっと先行して縁川商店の混み具合を・・・いや、ほら、混んでるようなら復路で寄るように計画をですな。
速度上げてちょいと一人で離れまして、後ろからは「やっぱり我慢できないようになった!」とか何とか聞こえてきましたが、き、気のせいですよね?

少し走ると縁川商店が見えてきまして、お店の前で誰か・・・あ、あきばっくすさんだ。
参加者に声をかけて応援をされてて「帰りには寄って下さいー」とも仰ってますが、「いえ、今、寄ります!」と、縁川商店へw

Img_2215

やった!お客さん今なら少ない。
サイクルスタンドに自転車を停めて、後続の仲間を待ちます。
彼等も到着した所で、入店~

Img_1986

AACRのためにデザインされた袋に入った、リンゴのおやき!
この時期の縁川さんに来たら是非とも食べたいものです。
おやきを食べてドリンクを補給して再出発。
蕎麦とか梅ソーダも頂きたいとこでしたが、まだまだ先は長いのです。

Img_2220

Img_2221

木崎湖から青木湖にかけての湖畔沿いは若干の上りと下りがありまして、先程に続いてゆっくり走っていたのですが、ちょっと参加者が多くなって仲間の間に人が入った感じのトレインになったため、途中後ろから数人私ともう一人を見逃したまま前へと進んでいきました。
追いかけようにも、ちょいと安全に抜いていける感じでもなかったですし、まぁすぐ追いつくでしょうとw
148号線から逸れた辺りでちょっと速度上げて前に行った彼等を追いかけます。
すぐに追いついて合流。やはり、見逃していたようでした。
ううむ・・・ドーナツジャージは目立たなかったか。いや、他が派手すぎるんです!w

青木湖に差し掛かった所が絶景でした。
ちょっと止まってぱちりと。

Img_2224


Img_2223


Img_2225


Img_2228


Img_2229

あ~・・・やっぱり、ここは、AACRはいいなぁ。
毎年走っててもまた走りたくなる場所です。

ゼーブリックの横をかすめて(残念ながらまだ開店時間ではありませんでした)佐野坂を越してしばらく行ってから、最初の本格的な五竜スキー場への上りとなります。


Img_2231

ひぃひぃ・・・うわーん、上りは嫌だよぉおお
去年までのあの旧道の上りと比べれば楽なものですが、それでも登りが苦手な私にとっては辛い・・・
また、白馬で寄る予定にしていたお店の五竜店がこの時期休みっぽい感じでして・・・もしかすると白馬のお店も休みかもと少し不安に。


Img_2232

登頂!
うん、あまりいい景色でもない・・・かなw
皆の到着を待って、さて下りへ。
ここから折り返しの白馬エイドまでさほど苦しい上りもないので軽快にペダルを回していきます。

Img_2235

もうちょっとー!!ここを登れば白馬エイドです!

Img_1987

白馬エイド到着!
ここも楽しみなエイドで、疲れたからだに嬉しい古代米おにぎりと豚汁を貰いに行きます。


Img_1988

美味しい、美味しい。
豚汁の塩気が良いですよねぇ。

Img_2236

白馬ジャンプ場もぱちりと。

自転車のところに戻って一休み。
ペースは十分良い感じに来てまして、折り返しから先も非常に走るのが楽しみです。

そして・・・

Img_1989


ウェディングお色直し!
ドーナツジャージから、カワウソジャージにお着替えです。
鳩さぶれさんがスタートから、カワウソジャージでして、ここでお揃いにw

さって、まだまだ食べるよーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

2015 AACR前日 ロングライダースミーティング&小熊山ヒルクライム

今日はAACRの受付と、ロングライダースミーティング!
そしてある意味これが本当の本番である小熊山ヒルクライムw

Img_1944

とりあえず朝ごはん~
昨日の夜、朝はパンと聞いてたが、出てきたのはスコーンでした。
でもすごく美味しい。紅茶のスコーンでして後でレシピを頂きました。
いろいろと宿のお母さんのお話をお聞きして、なるほど料理に失敗はないw
これは面白いなぁ。今度もこの辺り来る時はこの宿に泊まってまたお話を聞きたいところだ。

朝は11時前にチャオに集合なので私達はゆっくりとしてましたが、朝早くから中央道で事故渋滞ということがあって、こちらへ向かってきているはずの合流予定の2人が間に合うかなぁと。
1人がやはり渋滞に引っかかって遅れそうとのこと。もう一人は順調に来ていて、諏訪SAで休憩ということでした。
同じ頃、ろんぐらいだぁす!の三宅先生といしこうさんが同じ所で作業をしているツイートも流れていたので、もしかしたら見かけてるのかもー。

さてそろそろ行きますかとチェックアウトをして出発。

Img_2173

途中のダムのところ。
さすがに休みでダムカードはいただくことはできませんでしたが、やはり景色がいいですね。
ダム女子は・・・居ませんでした。
しばし休憩してから出発。
降りて行って標高が下がるたびに、暑くなってくるw
ウィンドブレーカーを脱いでジャージ姿に。

ふふふ、今日はもう1日ジャージ姿さ!

Img_1947

チャオに到着!
大阪ナンバーの車が2台ある・・・多分知り合いの車だろうなぁw
ツイートを確認してみますが、ううむ、ちょっと確定できないな。
駐車場に車を停めて、まだ開店までに時間があるのでちょっと自転車にパーツとかを取り付け。
そうしているうちに合流予定の1人が到着しました。お久しぶりーと挨拶等を。
それが終わった所でいつもツイッターでやりとりさせて頂いている方からのリプライが有り、うんwやっぱり知り合いw
その方、鳩サブレさんとも挨拶をして、いやー住んでいるところは割と近くなんですが、会うのがこっちとはw
開店時間が近づくに連れて一般の人や、その筋の方wもまた到着して駐車場も割と埋まってきました。

開店時間になったので入店~。合流予定のもう一人ももうそろそろ到着しそうとのことで店内で食べることにしました。

Img_1946

サーレ地中海(岩塩)と辛口ラムレーズン!
チャオの野菜のジェラートシリーズもちゃんと野菜なのに美味しいというシロモノでしたが、定番とも言えるこちらも美味しい。
辛口ラムレーズンは何が辛口?と思ってたのですが、食べてなるほど。レーズンのラムがかなりキツイw
でも美味しいのぉおおおお。
私達が食べている間にも続々とその筋の方たちがw
我々の合流予定だったもう一人も到着。ジェラートをいただきつつまた色々とお話をしました。
またその筋wの人達で店内はいっぱいになってきてジェラートを買って外でいろいろと話されている人も増えました。
以前からツイッターではやりとりをさせていただいた、とみぃさんにもご挨拶出来まして、AACRのエントリー前に買われたSTRIDAを持って来られていて、おぉ!と。
そして皆から「これで小熊山とAACR走るんですよね?」と言われてましたw

そろそろ受付行きますかとチャオから移動して受付会場の梓水苑へ。
受付ではむにん君が参加票を忘れていたため、どうなるか心配でしたが、そういう人用の受付場所も有り無事皆受付を完了しました。
受付が終わるとロングライダースミーティングと小熊山ヒルクライムのために木崎湖方面へ移動。
お昼は何食べようかというお話でしたが、せっかく長野なので蕎麦を!という意見があり、では美麻の山品へ行きますかと。

大町の交差点から少し行った所で山の方へ。
このルートはAACRの復路で逆向きに走ることになるので、偵察もできて一石二鳥なのでした。
結構長い登りの距離(AACRでは下り)があり、その後は少し降って美麻に。
あー去年の美麻エイドで見た光景だわ。
山品は人気店なのでそこで人が多ければ、麻の館にするかと考えていましたが、テーブルの片付けをするくらいで入れるとのことで、しばし表で待ちます。

待っている間に続々とお客さんが出て行かれまして。
あ~・・・ロングライダースミーティングの時間にも間に合わない可能性もある時間になっていることに気づきました。
ま、それならそれでw
案内されてテーブルに座り、皆もりそばの大盛りを。そして長野らしいイナゴの佃煮をむにん君が注文。

Img_1955

蕎麦!
綺麗な麺だ。まずは蕎麦だけを。うん、美味しい。
いわゆる田舎そばとは違う、洗練された蕎麦です。
そして汁につkて・・・これまた美味しい!
ぱくぱくと麺を掴んでは汁につけてすするだけの時間にw

途中、イナゴの佃煮も少しいただきまして、海老っぽい感触と味にも長野らしさを感じました。


山品
長野県大町市美麻新行14658
10:30~売り切れまで
定休日:金曜日

山品を出まして付きはロングライダースミーティングが行われる木崎湖へ。
この時点でもう2時30分まで時間がない状態でしてwまぁ近いし大丈夫でしょうと思っては少し気持ちは焦っていました。

木崎湖キャンプ場へ着くともう駐車場はいっぱいでゆ~ぷる木崎湖へ置いてくるようにとのことでして、一旦私だけおろして頂いてキャンプ場へ。
すでにいっぱいの痛ジャージの方々がw揃っていまして、知り合いの方を見つけてはご挨拶に。
ロングライダースミーティングもまずは、予定されていましたサコッシュの販売から始まりまして、いきなりの長蛇の列がw
私はどうするかまだ悩んでいたので様子を見つつ、売り切れるようだったら諦めようと思っていましたが、数は十分にあったようで列が途切れた所で購入。
そして恒例の


Img_1956

ここに、帰ってきた・・・
桟橋には誰も居なかったので写真を撮るのに手間がかかりませんでした。
販売ブースあたりに戻ったくらいで、あきばっくす編集長からの挨拶が始まりまして、抱負やらこれからの企画等お話を聞きました。
そして、恒例の記念撮影。今年はちゃんとジャージを着てますので、一般人ぽくないはずw

写真撮影が終わると今日のもう一つのイベントといいますか、メインイベントw 小熊山ヒルクライムです!
ゆ~ぷるまで戻り自転車の準備を。私は既にジャージを着ていましたし、ズボンの下にレーパン履いていましたので準備はすぐに終わりました。

他の仲間の準備が終わったところで出発ー
今回、ロキソニンを飲んでいるとはいえ膝が心配なむにん君と、昨年グランフォンドの時に一度登っているとはいえ自転車歴が一番浅い刀氏がいらっしゃるので速度は抑えめにして鹿島槍への登り口まで走っていきます。
脇道にそれてから、あ~あの斜度登るのかという辛い記憶がよぎりましてw私は自然と最後尾まで・・・ゆっくりと登っていきます。
うぁ・・・覚悟はしていたけど、やっぱりキツイ。
リア32Tなら楽に登れるかなと僅かな期待をしてましたがやはりだめですか・・・でも28の時のような絶望感はなく、ゆっくりと登っていけば足をつかずにいけるだろうという感じではありました。
屋根のある所からまた斜度がきつくなって、ひぃいいいと思いつつぐっぐっと力を入れて登っていきます。
180度折り返しのところもなんとかクリアして、ナビ上にきつい箇所の終わりである鹿島槍スキー場の分かれ道が見えてきました。
斜度が少し緩くなったところで、一気に加速していきます。早く終わらせたい一心で分かれ道のとこまで・・・足つかずに登れた!そこで待っておられた偽748Rさんは早々に到着されていまして、さすがクライマーw
しばし休憩。最後のほうで追い抜いたむにん君と牛乳焼酎氏、割と早い段階で足をついて休憩されていた刀氏を待ちます。
鹿島槍スキー場までのきつい登りのところをデジカメで動画に撮ってるんですが、これを見てると酔うw 後自分のハァハァしている声とか、うん、キモいねw

Img_2179

むにん君が到着したのですが、今回パラグライダー場までは足をつかないということを目標にしていたらしく、しばしあたりをくるくる回った後、先行して登っていきました。
我々も全員揃ってからしばし休憩してパラグライダー場までの登りへ。まぁここからは斜度もそれほどきつくないしアップダウン的なところもあるので気分は楽に走って行けます。

Img_2189

途中でぱちりと。
今日は天気も良くて雲もないので、良い感じに撮れるのですが、ちょっと私の腕が悪いのであまりいい写真になりませんなw
そんなこんなで

Img_1958

今年も登ったどー!
あ、そうそう、この日はKett a Machine,ジャージを着ていたのです!ロングライダースミーティングの時だけFortunaジャージに着替えようかなと思っていたのですが時間がなかったw
皆で代わりばんこに写真を撮り、他に登られてる方とかともお話をしつつ、しばし休憩。
休憩している時に、BROMPTONで登って来られた方がいらっしゃいまして・・・いやまぁびっくりw下に降りてからお話をしていると、昨年ちゃーさんからお聞きしていたSTRIDAで途中まで小熊山を登られた方で、今年はSTRIDAでも登ったとのこと。
明日のAACRも160kmをBROMPTONで行きますと!おぉぉ・・・剛脚だ。

写真も撮ったしそろそろ降りますかと出発。むにん君が先行して降りて行きまして、私も登っている時にもたくさんあった猿のおとしものwに気をつけて降りていきます。
途中、山肌からの砂がたくさん道路に残った状態のところもありまして、危険だったのでゆっくりと降りていったのですが、後ろから来ているはずの3人がなかなか来ない。
下まで降りた所でむにん君と待っていたのですが、しばらく待っても来なかったので、一旦キャンプ上に移動。
まさか砂利の所で滑って怪我したのではとすごく不安になっていたのですが、私達の後に降りてきた方に聞いてみると、途中でパンクしていた人はいたとの事でした。
なるほど。パンクかぁ・・・じゃあもう少しかかるかな。今日はキャンプ場に泊まられる知り合いの方とかと話しつつ待ってました。
牛乳焼酎さんがまず降りて来られて、やはりパンクが原因で遅れたとのことでした。
しばし待ってお二方も降りて来られて「いやー参った」とも仰られていましたが、うん、明日じゃなくて良かったですよ。
ゆ~ぷるまで戻って、車に自転車積み込みと着替え。
今日はいつもの宿がやってるコテージで泊まりなのです。
その為、食事は自分達で用意することにしてまして、やはりここは肉だろう!と、少し前に木崎湖キャンプ場でのBBQで定番のお肉屋俵屋に肉を頼んでいたのでした。
まず大町で俵屋さんから肉を受け取って・・・ん?多めにといったけど一人頭1200円くらいだし、ちょっと少ないかな?
白飯、野菜とか飲み物、焼肉のタレ、酒等を大町駅前のスーパーにて調達してさぁ宿へ!

Img_2195


スーパーから出た所、かなりきれいな夕焼けの景色だったのですが、うう、カメラ性能がw
宿へ向かっている途中で、そういえば・・・油がないwということに気づいて少し行き先変更して近くのコンビニへ。
ついでに明日の朝食と飲み物も買ってしまおうということになりました。
それらも購入してやっと宿へ~

コテージはすごくいい感じで、調理器具も皿とかも揃ってたのですが、やはり調味料は一切ないw危ないところだったw
私は焼き肉の準備を進めていきまして・・・まぁそうはいっても野菜切ったりとか皿洗って出したりとかだけですが。
準備が終わる頃にはもう9時くらいになってました。
とりあえずおつかれさまー!と、早速肉を焼きます。

Img_1965

まずは大きな切身のサーロインを!
上から見えると大したことないように見えますが結構な厚さなのです。

Img_1966

にぐぅううううう!
う、美味い!美味いぞぉお!

Img_1967


そしてビールをw
あぁ・・・幸せ。

野菜と、肉を追加で焼いていきます。
実は肉は先程のサーロインの他にはロースと豚肉、後ホルモン少しという構成でちょっと足りないかなと思っていたのですが、肉自体がそれぞれ厚くて実際は中々のボリュームでした。

Img_1968

僕と契約してロングライダーになってよ!w
偽748Rさんが持ち込まれた白い悪魔wなかなか美味しいお酒です。

肉焼いて酒飲みつつ明日のAACRのことや自転車、またいろんなことをうだうだと話す楽しい時間となりました。

正肉がなくなった所で、残った野菜とホルモン、そして少しゆでたうどんで〆のホルモンうどんを

Img_1970

完成!
焼肉のタレをそのまま使ったので、実際のホルモンうどんより少しタレが辛めでしたが十分に美味しい味でした。
この時点で結構皆お腹いっぱいだったのですが、買ってきた白飯が余ってまして・・・よし〆第2弾の焼き飯を!

Img_1971

にんにくがあればもう少しそれを入れるのもいいんですけどねぇ。
さすがにこれでもう打ち止めw
肉足りないかもと思って、酒のつまみを多めに買ってたのですが、それが全部余る結果となりましたw

Img_1973

でも甘い物は別腹。偽748Rさんからのおみやげ 信玄餅です。


明日がまた早いので順番にお風呂入りつつ片付けをして就寝。
楽しいAACR本番ですが、ここ最近イベント前は眠れてなくて今日も寝れるかどうか・・・不安だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月30日 (土)

2015 AACR前々日

さて、今年もやって来ましたAACR!
去年・一昨年と友人達3人で参加していたのですが、今年は総勢5人。
そして大阪からもツイッターで色々とお世話になっている方々も参加されるので、すごく楽しみです。

AACR前々日となる金曜日に大阪から松本まで移動開始。
むにん君とワイドビューしなのに乗って4時間ほどの旅路となります。
席の後ろに自転車を置いて後はゆっくりと・・・外は晴れてて途中で見える田舎道とかとっても走ったら気持ちよさげでした。
時間と体力の余裕があればいつかは自走でw

電車内では・・・色々と話しをしていたのは覚えてますが、何話したかまでの記憶が無いw
まぁ自転車のことでしょうw

そんなこんなでいつの間にか松本到着。
えっちらおっちらと改札を抜けます。
当初、広いお城側の方へと降りたのですが、ツイッターを確認すると偽748Rさんよりアルプス側へ降りてきてとのことでまた登って・・・うう、肩が辛いw
まぁ考えたらそうだよねぇ。これから乗鞍向かうんだから降りるのならそっちだよね。

偽748Rさんと合流し車へ自転車等を積み込んで、さて出発。
本日の予定は乗鞍高原で少し遊んでペンションでお泊りなのです!
7月1日までは長野側から乗鞍高原の上までは通行止めになっていまして、指定のバスでしか上がれない(でも途中まで)ので、とりあえず車である程度のところまで行ってからバスへ乗り換えて上まで行こうという計画です。
この時期でもまだ上の方は雪が残っていてスキーを楽しんでいる人もいるとか何とか・・・たしかに山の上の方には雪残ってますけど、この時点で松本も結構暑い感じですよ?
途中で蕎麦でも手繰る時間があればと思っていたのですが、ちょいとバスの時間がきびしいとのことで、そのまま予定のバス乗り場まで。
最初は斜度も気にならなかったのですが、途中からどんどんと・・・あ~嫌な登りだw
しかし乗鞍高原を夏に自転車で登る人いるけど、ここも登ってるのかぁ。辛いw

Img_1920

さて、乗鞍観光センターに到着!
最終のバスには間に合ったとはいえ、余り時間の余裕は無いので早速チケットを・・・なるほど、上は寒いから上着必須とな。
とりあえず車から上着を取ってきて羽織ります。他の二人もウィンドブレーカーを着込んで乗車。
基本、上昇ってすぐ降りてくるような時間帯のバスなので、乗車している人は私達以外には1人だけw
ぐねぐねとつづら折りの道を登っていきます。

Img_2142


Img_2149

Img_2155

途中まで雪なんて見えなかったのに、除雪車が置いてあった辺りから段々と雪が見えてきて・・・おぉ、これはすごいな。
さすがに渋峠とかの雪の回廊のようにはなってないですが、この季節にこれだけの雪が残っているとは。


Img_1921

上まで到着!
20分ほど時間があるので少し歩きまして写真を

Img_2159

Img_2165

絶景!
しかし・・・寒いw
上着がないとほんとこれは無理だわ

発車時刻になったので、バスに乗車してまた乗鞍観光センターまで。

Img_2172

降りていくときにも思いましたが、こんな所をよくもまぁ自転車で登る人がいるものだ。
私なら辛くてすぐやめそうw

観光センターまで戻り、今日のお宿へ向かいます。
とはいっても、今日はこの辺りのペンションに泊まるのですぐ近くでして、あっという間に到着。
時間もあるので近くのサイクリングコースを走ろうということで輪行状態にしてあった自転車を組み立てて準備します。

さて、しゅっぱーつ!
・・・わかってたよ。わかってたけどいきなり10%くらいの登りって無いよぉおおおお
サイクリングコースは先程の観光センターの側なので、宿からそのまま折り返していくルートで、大体把握はしてたんですけど登れるかどうかとはまた別w
しかし、そんなの関係ないぜ!とばかりに軽く登って行かれるのが偽748Rさんでして、さすがクライマー・・・
サイクリングコースの所まで登ってコースへ。ここからはゆるい降りを走って行くことになります。
あ~・・・いいね、うん。新緑に囲まれた道をゆっくりと降っていくのは気持ちがいい。

Img_1928

Img_1929

っと。えぇ・・・ここは自転車降りないと無理だなw

Img_1932

Img_1933

途中の景色が良い所でまたぱちりと。
ここら辺りは、夜に星を撮った写真とかが後で行った温泉に飾ってあったりで、中々のフォトポイントのようです。
ゆるゆると降って、サイクリングコースは終了。
さて宿まで戻どr・・・やっぱりか!やっぱり登るのか!降りすぎていた気がしたんだよなぁ・・・
斜度も割とキツイところをまたえっちらおっちらと登って宿まで戻りますw

宿までがこんなにキツイとはw
ペンション内にもお風呂は有りますが、ここはやはり温泉でしょう!と、「車」でまたもや観光センターそばの温泉へ。

Img_1934

ほほう、乳白色とな。白骨温泉と同じような感じですか。
受付でタオル代と入泉料を払ってお風呂へ~

あ”~・・・ぎもぢぃいいいいい
短い距離とはいえ走った後の温泉は良いですなぁ。
外には露天風呂もありますし、効能として筋肉痛とかにも効果があるらしいので、福井600kmで膝をいためたむにん君もこれで治ってくれればいいんですけどねぇ。

Img_1936

お風呂あがりには牛乳!
”富より健康”のあそこのではありませんがwでも美味しい美味しい。


宿へと戻りましてチェックイン。
和室なので畳の上に寝っ転がって、食事の時間までゆっくりと・・・う、眠い。そのままだと寝そうだったので、少し荷物の片付けとかスマホの充電とかを。
そうしていると食事の用意ができたとのことで、食堂まで向かいます。

Img_1937

夕御飯!
食事が美味しいところという評判なので期待が高まります。
ビールで乾杯して食べ始めていると、「何か観ますか?」と宿の方が。置いてあるTVに動画とかを映せるようでして、私達が自転車に乗っているのを知って準備されていたようです。
YOUTUBEにあがっている乗鞍ヒルクライムの動画を見せていただくことにしました。
斜度とか速度・ケイデンス・心拍も表示されている動画でしたが・・・いやぁすごいwよくあれだけ走れるものだw
心拍も落ち着いてるしなぁ。私みたいに苦しいとあっという間に180超えるような軟弱な体とは全く違う・・・いいなぁ。

動画を見つつ食事も食べて、また評判通りに食事が美味しい!
ごはんや天麩羅が出る頃にはみんなすっかり食べ尽くしていたというwまぁ・・・お昼食べてなかったし。

Img_1941

山菜の天麩羅。
聞いた種類でヤマウドとかコシラブラはわかったのですが、半分以上知らない・・・。
レア感がとてつもないよ!そして美味しい。
欠食児童のような私達を見かねたのか追加でウドの和え物と、後「日本酒飲まれますか?」ということで出していただいたのが

Img_1942

富久錦 下天の夢
乗鞍ヒルクライムとかのイベントとかも含めて、このペンションにずっと通われる方もいらっしゃいまして、その方々に蔵の人がいるので持ってこられるとのこと。
兵庫は加西の蔵なので、ある意味むにん君の地元ではあるのですがwでも飲んだこととはなかったので、3人共いただきまして。
うん・・・美味しい。
日本酒と和え物でまた良い感じに出来上がりますw

お酒もなくなり部屋へ引き上げ。いやー、運動して、温泉入って、美味しい食事と酒を頂いて、うん、もうあとは寝るだけですな!
早いですがもう布団を引いて皆寝る体制に。
明日の朝食を楽しみに おやすみなさ~い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

もうすぐ 2015 AACR

数日後に2015年のAACRが開催されるためか、去年・一昨年のAACR記事を覗きに来て頂いている人が結構いらっしゃるみたいです。
ならばと、今年のコースとか食事とかのそのへんをちょろっと。

今年はエントリー方法からコースの大幅変更という去年・一昨年とはまた違った感じのAACRとなりそうだということから始まり、実際の抽選での悲喜交交やAACRの参加をやめて別のイベント(ランドネきたかん)へ出る方が続出する事となりました。
コースも当初160kmコースで白馬ジャンプ台の後、嶺方峠へまわるルートが地震の影響もあり少し変更されました。

2015年160kmコース


2014年160kmコース


2015年120kmコース

2014年のほうにはエイド情報が載ってませんが、とりあえず白馬まではそう変わらないです。
白馬以降は折り返して第2、第1エイドが復路のエイドとなります。

まず、2014年は160kmといいつつも実際は152kmのコースでしたが、今年は162km。おおよそ10km分コースが長くなっています。
アップダウンは、ろんぐらいだぁすで亜美ちゃんが降りて押した、コースの一番つらい所はなくなり、全体的に細かいアップダウンとなっています。ただちょっとした登りの斜度がきつい場所というのが幾つかある感じです。
トータルでは100mほど獲得標高は低くなっているんですけどね。
2014年とかでは白馬以降、特に青木湖からは高速巡航できる若干下りのコースだったのが、白馬の次に美麻を通るため登りがそこまであります。
まぁその後は同じなので高速巡航して、かぼちゃやま農場でフレッシュ果肉入りいちごソフト食べに寄りつつ走ることはできます。
また2014年までは安曇追分あたりから往路のコース側に近づいていき、北アルプス牧場でソフトクリームを食べてというコースだったのが、今年は安曇追分からそのまま南下して穂高駅辺りまで行ってから往路のコースへと近づいていくように変わりました。
第1エイドの辺りで合流するのですが、2014年と比べて若干そこまでの登りが緩くなってる感じです。

AACRといえばエイドでのグルメが楽しみの一つでは有りまして、今年はコースの変更に伴ってエイドも変更されました。

・あずみの公園穂高エイド(160km・120km・80km)
 フランスパン
 安曇野銘菓あずさ
 湯多里まんじゅう

・あずみの公園大町エイド(160km・120km・80km折り返し)
 ねぎ味噌おにぎり
 わらび餅
 (梅丹)
 
・木崎大町エイド(160km・120km) 大町温泉郷エイドからの移転
 つけものバイキング
 おざんざ
 
・白馬エイド(160km折り返し)
 豚汁
 紫米おにぎり
 
・白馬スノーハープエイド(160km) New
 おやき
 
・美麻エイド(160km・120km折り返し)
 そば薄焼き
 こだわり豆腐の冷奴
 バナナ
 
・松川エイド(160km・120km・80km) New
 黒豆ようかん
 黒豆茶

・安曇野エイド(160km・120km・80km) New
 ダッタンクリームクランチ
 りんごジュース

エイドとエイドでの提供物は以上のようです。
バナナと水はどこのエイドでも提供されるはずなのですが、美麻エイドだけ表記しているのがなんか気になるw

今年変わったエイドというのでは大町温泉郷エイドから木崎大町エイドへの移転と後半に新しいエイドができています。
まぁ運営側の思惑がここから何かしら推察できそうw
とりあえず、後半に新しいエイドができて、そこで他のエイドとは違うものが提供されるということ。これが大きいです。
上でも書いたように、去年・一昨年と白馬エイドを過ぎた後はあずみの公園大町エイド、あずみの公園穂高エイドが復路でのエイドとなります。
その時どうしても、エイドまでの距離が長い、1度寄ったエイドで同じものを食べるのはちょっととか、寄ってももう食べ物がないという状況になりまして、後半はエイドになんか寄らずに地元のお店とかでジェラートとかなにか食べつつ帰るのが、多くの参加者の行動となっていたと思います。
また、私も含めてロングライダースやろんぐらいだぁす!の影響から参加した人が多くなり、痛ジャージでエイド外のコンディトライ・アン・マリーレ、ジェラートショップ花彩、縁川商店、かぼちゃ山農場、北アルプス牧場に寄る人がかなり増えたため、そのお店が大変混雑したりとかしまして。
それを運営があまり良く思わなかったのではないかなぁと。
アンマリーレのすぐそばだった大町温泉郷エイドが木崎大町エイドへ移転。
白馬スノーハブエイド、松川エイド、安曇野エイドを新設することで、復路でもエイドに寄ってもらう。
そこに少し登りを入れることで青木湖からの青木湖からかなりの速度で走って行く人達を抑制という感じでしょうか。
まぁ楽しんでもらうために考えたという感じなので新エイドでの食べ物期待はしてます。
寄りにくくなったアンマリーレさんのAACR名物パリ・ブレストも、今年はAACRのHPから注文できるようになりまして、走っている時に食べれなくてもゴールにて受け取りができます。
あずみの公園大町エイドでの名物、ねぎ味噌おにぎりセットも同様に注文できまして、このへんはほんとありがたい。

既存エイドとしては第1エイドのあずみの公園穂高エイドで提供されるフランスパン。
去年・一昨年にはなくて、エイド近くにあるあずみ野の朝かサン・トノーレ安曇野店のではないかなぁと思いますが楽しみです。
そしてあずみの公園大町エイドでのねぎ味噌おにぎり。毎年これを目当てに来てるんだよという人もいるくらい美味しいです。
そのおにぎりをエイドで食べて、1個をジャージの後ろにでも入れて次の木崎大町エイドに行って下さい。
おばちゃん達が漬けた美味しい漬物とそのおにぎりの組み合わせがとっても、とってもいいのです。

コースが変わった事とエイドが新設されたことで、去年までのグルメポイントがどうなったかといいますと
コンディトライ・アン・マリーレは、コースからは少し遠くなりましたが一旦離脱して寄れないこともない距離。お店もちゃんと今年もパリ・ブレストを用意しますとのお話です。
ジェラートショップ花彩は去年にお店自体が移転してコースからだいぶ離れたところになりました。今回のコースからも行けないことはないですが、時間的なことも含めてやめておいたほうがいいと思います。
縁川商店は去年、白馬から折り返して途中にある給水所エイドで止まらずに縁川商店まで行ったのですが、私達の後ろぐらいから大混雑。コミケでの販売列のような感じとなっていました。”最後尾はこちら”というプレートがほんと必要なw
160kmコースでは往路・復路共に通りますので状況を見て、120kmコースでは稲尾から美麻方面へのコースとなるので往路で少し離脱して寄るということになるかと。まぁ160kmも復路で寄る場合が去年のようになる気もするので私は往路で寄ろうかなと思っています。
ゼーブリックも同様に160kmコースでは往路・復路で通りますので、状況を見て寄ることは可能かと思います。
かぼちゃ山農場は今年もコース上に有りますので問題なく寄れるのですが、そのすぐそばに松川エイドができています。それをどう考えるかですね。
北アルプス牧場についてはコースからかなり離れましたので、寄ることはないかと。

他のところといいますと

白馬
 サウンズライクカフェ(ハンバーガー)
 リトルアラスカンスモールキャビン(ハンバーガー)
 グリンデル(自家製ベーコン)
 ガーリック(ピザ)
 ウェストコートカフェ(ピザ)
 食事処ちとせ(信州豚)
 パンの山(パン)
 アンジェラス(パン)
 白馬焙煎工房(珈琲)
 珈琲せんじゅ(珈琲)
 
美麻
 山品そば(蕎麦)
 麻の館(蕎麦)
 美麻珈琲(珈琲)
 農園カフェラビット(ジビエ)


大町にも美味しいお店いっぱいあるのですが、昼営業の時間を考えるとちょいと微妙かなと思います。
新しい安曇野エイドの近くには、あずみの餃子店と安曇野餃子館がありまして、あずみの餃子店については知ってる人は知っているホワイト餃子なので食べたいと思う人も多いでしょうが、ここ通過時間には昼営業が終わっていると思います。
上にあげているお店を全部私行ってるわけではないので、そこらへんは自己責任でお願いしますw

また、参加案内にもエイドでの制限時刻を記載していまして、その時刻までに到着または出発してないと普通に走ってて間に合わないという判断で足きりされてしまいますのでご注意を。
ゴールの最終時間は17:00。ギリギリまで時間を使って楽しみたいですね!

あ・・・これは時間に余裕があればということですが、去年・一昨年とゴールの所の自販機にはろくな飲み物が残ってなかったので、できればゴール近くで冷たいコーラを自販機とかで購入して持っていくほうがいいと思いますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

ベイクドチーズケーキ

外は晴れていますが、福井600kmを走ったばかりで自転車でどこかに出かけるきにはならなかったので、朝から自転車のメンテとか片付けとか色々と。
でもそれだけだと、ちょっとなんなので前に買ってそのまま使わずにいたクリームチーズを使ったベイクドチーズケーキを作ることにしました。
基本私のケーキとかのレシピは、オーブンミトンの小嶋ルミさんの本に頼りきり。
そういえば最近その手の本買ってないなぁ・・・また買いに行くか。

ケーキ型に合わせてクッキングシート切り抜いて、ベースのクッキー生地を作成。
ケーキ型に詰めて焼成。その間にバターとかチーズを常温に戻しておいてと・・・久々に作ると面白い。
後はアパレイユを粗熱をとった型に流し込んでまた焼成。
焼きあがった後は自然に冷めるのを待ってから、冷蔵庫で冷やします。

Img_1912

完成!
うん、うまく出来たかな。

Img_1914

珈琲も入れていただきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーキハンバーグ タケル

600kmブルベも終わり、今年のSR取得も叶ったのでちょっと肉充してきました。
以前からお店自体は知ってましたし、大阪のオタロードにもできて連日人気という話も聞いていたのですがまだ未訪問だったステーキハンバーグ タケルへと!

お昼前でしたが中はひとでいっぱい。
ちょうどカウンターがが空いたのですんなり入れました。

何を食べようかと悩みます。
あの総重量1kgの特盛りステーキ丼もいいなぁ・・・でも、今日はごはんより肉!ッて感じだ。
ということで日替わりの1ポンドステーキを注文

Img_1908

日替わりステーキ(この日はサーロイン)1ポンド
にぐぅううううううう!!!
あ、写真には写ってませんがもちろん、ごはんやスープなんかも有ります。

何をかけるか・・・とりあえずはタケルソースで!
ぱくっ・・・うむ、美味しい!肉も柔らかいし少し甘目のソースもいい。

でもやっぱり私はガーリックバター醤油が一番だ!
ソースを調合wしてかけていただきます!

ふぉおおおお!!!!
うまい・・・うまいよ。

ごはんも一緒にいただきつつ、ただただ食べてる幸せな時間が過ぎていきます。
ごはんおかわりもできるのですが、今回は肉充ということで、おかわりせずに終了。
替え肉もありますが・・・ま、まぁ今回は許しておいてやろう。

ステーキハンバーグ タケル 西中島店
大阪府大阪市淀川区西中島4-5-27 雲龍ビル 1F
11:00~14:45ラストオーダー(15:00閉店)
17:30~22:30ラストオーダー(23:00閉店)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM505福井600km 後編 そして今年もSRが!

ななしきさんに起こして頂いてw急いで出立。
コンビニで荷物を送ってさぁ今日も頑張るぞ!

と思ったんですが、ななしきさんのペースについていけない・・・
心拍も上がらないし、うーむだめだ。マイペースでの走行に切り替えて、少し前で待って頂いてたななしきさんに先に行っていただくように伝えました。

自販機できれていたドリンクを買って、あと普通の水をw
もうこの時普通の水が一番美味しく感じてたので、胃腸とかも余り調子が良くないし、それに右膝にじっとりと重い感じの違和感がありました。
この先、今回の大ボスの700m超の登りとなるし早めの対策しとこうとロキソニンを投入。
少し休んでから再出発しました。

しばらく走って、ななしきさんが登り前の補給場所としていたコンビニが見えてきました。私もなにか食べて甘いものでもと思って寄るとななしきさんがまだ居られまして、健闘を祈って入れ違いで補給に。
大ボスの登りと言っても長い距離を緩い斜度で走った後、一気に斜度が上がって400mを登るようなコースとなります。
緩いところではまだ軽快に走れていたのですが、段々と山の風景になってきて斜度が上がってくると途端に。
膝や尻が痛いということではないんだけどなぁと自分でもちょっと情けない気持ちになります。
途中途中で休みや斜度がきつくなると押していきまして

Img_1904

やっと登頂!!!
あー・・・辛かった。
ここからはPC6まで降っていくだけです。
斜度もカーブも緩いのでスピードを出せて降っていけるため途中少し欲が出てきまして、PC6で2時間30分の余裕が作れるかもと途中の少しの登りとか平地で頑張っちゃった結果、結構疲れがw
あー、いかん、いかん。こういうのがだめなんだよなぁ。
下の方まで降りてどこ向いても向かい風という状況になった所でゆっくりと走って行くことにしました。

Img_1905

PC6へ到着。
ここではわりと多くの人が休んでまして、ななしきさんの姿も!
2時間の余裕はあったのでゆっくり休んでいきますーとしばし休憩。
まぁ後はだらだらと走っていけば問題なく完走できそうでして、ここでやっとホッとしました。

再出発してからすぐのところで丸亀製麺がありまして、陽が高くなって暑くなってきたのもあって、あぁ・・・冷たいぶっかけうどん食べたい!と思ったんですが店内を見ると長蛇の列。
これは・・・だめだと先を急ぎました。
少し走った所でまた丸亀製麺があって、そこは並んでなさそうだったので一旦自転車を降りたのですが、よく見ると奥にずらっと・・・あかん、ここもダメだ。
鍵とかGPSナビとかを元に戻して、失意のうちに出発。
街中から郊外へと風景が変わっていって走りやすいのはいいんですが、お店とかがないからなんというか・・・食い足りない?
しかし、このあたりからだんだんとえづくことが増えてきました。飲み物も味のついたのより水が一番美味しいと思う感じですし、うーんこれがロキソニンの副作用なのかなぁ。

天気はいいし、そこをのんびり走っていると眠気が・・・い、いかん。これホントに眠い。
今まで自転車に乗ってる時に眠くなったことはないのですが、さすがにほとんど眠れない状況でスタートし、仮眠場所でも30分程度しか眠れてないので限界が来たようです。
手近に見えたローソンの軒先で少し仮眠させてもらうことにしました。
アラームを15分後にセットして・・・おやすm


はっ!
アラームの音(ゆゆゆ特別警戒警報)で目覚めて、ゆっくりと体を動かします。
うん、眠気はとれたかな。再スタート。
ペースは相変わらずゆっくりと22,3kmで進んでいきます。
次のPCでは何食べよう・・・冷たいものがいいよなぁ、そうだ!アイス!アイスもいいな、などとw
食欲はあるんですが、相変わらず胃の状態はあまりよくなさ気?えづくこともしばしばでした。

Img_1906

PC7へ到着!
もう人もだいぶバラけたのかブルベの参加者らしき人も少なかったですが、すーさんがいらっしゃいました!
とりあえずなかでアイスと冷たいそうめんを買ってから、お話をしつつ休憩。
登りがどうにもだめなんですよーという私にペダリングとかその辺のコツを教えてしていただきました。

先にすーさんが出られて私はもう少し休憩してから出発。
さてここから三田と大阪までまたアップダウンがあるので少し憂鬱ですがだらだらといきますかねー

広野の登りをひぃこらと超えて三田へ入り、さぁウッディタウンの・・・げ、ここ登るの?もう登りに嫌気が差していた私は横の煉瓦敷の歩道を押して登っていきましたw
頂点まで登ってすぐのところでドリンク補給をしていると、後ろから見覚えのある姿が・・朱麻さんだ!
最初の方に別れてから今まで会ってなかったのですが、PC6のところで私より一時間遅れくらいで戸倉トンネルを通過されたツイートをされていたはずが、速いw
少しお話をしてゆっくりとですが一緒に行きますかーと出発。

ここからは降っていくことが多いのでまぁ楽に楽にw
宝塚から猪名川町を通る北摂里山街道を走って行きましてなんといいますか自然の多いいい田舎道ですねw
途中道の駅いながわに寄るか迷ったんですが、なんだかんだ言って時間を結構使ってるのでそのまま通過して、左折する大きい道路まで出た所で走ったことのある見覚えのある道になりました。
あ~・・・ってことは、あと2箇所はちょっと登らないといけないか。道がわかるとテンションが下がるというw
まぁそれでも急いで走るようなことはせずゆっくりと走ってるので段々と自分の生活圏へと近づいていくと安心感が出てきます。

しかし川西能勢口からは市道から171号線で北摂を突っ切る形で枚方へと向かうのですが、信号峠と車が・・・
PC5のところでもこの信号峠のことは話に出ていて、西国街道へと迂回したいということを仰ってる人も居ました。
市道へはいった所で すーさんが前に!「追いつきましたー」とご挨拶。

そこからは、すーさんに先導していただき信号峠と渋滞の車に引っかかりつつも、前へ前へと。
食べ放題ができるケンタッキーの辺りにくると順調に進めるようになり、また降りとなるので楽になりました。

茨木市からはまた信号峠が。道も入り組んだとこを走ったりするので速度は上がりませんが、もう後ちょっとということと時間にも余裕があるので気分は上々、あとは足がもっと回ってくれればというw
最後枚方大橋を渡ってゴールのラポール枚方へ!


ゴール!
ゴール受付は2階なのですが、階段使う気分ではなかったのでエレベーターにて上にw
38時間21分で完走です!

そしてこれで今年のSRも確定!
やっっったあああ!
DNFなしにSR取れるとは思ってなかったのが、達成してしまいましたよ。
まぁ走りの内容としては去年よりもかなり劣っているんですが、それでも!それでもSRには違いない。
なんといってもこの600kmが晴れてくれたのが一番大きいよなぁ。ずっと天候が微妙でしたので氷川神社にお参りして良かった!
そしてお供のダー様にも感謝を!w

家に帰ってバタバタとしつつお風呂の準備をしてる時に体重を測ってみると出発前の77.85kgか74.5kgまで減っていました。どれだけ衰弱したんだろうw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

BRM505福井600km 中編

次は丹後半島へ向かいます。
舞鶴市街を抜けて由良川に出た所で北向きに進路を変えるのですが、ここで強烈な向かい風が!
海岸線に出るまではずっとこの方向へ進むので・・・いやあああ、向かい風は脚が削られるだけなんですよねぇ。

軽くしてペダルを回していきますが辛い(´;ω;`)
なんとか由良の鉄橋が見えてきたので、後もう少しで方向が変わる!と気分を変えて漕ぎ漕ぎ。

ようやく向かい風から開放されて西向きに進んでいますが・・・まぁすぐにまた北向きの海岸線になるんですけどね。
海岸線を走っていってる途中で「ちょっとあそこで止まって下さいー」と右側に見えるドライブインへ。
「自販機で補給です?」「ええ自販機が目的です(にやり」

Img_1899

うどん・ラーメン自販機ー!
有名な富士電機のやつではないですが、現役で動いているのです。
私の地元といいますか田舎が丹後半島なので、ここも学生の頃とか来たものでした。
昔っから変わりないw

Img_1900

もちろんハンバーガーのも有りますよ!
舞鶴で軽くご飯を済ませている状況だったらここでうどんを食べてたんですが、あまり時間の余裕もないですしねw
写真だけとってすぐに出発ー

海岸線は崖が壁になってるせいかそれほど向かい風もひどくなくはしっていけました。
由良と宮津の境である栗田峠を越して、降りーー!
降ったところが宮津となります。
宮津市街ではおもしろいところが1箇所。細長い大判焼きみたいなものの中身がカレーのカレー焼きというのがありまして、学生の頃はほんとによく食べたのですが、現在は開店自体が不定期という事で時間があったら少し寄ろうかと思ったんですが、時間がないので素通りして天橋立へといそぎます。
・・・って、何だこの渋滞は!!
GWとはいえ天橋立にこんなに観光客が来るだなんて・・・ははっまさかまさかと思ったんですが、どうやら渋滞はそこまで続いている模様。
え~・・・こんなとこ見に来たって何もないよ?
脇の歩道へと逃げて渋滞を回避しつつ走っていきます。

文殊堂前の入口の辺りは人が多くて自転車乗ってられないので押して通過。
その通過するときちょうど橋が回転するタイミングとなりました。

Img_2131

おー。久々に見たけど、これも観光資源になってるんだなぁ・・・。
写真をパチリととってから、ななしきさんのトイレを待って出発。ここでトイレ行っておいたのが正解だった・・・
天橋立の中は松林で下が土道となっていますが一応自転車でも走れます。
観光客をかわしつつ走っていって・・・えっと・・・あれ?長くない?
逆向きではありますが一昨年の京都400kmで通ってたんですけど、夜中で人が居なくて早く通り過ぎることができたから短く感じたんですかね。
ようやく対岸の日置について舗装された道を走っていきます。うん、やはり走りやすいw
ここからPC3までは平地なのですが、やはり向かい風がぁああ。
由良の時よりましではありますが辛い。夕暮れ時で少し涼しくなってきたのがまだ良かった。
海岸線を走っているうちに遠くに見えてきたPC3あたりの建物。
見えると元気が出る・・・わけではなく、まだあれだけあるのかと意欲がだだ下がりw

Img_1901

それでもなんとか走ってPC3到着!
PC3はコンビニとか道の駅ではなく、丹後半島あたりで一大勢力を誇っているスーパーのにしがき。
そう!普通のスーパーなのでトイレもゴミ箱もありませんw
私もそのことを忘れてペットボトルのドリンクを買ってしまいましたが、サドルバッグが大型のものなのでそれに突っ込んで行きました。
そして伊根の公衆トイレまで我慢してトイレを済ませて登りへ。
この辺りのコースは一昨年の京都400kmの逆回りとなっていましてPC4の城崎温泉も過ぎた余部鉄橋までは一度は走ったコースなのです。
地元ということ、一度走ったことがあるということでわかってはいたのですが・・・本格的な登りを含めたアップダウンが辛い。

ななしきさんに前で引いていただきながらひぃひぃと走っていきます。

Img_1902

夕暮れとなった丹後半島の海岸線、経ヶ岬辺りの風景は綺麗ではあったんですが、辛くて写真とか撮る余裕がaあまり無いですw
それと段々と気温が低くなってきました。涼しいくらいであればよかったんですが完全に日が落ちた頃にはウィンドブレーカーを着ても寒い!という状態に。
登っているときはいいんですが、下りとなるととたんに寒さが身にしみます。

Img_1903

PC4に到着!
城崎温泉にあるコンビニなので、浴衣姿のかっぽー共がいちゃいちゃいちゃいちゃ・・・・うがあああああ!!こっちは寒くて女性用ストッキングを履くかどうするか真剣に悩んでるんじゃあああ!
私の他にも寒さに耐えかねたのか店員にレインスーツの在処を聞いている参加者が居ましたが・・・すでに前の参加者が買って行ってもうポンチョタイプのしかありませんでした。
とりあえず私もまだ何とか耐えられるとそのまま出発。
仮眠場所まで辿り着けば・・・なんとか、なんとか。そこまではアップダウンの連続なのでとりあえず体もそれほど冷えないだろうと思ってたんですが・・・ダメでしたー!
あいかわらず登りは鈍足の 私を待っていただきながら、臨時の休憩予定であったコンビニで時間をかけていただいたななしきさんにはほんと申し訳ない。
そこでレインコートと、温かい食べ物で少し持ち直しました。
しかし・・・レインコート寒くはないが中は蒸れ蒸れでびちょ濡れ状態になりますね。
香住からの余部鉄橋のまでは確かトンネル付きのそこそこの上りがあったと記憶していて、あぁ・・・やっぱり。ちょっとここで心を折られて少し休憩して登りました。
余部鉄橋以降も登っては降りの繰り返して・・・あぁ辛い、眠い、帰りたい。ずっとこんな事考えてましたねw

真夜中になる頃、鳥取の文字が見えて、ああやっと・・・仮眠場所に近づいてきたと少し持ち直しましたが、いろいろな時間の遅れを取り戻すかのようにななしきさんが加速!
えぇええ、ちょ、待って、待ってと私も追いかけますが、いや、うん・・・無理。
とりあえずそれなりに遅れないようについていくだけで精一杯でした。
PC5の直前は平地かと思っていたら斜度は緩いですが、ずっと登り・・・ああぁん何時まで登らせるんだよ!ごらぁ!
なんとか登り切って、目標の時計まで到着。

Img_2132

Img_2133

ここで自転車と時計、時計のアップを撮りました。
これが通過の証明となります。
さて、後は仮眠場所まで行って休もう!と気力を振り絞りますが、念の為に寄ったレシート取得のコンビニまでの道のりとか仮眠場所までが遠い遠いw
まだつかないのーーーーと心のなかで泣いてました。

荷物受取り予定のコンビニまで着いて荷物を受け取り!
そしてすぐそばの仮眠場所、ネットカフェドロシー鳥取店さんへ急ぎます。

ちょうと私達が入ろうとした時に、中から自転車を持って出てこられたブルベ参加者がいらっしゃいまして、私達もお店の中へ自転車を持ち込ませていただくことに。
もうこの時には私の意識は朦朧としてていろいろとななしきさんに助けて頂いてw、とりあえず荷物の入替え、シャワー、着替えと済ませて、30分程仮眠しました。

かゆ・・・うま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

BRM505福井600km 前編

ホテルから服とか荷物を送ることもあったので早めに準備して、一旦コンビニで荷物を送ってから自転車を持ってチェックアウト。
ホテルの前で自転車を輪行解除しているとむにん君も出てきました。
そして・・・「寝れなかったです」と。2人も600kmで寝不足状態か・・・ほんとにやべぇなこれw
気温は少し低め夏装備な私はウィンドブレーカーがないと寒く感じるくらいです。

自転車を組み立てさて出発。
スタート位置まではそんなに距離もないのでゆっくりと行きまして・・・えーっと、こんなに暗い公園でいいの?w
3時近くではあったのですがまだ誰も居ない状態だったため、一旦駅前のコンビニまで戻って補給とかを。

Img_1889

スタートとしても早い時間なので、ツイッターで起きている人も少ない。
補給後またスタート位置へ向かいますと途中で参加者らしい人を見かけました。

公園には何人かいらっしゃいまして、オダックス近畿の旗と今野さんの姿も。
私達も自転車を立てかけて、受付開始まで待ちます。
その間にも続々とランドナーが集まってきまして・・・結構参加者いるなぁ。
あ、京都400kmでしばらく一緒に走ってたおねーさんだ。

受け付け始めますということでブルベカードもって並んだのですが、自分の登録Noわからない人は後回し!というw
慌ててスマホを取りに行って並び直します。
並んでいる時にスマホでNoをチェックして無事受付完了。

受付を終わって戻ってみるとななしきさんと朱麻さんが来られていました。
ご挨拶をして、ななしきさんとはまた一緒に走りましょーと言っていたのですが・・・きっとすぐに置いて行かれる気がするw
朱麻さんは補給とかがあるのでスタートしてすぐにコンビニ休憩に入ります!とw
しばし談笑とかしつつブリーフィングを待ちます。

ブリーフィングはさっと終わって直ぐに車検・スタートへ。
むにん君とななしきさん、朱麻さんは・・・すぐにコンビニに入るとの事だったのでとりあえず3人で出発。
福井の街中では信号で結構引っかかりましたが、すぐに快適に走れるようになりました。
段々と白んでいく空のなか、テールライトを光らせながら走りゆくランドナー。
いいねぇ・・・こういう雰囲気。

Img_1891

トレインを次々と乗り換えつつ、少しオーバーペースで通過チェックへ到着。
ここから徐々に方向を変えて追い風になるので、そこまではと頑張ったのがちょいと失敗。
皆ほぼ同じタイミングで到着しているのでお店は混み混み状態で店員さんも一人で大変そうでした。
なので、図らずも少し長めの休憩となりまして、そうしているうちに朱麻さんが追いついてこられました。
店内はまだ混んでる状態でしたので、ゆるゆると先に行ってるよーと出発。
少し登ってからの降りで、前にいたむにん君の自転車から何かが落ちた!

どうやらメインライトのDosunが照射部と電池部をつないているところが折れて分解脱落したとのこと。
ちょっと前から調子悪いとの話も聞いていたのですがさすがにメインライト無しではと思いましたが、予備のライトもあるし大丈夫とのことで再出発。

Img_2115

徐々に走る方向が変わり向かい風から追い風になってきました。
天気もちょっと雲が多いですが、逆にそれが暑くなくて快適です。

海岸線をひたすら走っていると何時のまにか後ろに朱麻さんが。さすがに速いw
305号線は海岸線でもアップダウン自体はあまりないので、ペース落としたとはいえそれなりの速度で走っていきました。

Img_1892

PC1!
こちらが想定していたとこから結構離れてて、見つけるまでちと不安でしたw
このPCで荷物を送っていた参加者がいまして・・・いや、それはもっと前かPCじゃないとこで送ろうよと。
おにぎりとか炭水化物とドライマンゴーを補給して再出発。
途中朱麻さんがトイレ離脱されて、また3人かと思っているうちにすぐに合流。305号線沿いは公衆トイレとかも点在しているので走りやすいです。
私もトイレ離脱しようかなと思っていると、むにん君が先に離脱。
んじゃ、むにん君が合流したら私もトイレ離脱するかーと走って行きました。

Img_2116

天気も良くなってきた!
あの対岸よりもっとむこうまで行くんだよなぁ・・・遠いw
敦賀港を抜けた所で大きな橋がありまして・・・ここ自転車通れるよね?よね?と確認しつつ久々に坂を登っていきました。

Img_2117

結構高い。
その少し先の笙の川を渡ったとこにあるコンビニでななしきさんが一旦休憩されるとのことで、ドリンクがなくなった私も便乗。
朱麻さんは先へと行かれました。
むにん君がトイレ離脱してからまだ合流出来てなかったので、ここで待っておけば逢えるかもと思っていたら、以前から何度かブルベでご一緒させて頂いてた緑のVIVALOのすーさんがコンビニへと。
休憩のために寄られたようで、むにん君見かけました?と聞くと後ろにいてちょっと道に迷っていたようだとのことでした。
じゃあ、そのうち来るかと思って私がコンビニで尻のメンテwとかドリンクを買ってコンビニを出るともう過ぎ去っていたようで、ななしきさんも声をかけようかと思ったけど対岸の歩道を行ってたのでかけれなかったということでした。
まぁ走ってれば直ぐ追いつくでしょうということで追っかけ。すーさんはもうしばらくコンビニにおられるようなので、また一緒にトレインでーと声をかけて出発。

少し走っていった先の降りで前にいるむにん君を発見。
うらーーとペダルを回して追いつきました。
あれ?前にいたんじゃ無いんですか!と驚いていましたw

で、どうやら左の膝が痛いとのこと。
少し登ったトンネルのところでサドル高を調整して走り始めましたが、今ひとつ思わしくないとの事。
ううむ、PC1までちょと無理しちゃったかなぁ・・・

ゆるゆるといきますかとペース抑えて走っていきます。
長閑~
そろそろ三方五湖。北陸のコースでも有数の景色のいいところになります。
またむにん君がちょっとサドルの調整するので先に行ってくださいということで、直ぐ先のPCで待ってるーと先行。

Img_1894

PC2到着!
珍しくヤマザキがPCとなってまして、暑くなってきたのでドリンク2つと今野さんがブリーフィングで買ってあげてくださいと言っていたおにぎりwそして途中で食べれそうな甘いパンを購入。
・・・って、レシートの時刻が狂ってる!30分ほど遅い時間となっていました。
ななしきさんとむにん君にもこの事は伝えて、後ですぐにレジの時刻が直されたようですw
しばらくおにぎりとか食べつつ休憩~
陽が高くなって暑くなってきたので、ウィンドブレーカーは脱ぎました。
そうそう、今回の旅のお供は先日のやっちゃばフェスでポンチャックさんから頂いたダー様!

Img_1895

ダー様のおかげで晴れていいブルベになりそうです!


さて、再出発ー

Img_2119

いい・・・いい感じの小さい港

Img_2121

細い道を縫うように

Img_2122

あー・・・いいなぁ

Img_2126

天気もいいし!最高!
小さいですがアップダウンが連続していたので、むにん君の膝の調子に合わせてゆっくり走っていたのでよけいにいい感じに。
ポタリング楽しいです!
個人的には楽しんでいたのですが、むにん君の膝の調子は悪化しているようで、三方五湖を抜けてからの海岸線のアップダウンのところでロキソニンを投入。
私も一昨年の京都400kmの時にあれを経験してますが、ほんと・・・もうちょっと登るのだけでも無理!という感じになるんですよねぇ。

Img_1896

ロキソニンを飲んでる間にちょいとパシャリ。
なんだかんだ言って32Tはいい感じに働いていて気持よく走れています。

ロキソニンが効いてくるまでは少し時間がかかるのでそれまではゆっくりと海岸線のアップダウンを攻略していきます。
安納トンネルを抜けた所で、見覚えのある道へ出ました。
去年の鯖街道ライドをした時に、小浜で一泊して翌日この直ぐ側のエンゼルラインヒルクライムをしてから舞鶴へと向かったんですよねぇ。
見覚えのある道を走るとなんとなく気分が軽くなります。
風もさほど大したこと無くここから舞鶴まではほぼ平地というのも知っているのでほんと楽しく走ってました。
小浜でちょっとおもしろいとこがあるよーとお二人をつれて、少しコース離脱

Img_1897

Yes We Can!

Img_2127

こっちは似てない銅像w
まぁ余り遊んでいても時間がなくなるのはまずいので先を急ぎます。
ここから舞鶴までには関西の誇る原発、高浜と大井がありまして途中の道の駅とかいろんな施設もその原発の恩恵で設備はいいのですが・・・最近のまぁ世の中の流れでちょっと最近は陰り気味ですね。
というか、それ以外に見どころがないのがなんともw
淡々と走って行くうちに、ロキソニンが効いてきたらしく「ヤバい、この薬ヤバい」と言ってる人がいるw
スピードを上げても大丈夫そうでしたので、通常スピードで走っていきます。

舞鶴に入る前にお昼ごはんをどうするかを確認。
PC2から次のPC3までは100km超の長い区間となるのもあって、舞鶴あたりでお昼ごはんと休憩を取るのがちょうどいいのです。

ななしきさんは元々定期的にコンビニで休憩をとられる計画でしたので普通の食堂か何かで食べるのもなぁということで落ち着いてのお昼ごはんはとらずに行こうということに。
ただちょっと一箇所は私が行きたい所があったので、そこには寄ってもらうことにしました。

Img_1898

セシール!
舞鶴でパンが美味しいところとして2箇所ありまして、こちらのお店では”肉じゃがパン”とか”ちくわパン”があるのですw
せっかくなのでと皆で購入してコンビニのとこで食べますかねーと。

東舞鶴から西舞鶴に抜けるところは少し登りになっているのですが、ロキソニンを飲んでいてもちょっと痛み始めたというむにん君の膝が少し心配でした。
西舞鶴へ抜けて、休憩予定のコンビニまで。
むにん君がここでDNFするかどうか考えるとのこと。
今はロキソニンで痛みを抑えているとはいえ、痛んでいるという症状自体が消えたわけではないので、これからのアップダウンと山岳、そして残りの400kmを走るのは厳しい。
輪行で帰るとしてもこのまいづるが一番帰りやすいところではあるので、悩みどころだよなぁ。
特に今年は300kmを過酷な条件でいいところまで走りながら通過チェックのミスでDNF、400kmでは雨を越した所でクリートのネジが外れてのDNF。
この600kmもまたDNFとなると悔しいだろうし、もうブルベが嫌になってくると思うし。

しばらく悩んで「DNFします」とのことでした。
うん、でも膝がひどい状態になってまた長い間乗れなくなるよりはいい判断!

肉じゃがパンとちくわパンを食べて、しばし休憩してから私とななしきさんは出発しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRM505福井600km 前日

200・300・400と順当にやってきて、雨とかに降られながらもなんとか今年はDNFなしにここまできました。
後は600とれば今年もSR確定となりますが・・・GWの天気予報では後半雨と。
えぇええええ、うぅ頼みますよぉ。先日氷川神社にお参りしたんですからぁ。
その願いが届いたのか近づくに連れ天気がずれて前日4日は雨模様ですがブルベ当日は晴れる感じに!
やったー!まぁ前日のボルガライスは仕方ない。ブルベに雨ふられることを思えばなんてことないさー


大阪駅でむにん君と待ち合わせをしてサンダーバードに乗車。首尾よく席の後ろに自転車を入れることが出来ました。
まぁ待ち合わせの時にちょっとありましたが・・・ごめんねw 大阪駅広いんやー!

ツイッターで色々やりとりさせて頂いている、ななしきさんは先行して福井入りをされてて、当初の予定通り武生で降りられたようですが・・・やはり雨が。
途中で小康状態になったということでしたが、また夕方に雨に降るようなのでそのまま福井駅まで。

Img_2110

到着!
駅前に恐竜がおるwしかも、これ鳴くんですよw

ホテルまで輪行状態で持って行って自転車とか大きい荷物を預けました。
預ける時にいかにもブルベ参加者と思われる自転車と人がいらっしゃいまして、お話を聞くと今回のスペシャルウィークもどきの前走松坂400kmを走って来られたばかりとのこと。
それはなんともお疲れ様ですとご挨拶をして、私達は駅方面へ。
当初の予定ですとヨーロッパ軒でとも思っていたのですが、これまた先行で福井入りをされてた朱麻さんが近くのヨーロッパ軒のツイートをされてて、ひっじょうに多くの観光客が並んでたので、そちらを回避して西武百貨店にあるレストランのボルガライスをいただきに向かいました。

Img_1885

途中の通路で・・・ふむ

百貨店内のお店にはすぐに入れてボルガライスを注文。

Img_1886

こ、これがボルガライス・・・って、デミオムライスとトンカツ、だねw
お店に寄っていろんなバージョンといいますか形が違うので一概には言えませんが、ここのならきっとカツめしのほうが上だw

ちょっと物足りないと言うことで近くのベーカリーカフェをむにん君が検索しましてそこへ。
そこのお店はまだ新しいようですが、ネットでも評判になってるということはきっと美味しいはず。

パンを幾つかチョイスして2Fのイートインコーナーへ。

Img_1887

塩パン、パイシュー、アンパン、メロンパン、ドーナツと。

まずはオーソドックスな塩パンから・・・おお!美味しい。
味は塩のみなのですが、パン自体の美味しさも合わさってこれだけで普通に食べれます。

Img_1888

そしてお店のイチオシっぽかったパイシュー。
おおぉ・・・これはいいものだぁ。
そとのパイ皮のパリっとしたところと、クイニーアマンのようなねっとりカリッとした皮の美味しさと、カスタードクリームの滑らかさも甘さもとてもいい。

しばしまったりとしつつ、アンパンとかは翌日の朝用にとっておいて持ち帰りました。


レ・プレジュール 福井駅前店
福井県福井市中央1-4-12
9:00~19:00(cafe 18:30)

元々福井に到着したのが遅めだったということと、明日は夜中の2時45分出発ということもあり夜の飲み会はやめてもうホテルで休むことにしました。

私はホテルに帰ってから・・・昼食中から色々やりとしてたんですが、鳥取の仮眠場所近くで受け取る予定にしていたヤマトで送った荷物のことでヤマトとやりとり。
できるということを確認して送ったのですが、営業所に送ってからコンビニ受け取りに変更というのができないというように言われまして。
ヤマトのサービスセンターと、クロネコメンバーズのセンター、そしてものを実際に送った営業所とやりとりをしてなんとかコンビニ受け取りできるようにしてもらいました。
これで一安心とお風呂に入って寝る・・・はずだったんですが、まぁ昼寝ならともかく17時、18時くらいからなんていつも寝てないのに寝れるわけがないw

目をつぶって寝っ転がってはいるのですが意識は冴えるばかりで、時々起きてはツイッターでツイート確認とかしてたのですが、ほとんど寝れずに出発の時間になりました。
あちゃー・・・600kmなのにこいつはまずい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

4月27日 表六甲登り

やっちゃばフェス前にhutte8to8さんへ預けていた自転車を引き取ってきました。

Img_1845

6700系Di2から6800系Di2と大幅アップデートです!
ディレイラーはもちろん、スプロケもホイールも変えないといけなくて、もういっその事ということでシフターも。
結構・・・お金が飛びましたねw
最大の目的だったのがリアを30T以上にしたいがためでして、11-32Tとフロントコンパクトで次のSRがかかった福井600kmを乗り切るのです!
とりあえず32Tの威力を体験ということで、六甲表を登りに・・・

途中、らぁ祭神戸ラリーの攻略も兼ねてラーメン屋でおひる済ませてから登りにかかります。

弓木町から大学前を通ってとりあえず六甲ケーブル下駅まで・・・って、そこいくまでもものすっごく辛いじゃなイカ!
ぎっしぎっしと力をかけて登っていきますが、32Tでも辛い、辛いよぉおおおお(´;ω;`)
途中休みを入れつつとりあえず六甲ケーブル下駅まで着いたのですが、この時点で登る気力がなくなってw
ドリンクの補給をして登り口の斜度を見ると・・・なんとかいけるかな。きっとここまでがつらいとこだったんだよね、うん、そうだ、そうだと自分を騙して登っていきます。

だ~ま~さ~れ~た~
新六甲大橋下の交差点で一旦休みを入れて、再度登って行きますが、いやまぁ辛い辛い。
何度も脚をつきつつ、ジリジリと。

Img_2094


Img_2093

途中の展望台?っぽいとこで写真でも撮って少し休憩を・・・バカップルがうっとおしい。
そそくさと退散いたしましたw

ゆっくりとはいえいつかは登りは終わります。
六甲ドライブウェイの終わりが見えてきて・・・やっと、やっと

Img_2095


登ったああ!
辛い区間はここで終了。
後は山頂まで緩い斜度なので、まぁゆっくりと走っていきます。
これまでは逆瀬川から一軒茶屋まで登っていたのですが、こちら側から山頂辺だとはちみつ屋とかいろいろ美味しそうなお店が有りますね。


Img_2097


Img_2098

途中休憩もはさみつつ

Img_1850

一軒茶屋に到着。
ここまでも思った以上に登ったなぁという感じです。

一軒茶屋からは一気に逆瀬川まで降って・・・密かにラーメン屋寄って帰ろうかと思ってましたが、昼に食べたラーメンたんろんの海老味噌ウェスタンがどうにも残ってて素直に家に帰りましたw
しかしまぁ・・・32T使ってさえこんな体たらくだと、福井600kmの登りどうなることやら。

Img_1851

この日はドーナツジャージのお披露目もw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らぁ祭2015 神戸ラリー

GWのことになりますが、神戸ラリーALLビンゴ達成してきました。
大阪ラリーだけのつもりが、ちょいと乗せられましてw
わりと無理なスケジュールで攻略したので、ちょっとなんだかなーと自分でも思ってたり。

Img_1662

1軒目 天孫降臨 醤油ラーメン
神戸三ノ宮でも一番との話しのとんこつラーメンのお店。

Img_1682

2軒目 つけ麺大前田 限定油かすの塩つけ麺
2014年のらぁ祭でも参加されていたお店。
本来なら牛肉たっぷりのつけ麺かラーメンがオススメなのですが、限定ということで食べたのですが・・・うーん、塩ッけが強いだけであまり・・・

Img_1683

3軒目 がふうあん 伊丹酒粕塩ラーメン
超人気のお店。その人気に恥じない美味しいラーメンでした。
酒粕の香りとラーメンがこんなにあうとは。

Img_1684

4軒目 ラーメンまこと屋 煮玉子牛醤ラーメン
いかにも豚骨っぽい絵面ですが、牛骨を粉砕したスープなのです。
チェーン店なのですが、侮れない美味しさ。

Img_1846

5軒目 らーめん徹信 海老ラーメン
うん!海老だ!いかにも海老ってラーメンだwとても美味しい海鮮出汁が良いです。

Img_1847

6軒目 ラーメンたんろん 限定海老味噌ウエスタン。
らーめん徹信の道を挟んで前にあるお店なのに、海老がダブってしまったw
しかし、濃厚な海老味噌の油そばはとても美味しかったです。
限定のラーメンを手を変え品を変え何かしらやられてるのでそれを食べに行くだけでも楽しいお店。

Img_1855

7軒目 金田屋さくら亭 煮玉子ラーメン
久々に食べた王道のとんこつラーメンだったのですが、これがまた美味しい。

Img_1856

8軒目 らーめん工房いちにいさん チャーシューメン
こってりとした醤油とんこつはやみつきになります。
15時まではラーメンに無料でおにぎりがつけれます。通し営業なのも嬉しい所。

Img_1861

9軒目 尼龍 尼龍ラーメン
素直に美味しい中華そば。こういうお店が一番うれしい。
唐揚げも絶品とのことでしたが、この時は頼まなかったので再訪した時は絶対に食べてみたい。


Img_1862

10軒目 ロックンビリーS1 尼ロック鶏チャーシュー
麺の食感が独特。そうめんのような細麺。
鳥チャーシューはチャーシューというよりやわらかい鶏肉という感じでこれも珍しい。

Img_1865

11軒目 房’s つけ味玉大盛り
つけダレが濃いという話は聞いていたので覚悟をしていたのですが、それでも濃いw
麺をちょっとづつとって半分くらいつけてたべるのがいいですね。

Img_1866

12軒目 丸高中華そば 中華そば
由緒正しい和歌山ラーメン。店構えもいかにも大衆中華というか大衆ラーメン屋なのでなんとなく懐かしい。
ビンゴ特典で持ち帰りのラーメンセットも頂きました。

Img_1872

13軒目 麺匠にぼし屋 つけ麺 ビンゴ特典味玉
上品な煮干しの出汁が効いたつけダレはとても美味しい。
つけ麺押しだったのでつけ麺を頼みましたが、これは煮干しラーメンも期待できます。

Img_1876

14軒目 中華そば麦右衛門 中華そばと本日の丼セット
シンプルですがとても美味しい中華そば。超人気店でこの日も開店前からずらっと人が並んでいる状況でした。
ただ個人的にはもっとラーメンをメインに据えたメニュー構成にしてほしいかなぁと。
ビンゴ特典はペットボトルのお茶でして、自転車で回っていたのでちょうどいいドリンク補給となりましたw

Img_1878

15軒目 塩元帥姫路店 ネギ塩ラーメン ビンゴ特典の味玉
なるほど。美味しい塩ラーメン。しかしべらしお知ってるとちょっと一段落ちるかなと。値段も高めですし。

Img_1879

Img_1880

最後16軒目のフリーマス がふうあん ニボシブラック ビンゴ特典鶏チャーシュ- 鶏そぼろ玉子かけご飯
家から近いということと神戸ラリーで食べてて一番気にいったが伊丹酒粕ラーメンだったので最後はがふうあんにしました。塩がメインでは有りますが、醤油の代表格ニボシブラックも確かに美味しい。

Img_1881

ということで、なんとか神戸ラリーも完了!
実はGW以降、らぁ祭のために休みが使えないので焦ってましたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャージ貧乏

以前からツイートで今年はジャージ貧乏と言ってるのですが、実際今年どれくらい購入しているかといいますと

Img_1553

ろんぐらいだぁす!ソフトジャージ&Tシャツ

Img_1557

霧くまジャージ

Img_1786

ろんぐらいだぁす!ナイトライドVer

Img_1830

Kett a Machine,ジャージ
ドーナツジャージ
ドーナツキャップ

Img_1837

暗峠 激坂ジャージ

Img_1871

かわうそジャージ

Img_1910

ドーナツバンダナ

これに先日オダックス近畿のジャージとウィンドベストも購入していましてw
あとジャージではないのですが、マニアパレルさんのうどん自販機Tシャツとトートバッグを買ってるのでそれもそろそろ支払いが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

4月19日 やっちゃばフェス

やっちゃばフェス当日!

ホテルを出て秋葉原方面へと歩き出します。
探してたのは開いているラーメン屋か立ち食い蕎麦屋。
秋葉原まで来て見つけた日高屋へ入ります。

Img_1811

ラーメン半チャンセット
朝ラーきめたった!!
しかし周りでいちゃつく朝帰りの奴らに微妙に敗北感を感じながら退店w
まだ開場までには時間あるので近くの喫茶店でゆったりと珈琲でも。
ツイートを見ていると段々皆秋葉原へと向かっている感じで、朝カレーをキめられている方もw

そうこうしているうちにサークル入場できる時間になったので会場へ。
まぁ、顔を知っている人が多いので挨拶をしつつ私のブースである3Fで荷物をおろします。

Img_1812

設営中~
私の荷物自体はこんなものなのですぐ終わりまして、他の方々は来てないかなーと下へ降りてみますが、うん、いないw
ただ、はにべあさんのところに顔を出して、今日少しだけ販売されるドーナツジャージやサイクルキャップを見せてもらいました。
うん・・・いい。やはり手に入れなければならないな。

だんだんと人も集まり、3Fに様子を見に来られる参加者の方もいらっしゃいまして、お話させて頂いてました。
3Fのブースでは酒・ビール関係の同人誌の人も多くて、そちらの様子を見に来られた方っぽくて私もまぁビール好きですからwビールのお話をしてたのですが、それが阿羅本さんだったというw
後でブースに本買いに行くまで全く気づいてませんでしたw
他にも今年の花見の時に着ていた”猫の休肝日Tシャツ”を作ってられたちゃーりーさんのとこの方とかとちょこちょことw

私の準備はもう終わっていたので、今回のおみやげクロシェットの飴とか新大阪エキマルシェ限定の鶯ボールをいつもお世話になっている方とかにございさつがてら配りに行ったり、やっちゃばフェス自体の受付を済ましたりしていました。

Img_1813

そうしているうちに牛乳焼酎さんも到着し自転車パーツも並び終えて準備完了。
さて、開場です!・・・本来なら私が最初からブースに居るべきなんですが、先程も書いたドーナツジャージ等を手に入れるために牛乳焼酎氏に少しブースをお任せしてパパっと買い物へ。
2Fのメイン会場はさすがの人混み。そこで並んでジャージ等を買えました。バンダナも買うつもりでしたが今回は予約のみ受け付けとのことでしたので、販売されてから買うことにして後は飲食関係のブースへと。

飲食関係のブースではスタンプラリーをやっていまして、とりあえず数店舗周ってから自分のブースへ。
牛乳焼酎氏にお礼を言ってお留守番です。

今回私が頒布するのは2015らぁ祭大阪のレビュー本だったのですが、正直失敗したなぁと。
”自転車で巡る”のタイトル追加して道中の事も少し載せたものにすればよかったんですが、ラーメンのみのレビュー本なのであまり魅力がないものに見えたのではないかと。
実際出た数としては10部に満たなかったので。このへんはまだまだ難しいですね。

ちょっとトラブルで遅れていた偽748Rさんも来られて、今回のやっちゃばフェスでは自転車のパーツ点数自体は結構多いブースとなったと私達のところ。
105のコンポとかはみなさんやはりチェックされますねw
私の持ち込んだ光るボトルケージは、最初光らせてなかったのが悪かったのか皆興味なしw
まぁなぁ・・・そうだよなぁwでも売り物の電池の消耗をさせるのがどうもねと思ってたので。

Img_1814

ブースをお二人にお任せしてあちこちのブースへと行ってスタンプとかを集めてコンプリート!
これで抽選にも行けると思いつつ、そのまま忘れていました。
しばらくして思い出して抽選に~・・・おお!あたり!
抽選の品何を選ぶかなと。青い紐がかけてある色紙とかwもありましたが、一つ興味を惹かれたのが”王冠が曲がらない栓抜き”
ほぅ・・・おもしろい!ということで

Img_1815

栓抜きいただきましたー!
なるほど。力のかけ方が違うから曲がらないのかな。
地下のブースにいらっしゃる石谷さんとか、あざみせんせー・むらさめさんとも話しつつ、帰りの新幹線に乗る前にビール買って試しましょう!という話にw


人も減ってきてまったりとしつつ、来た方とか横のブースのひずみさんとかとブルベや自転車談義などをw
そんな感じで最後までー

そろそろ終了とのことでブースのお片付け。
とはいっても、大物だった光るボトルケージは大幅値下げで売れていったので持ち帰るものは少ないです。

打ち上げをどこでやりますかねーと、先程石谷さんにいいところを聞いてたので神田のお店に向かったのですが・・・休み。
あおーんwまたこのパターンか!
コミケの時のお店とかほんとこういうパターンが多いです(´;ω;`)

ということで、電車に乗って第2候補のお店に。
以前から、そのお店のことは知っていましたが浅草にあるため、コミケの時とかでも微妙に寄りづらくて行ってなかったのです。


お店に到着!
おー・・・ほんとイギリスのパブっぽい。
お店に入ると左手に醸造タンクが見えて、おお!いいねいいねと気分が盛り上がります。
下の席はいっぱいだったのですが入れ違いに帰られるお客さんがいてちょうど3人席が空きました。
レジの所で注文と支払いを都度していく形なのでそれぞれ注文。
つまみはまとめて注文して後で割り勘にしました。

Img_1816

お疲れ様でしたー!

Img_1817

オニオンリング

Img_1818

サラダとミートパイ

Img_1819

フィッシュアンドチップス

Img_1820

2杯目はビターを。

Img_1821

つまみも追加!パストラミチーズサンド!
写真はないですがポテトチップスも頼みました。
ビールもツマミもほんと美味しい。

Img_1822

3杯目どうしようかと悩んだんですが、今日は大阪に帰るため軽めにシードルのアスパルサイダーを。
シードルがあるのがほんとブリティッシュパブらしいw

Img_1823

Campion Ale
東京都台東区西浅草2-2-2
平日 17:00~23:30
土日祝日 12:00~23:30

地下鉄で上野まで戻り、そこからJRでということなんですが・・・実はカンピオンエールさんを少し早めに切り上げてまでお願いしてきたかったのが

Img_1825

富士そば カツ丼セット!
ふふふ・・・今日購入した飯テロ許可証もあるぜ!
いやね。関西にも駅そばというのはあるんですが、立ち食いそば屋というのはないのです。
だから東京に来た時はたべたくなるんですよねぇw

ここまで付き合っていただいた牛乳焼酎さんと偽748Rさんに感謝して駅でお別れ。
後は東京から新幹線で大阪の自宅まで戻ったという話でしか無いのですが・・・やっぱり試さないとね!
新大阪のお店でビールを買って帰りまして

Img_1826

これを

Img_1827

こうだ!

Img_1828

おお!曲がってない!
なるほど。これはいいものだw
後日よく行くビアバーで同じ形の栓抜きを使われていて、この話題で盛り上がりましたw


Img_1831


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

4月18日 やっちゃばフェス 前日

やっちゃばフェスにまたもや参加してきましたよ。
今回は本としては”らぁ祭2015大阪”本を作成し、まぁ後は自転車パーツを適当に出品ですね。

前日に新幹線で東京へ。
出発の日は日本橋のフレッシュの日でして、大阪のあの地でbaruさん達をお見送りしてから出発しました。
あまりうろつく予定でもないので、BROMPTONは持って行きません。
東京で降りて、まずは中央線で高円寺まで。
なんでそんなところに・・・という話なのですが

Img_1796

ここにお参りに!
何故かといいますと

Img_1797

Img_2089

Img_2090

この氷川神社は気象神社として日本唯一の神社ということでして、今年出るブルベ全て雨に降られるわ、何か自転車で出かけないといけない時に限って降られている私がもう最後の手段神頼みに、と。
いやほんとにね、まじめにどうにかしたいと思ってるんですよ、このシャーマン体質。
今年SRとるための最後の関門BRM505福井600kmでは特に降らないでほしいとの願いでお参りしました。

Img_2088

お願いします!お願いします!どぉおおおおか、お願い致します!
ブルベの時、自転車乗るとき晴れてて下さい!
一心不乱に祈って離脱。

高円寺からまた東京へ戻って御徒町へ。
今日のホテルが御徒町なので一旦荷物置いて身軽になってから秋葉原へ行こうという計画です。
荷物を預けてさぁ!やっとお昼にw
前から行きたかったとあるお店にまだ間に合いそうだったので急ぎます。

むむ!外にお客さん並んでない!
昼営業終りに近いと言っても並んでいるイメージが合ったんですが・・・もしかしてもう終わり?
お店の中に入ると中では数人待っていました。店員さんにまだ行けるか確認して一番後ろへ。
その後は意外と早くお客さんがはけてカウンターに案内されて待つことしばし・・・

Img_1798

阿吽 汁なし担担麺3辛大盛り
うぉおお、ビジュアルがいいですね!
しかし・・・びびりつつも辛さを通常の3辛にしてしまった私。
スパイシーな辛さは苦手なんだけど、大丈夫かなぁ。

まぜまぜしてズルッと一口・・・ほうほう、なかなか美味し・・い か、辛い!
これは強烈な花椒ですよ。食べ進めるとあっというまに舌がしびれてきます。
しかし、美味しい!あ~明日大変なことになりそうな気もしますが、しばし食の幸せに浸ろうw


四川担担麺 阿吽
東京都文京区湯島3-5-11
[月、水、木、金]
11:00~14:00
17:30~22:00
[土]
11:00~15:00
17:30~22:00
[日、祝日]
11:00~15:00
17:30~21:00

さて、食事を済ませたのはいいですが・・・口の中がw
甘いもので中和とうことで、たしかこっちにあったなぁという記憶を頼りに進みまして・・・たい焼きを達磨さんで購入。

Img_1799

あ~・・・うん、中和中和w

合流予定の二人、偽748Rさんはまだ時間かかりそう。牛乳焼酎さんはそろそろかなぁ。
さて、どうしようかなぁと思案しつつとりあえずCOMICZINへ向かいます。
1F・2Fと探りましたが、あれ?買う本がもっとあると思ってたんだけどないな。
明日のやっちゃ場でサークルさんが売るのともダブっていたので拍子抜けな感じ。

ZIN出た所で牛乳焼酎さんから連絡あって合流。そしてまた散策へ。
あのデカイEnterキー見つけたけど、売り切れで買えなかった(´;ω;`)
まぁ・・・予約してまでというものではなかったしなぁw

他数店回った所で、偽748Rさんをお迎えするためにPLUMショップへと。
きっとあのお方はここに来るはず!ということでw
初めて入りましたが、中々に面白い。
諏訪に関係のない地方キャラのグッズとかもたくさんありますし。

しかし待ち人来られずw秋葉原着いたとの連絡があって結局ビルの下までお出迎えに行きましたw

さてと・・・どこで飲もうね?w
候補は考えてきてましたが、そこは最近オープンしたばかりで人が多そうというのもあってどうかなぁと思っていました
でもまぁせっかくだし行きますかと神田方面へ。

Img_1800

途中でこんなとこが見れるとは思いませんでした。
万世橋を通りすぎて駅の方へ・・・って、あれ?違う?
スマホで確認しつつ戻り。

Img_1802

お店に着いて・・・うあぁいっぱいだなぁ。まだ明るいうちから、こののんべどもめ!
よなよなエール等を作っているヤッホー・ブルーイングさんが直営しているよなよなKitchenエールへ来ました。
3月にオープンということで、またこの前日に僕ビール君ビールのドラフトが先行して入ってきていたので、まぁしかたないか。
店員さんに聞くと最低30分は待ってもらうことになるだろうとのこと。
とりあえず待つことにしました。まぁあまりにも空かないようなら、ぱんださんからもお誘い受けた”ももじ”へ行けばいいかな。

私達の後にも予約とかをせずに来て人の多さにびっくりしつつも並んでいく人たちが何人もw
もう、ももじへ行っちゃおうかなと思った所で店内に入れました。

Img_1803

Img_1804

まずは当然 かえるビール・・・もとい僕ビール君ビールで乾杯!
いやぁ、やっと入れたねぇ。
食べ物も適当に3人であれやこれやと注文。

Img_1805

Img_1806


Img_1807


Img_1808

自転車の話を中心に、明日のやっちゃばフェスや夏コミの事なんかもいろいろと話します。
食べ物も美味しいし、もちろんビールも美味しい!

Img_1809

2杯目の軽井沢高原ビール シーズナル2015アメリカンウィートエール。
2杯目なのに結構酔っ払い気味w
後はソフトドリンクを飲みつつ今日は終わりとなりました。

Img_1810

よなよなBEERKITCHEN
東京都千代田区神田須田町1-24-6
ACN神田須田町ビル1F

平日 ディナー 16:00~23:30(L.O22:30)
土日祝 11:30~23:00(L.O22:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«4月15日 Crochet