2018年11月15日 (木)

阿蘇ぼう 1日目

えー・・・blogのことを忘れていたわけではないですよ。ええ。ほんとまぁ書く意欲が失われてたのは確かなのですが。
前の記事も中途半端なところで止めてるんで書かないといけないのですが・・・ま、まぁ久々の更新!先日行ってきました阿蘇ライド 阿蘇ぼうの事を。

あれはまだ暑い頃にSENZU COFFEEにてアイスコーヒーを頂いてるとdaiconさんより「秋に阿蘇行きません?」と誘われたことからでした。
阿蘇自体は去年の秋に行きましたが、一番の目的だったミルクロードと大観峰が天候が悪くて雨&真っ白というとても残念なことになったのがとても心残りだったので、行けるチャンスがあるなら!とご一緒させていただくことになりました。
秋になるまでいろいろ有りましたが、コースとしては1日目にやまなみハイウェイを走って九重連山の温泉地筋湯温泉に泊まり、翌日にミルクロードを大観峰を見て南阿蘇側から阿蘇山に登って阿蘇に宿泊。最終日は阿蘇の東側を走ってケニーロードを含む地蔵峠超えをして熊本から帰るという予定になりました。
とは言っても、daiconさんと同行者のカリスマブロガーのDARUMAさんは飛行機にて大分空港からの走行となりまして、私は・・・飛行機輪行の輪行袋もないし、そもそも飛行機があまり好きではないので去年と同じ新幹線と特急で別府からスタートとしました。
そしてもう一人の同行者kabo店長はフェリーで九州入りとのこと。私も前日余裕があったらオレンジフェリーで別府に乗り付けるんだけどなぁ。

Img_9270

当日は朝1番の新幹線に乗って小倉まで。九州新幹線は東海道新幹線よりもスペースに余裕があるのと高級感があるので好きなんですよね。もちろん名前がというのもw


Img_9271

小倉駅ではJRのホームに移動してから、特急を待ってる間にホーム内にある立ち食いうどんで定番のかしわうどんをいただきます。柔らかい鶏肉に優しいお出汁が美味しいのですよ。
今回乗る特急はにちりんシーガイア。去年はソニック号に乗ったのでこちらにしたのですが、うん、どちらにしても平日の朝は人が少なくて快適ですな。自由席の一番後ろもラクラク確保です。
うつらうつらとしてたら気がつくと別府駅の手前となっていて、あわてて降りる準備をしました。


Img_9274

輪行解除!空は青く雨が降る心配は全くありません。これは・・・いいライドになるぞ!
Twitterを確認すると他の3人は別府にて合流する予定で走り始めてまして、私はあの人達に比べると圧倒的に登りが遅いので先行する形でまずは由布院へと出発します。


Img_9277


Img_9284


Img_9288

駅から由布岳の近くまではとにかくずっと登りでして、道中の湯煙がもうもうと上がっている小屋(すごく硫黄臭い)とか、紅葉している鶴見岳山頂辺りとか、そんな旅情緒を楽しむ余裕が余りありませんw
また途中でいくつか工事をしているところがあり片側通行規制がかかってました。自転車で登坂中にこれが辛い!速く走りきらないと迷惑かけちゃいますからねぇ・・・そこで無理して頑張ると後がまた余計に辛くなるという。


Img_9293

そんなこんなで遅いですがジリジリと登って城島高原に差し掛かったところでようやく斜度が若干緩めとなって由布岳が見えてきました。

Img_9310


Img_9316


Img_9322


Img_9328


Img_9334

そして暫く進むとぱっと開けて、すすき野原が。猪ノ瀬戸湿原の風景に、あぁ帰ってきたんだなぁとしばし佇んでいました。
絶景の由布岳の麓をかすめて由布院へと降りていきます。


Img_9337


Img_9339

由布院も去年の秋に来てたのですが、その時はホテルがわりと遠かったのもあって観光ポイントである金鱗湖と天祖神社までは行かなかったので、今回はコース的にもちょうど脇を通るので寄り道を。
しかし金鱗湖への脇道に入った途端、細い道は観光客でごった返してまして自転車に乗って行くのさえ無理な状況。仕方ないので降りて押しつつまずは金鱗湖へと向かいました。
近隣小脇の小道を流れに沿って歩きつつパチリと一枚。もう少し紅葉がきれいに写ってくれたらなぁと自分の写真の腕を悔やみつつ天祖神社へお参りを。少しここでゆっくりする予定だったのですが観光客のあまりの多さにすぐに出立することにしました。
元のコースへ復帰し由布院の中心地へ。時刻はすでにお昼を過ぎていまして、朝からヒルクライムをしてきたお腹も空っぽの状態です。平日なのに観光客の多さに辟易していた私はあえて地元の人が行くような定食屋へと入店したのですが・・・一応そのお店の評価も事前に見ていて、そんなに悪いわけではなかったのですが・・・まぁ、お察しいただければ。これがちょっと今でも後悔しまくりなくらいでして。やっぱりちゃんと人気があるところに行かないとだめですね。
他の3人はすでにコンビニで合流して、キャッキャウフフと別府からの登りを攻略中のご様子。甘いものが美味しい喫茶店でゆるりと3人を待つという予定でいたのですが、先程の昼食のことも有りどうにも気分がくさくさしてたので、ゆるりと走り始めることにしました。
由布院からやまなみハイウェイに至るルートは3つありまして、県道216号線・国道210号線からの正規ルート、由布院を南側から抜けて県道11号線をそのまま登っていくルート、県道11号線から細い林道を登って山下湖手前で合流するルートです。
まぁ県道11号線を登るルートは正直行く意味がないのでそれ以外の2つのどちらで行くかなのですが、去年は林道のルートを行きまして斜度がきついですが車の少なさと冒険心を煽られるような風景がとても楽しかった思い出があります。同じところを通るのも芸がないですし時間も余りまくってるので国道側ルートにてやまなみハイウェイへ入ることにしました。
登りではあるのですが斜度はそれほどきついわけではなく、暑いとさえ思える陽気のなか登っていきます。思っていたよりも車通りがなくてストレスもそれほど感じませんでした。バイクや車のアンティークな博物館である岩下コレクション脇を通り過ぎ、なんだろう本当に淡々とペダルをこいで進んでやまなみハイウェイ入り口に到着。さぁ、ここから快走路に!・・・ならないんですよねぇwやまなみハイウェイ自体が快走路と感じられるのはもっと阿蘇側に行ったときでして、少なくとも山下湖まではずっと登りなのです。


Img_9348


Img_9353


Img_9359

それでも斜度は緩くなり時折少し降ったりもするので走るのが楽しくなってきまして、また今回もやまなみハイウェイで外国人の自転車乗りとすれ違いました。道の脇の木々も綺麗に紅や黄色に染まった中をゆっくりとマイペースで走るというまさに秋ライドな時間でした。
崩平山をぐるりと回り込んで朝日台展望台へ到着。ここからの眺めがですね、とっても良いのですよ!

Img_9367


Img_9371

実はこのライドにカメラを持ってくるのを忘れてまして・・・iPhoneで撮るしかなかったのがとても口惜しい。


Img_9372


Img_9376


Img_9378

そして朝日台からすぐ下にある、農家レストランべべんこへ到着です。
お昼ご飯に失敗してその気分を晴らすために先行して走ってきたのですが、いい加減1人が寂しくなったのでここでゆっくりと3人を待つつもりでソフトクリームを食べつつベンチでぼけらっとしてました。
秋の日は釣瓶落としとよく言われますが、先程まで明るかったのが、あっという間に陽が傾き始めて夕暮れの気配になって少し肌寒い感じに。3人は結構近づいてきてる感じではあるのですが、未だ確証を得れるツイートがなかったので16時にべべんこを出発しました。

Img_9379

べべんこからは降りと平地の直線で、飯田高原前から九重連山山裾まで一気に駆け抜けることができる快走路となります。ですがその降りが寒い!陽が傾いたのと同じく気温も一気に下がってきたようで、なにか上に着ないとすぐに動けなくなりそうです。
こちらも牛が看板の飯田高原ドライブインでちょっと停まりウィンドブレーカーを羽織ります。ふとスマホを確認するとkaboさんからの返答で3人がかなり近くまで来てる模様。これはもう合流するしかないね!と前の道で降りてくる方向に目を凝らします。

Img_9394


Img_9400


Img_9407

しばらくすると遠くから派手な自転車乗り3人の姿が!あちらでも私の姿に気づいたのか合図をして近づいてきました。そこを激写!・・・・うう、カメラの能力が。
合流をしてしばし異なった道中の話とか合流できた喜びなどを語らっていましたが、宿のご飯の時間もあるためそうゆっくりとしてられません。その時間に間に合うように3人はかなり無理してるはず?ですし。しかし走り始めた我々の前には夕焼けに照らされた美しい景色という罠ががが


Img_9422


Img_9423


Img_9431


Img_9453


少し走っては写真を撮るために停まるということを繰り返して、また最後の最後で宿までの登りが辛くて時間がかかりましたが、無事本日の宿へ到着となりました。

Img_9454


Img_9455

めっちゃ湯けむりが上がってますw
自転車をロックして部屋に落ち着いた後は、お風呂に洗濯、食事と手早く済ませて・・・さぁ夜はこれからだぜ!というところでDARUMAさんとkaboさんはすぐに寝息をたてられてました。
あー・・・まぁ私と違って3人は結構大変だったからなぁと思ったのですが、一番疲れたと言っていたdaiconさんは、まだまだ元気w
お酒を入れつつ夜遅くまで色んな話をしてから就寝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«双龍さんへ行こう! 1日目