2017年1月31日 (火)

BRM128 枚方300km 渦潮

今期2本目はオダックス近畿の枚方300kmに参加です。

今回の枚方300kmは【渦潮】と【白崎】の2コースが用意されていまして、スタート受付時にどちらに参加するかを伝える(5:00スタートの人は)ということでした。
なんといっても【渦潮】は淡路島へ渡って返ってくるために使うジェノバラインの待ち時間をどう調整するかというのが問題で、下手をすると1時間以上のロスとなる可能性もあります。
そして行き帰りに通過する有馬街道で蓬莱峡という登りが待っていまして、これがまたきつい。標高は400m弱ですが斜度と繰り返されるアップダウンがどうにも不安です。

前日早く就寝し2時30分起床。自転車の用意等は全て済ませてあるので着替えて出発です。
天気予報とかからあまり寒くならないとは思っていたのですが、わりと暖かくてちょっと昼間の暑さが問題かなぁと考えつつ、車の少ない道を走っていきます。
しかし寒いのに週末の深夜は色んな人というか、ややこしい酔っぱらいやDQNが非常に多いですねぇ。関わり合いにならないように慎重に行動します。

スタート位置にほど近いセブンイレブンで朝御飯とドリンクを補給してトイレも済ませます。
ツイートを確認してみると、去年のFlecheチームのメンバーが揃うブルベだったのですがdaiconさんが負傷に寄るDNSとのこと。なんとも残念なことになりました。
コンビニを出発し橋を渡ってスタート位置に到着。人が集まってるところに行き挨拶をしていますと、遠征という方が・・・ひであさんでした。
少し前にツイートで参加されることを聞いてまして、ブルベ途中に帰省もしますと仰られていまして、BAJとかほんとにすごい距離も走られているベテランの方で、いやぁ・・・流石ですねw
そしてDARUMAさんともご挨拶。リーダーがぁ等と話しつつ、受付をされるであろう橋の袂まで皆で移動します。

Img_5653

すでに今野さんが来られていて車検と同時にや受付をしますとのことですので、【渦潮】に参加することを伝えて受付及び車検完了。
今回の【渦潮】参加には輪行バッグを持ってきてることが条件でしたが、いつも常備はしてるので問題なしです!・・・ただ、リラックマ輪行バッグを凝視されましたけどねw

受付も完了したので暫くDARUMAさんと喋っていると、ななしきさんとマムートンさんが到着。ここ数日で周りの皆がバーミッツ教に染まったのでなんかバーミッツ率が高い気がしますw
私は手の寒さは感じにくいというかすぐに暖かくなるので、あまり仰々しいグローブを着けなくても良いのですが、足先がどうにも・・・シューズカバーもカイロも効果があまり感じられないのです。
足先のバーミッツのような最適解があれば良いんですけどねぇ。

お二人も受付を済まされて少しするとブリーフィング開始。【渦潮】参加の人たちに向けて何度も今野さんの確認が飛びます「いいんですね?選んだのはあなた達ですよ?今からでも変更はできますが・・・いいんですね?」とw
だめであれば明石で美味しい魚食べて帰るつもりでしたので、当然私もそのまま参加で続行です。

さぁ焦らずマネージメントを上手くして、ゆるりと行きますかね。
スタートしたのがほぼ先頭だったので河川敷から上がったところで他のメンバーを待っていると、ななしきさんとDARUMAさんが来ました。「あれ?マムートンさんは?」「すでにすっ飛んでいきましたよ!」・・・なんと、さすがクレイジーマムートン氏。これでもうあの人とは今日は会わないかなw
暫くは街中を走ることになるので信号で止まったりする事が多くてなかなか速度も上げられないですが、生瀬からの蓬莱峡の登りに入ると更に遅くなるのでここで時間を少しでも稼いでおくしか無いです。
ストップ・アンド・ゴーを繰り返して枚方から箕面・川西方面へ向かっていると、途中でサイリウムを振っている人が!誰かの応援かなぁ「お疲れ様でーす」と返事をしてそのまま進みました・・・これがdaiconさんだったとわかったのは少し後の事。真っ暗で顔まで認識できなかったぁ。リーダー申し訳ない。
そして、この辺りで一緒に走っていた人が少し前からツイッターでやり取りをしてました流木柳さんと判明。走りつつ挨拶をするというなんとも奇妙なことにw

宝塚を抜けて生瀬(なまぜ)に至り、登りの始まりです。ここで私は予定通りwに、後ろへ後ろへと。あっという間に一人旅になりました。まぁこんなに遅く登る人なんてねぇ・・・渦潮に出るような強者には居ないということなんでしょう。
街中がわりとスムーズに抜けられたので焦らずに登りますが、車通りが多いため内側の急な勾配を登らないといけない場合が多くて、とても足に負担がかかります。ストレスフルなところをなんとか登ってようやく頂上らしき舩坂山王へ。ここで降りだーということはなく、しばらく細かいアップダウンが続きます。
有馬温泉へ到着したところでようやく降りですが・・・ここもすぐに終了してまた登り返しが。あまり脚を休めることも出来ず右膝にも違和感が出てきました。登ったところで長い降りとなります。
途中にPC1があるので見逃さないように気をつけつつ重力に任せて降りていきましたが、ここを帰りは登るんだよなぁ嫌だなぁという思いしか浮かんでこず、まだ序盤ですがとてもやる気が無い状態にw

Img_5654

PC1に到着。おにぎりとフィナンシェを買ってすぐさま出発。休憩やもろもろの作業なんかはジェノバライン内でやればいいやと先を急ぎます。
できれば9:30のジェノバラインに間に合えば良いんだけどちょっと厳しいかなぁと思い、少し頑張ることにしました。
踏め、いいから踏め、とにかく踏め。そんなふうに頭のなかで唱えつつ、最後の登り返しをクリアして降っていったところで、ようやく明石へ近づいてきました。
時間としては9:20くらいでなんとか到着。他に沢山自転車が積まれてるとまずいなぁと思いましたが、乗り場前に着くと待っている人は居らず、すぐに切符を買って乗船できました。

Img_5655

補給食やらブルベカード・レシートなんかを船内へ持ち込み、色々と作業をしつつ休憩。じんわりと太ももの前側が重くなっていて、後の行程が少し不安になりました。

Img_5657

すぐに岩屋港に到着しブルベ参加者は皆早くに船を降りて出発していきます。
もちろん私も手早く出発。暑くなってきてたので、ウィンドブレーカーやネックウォーマーも外して、グローブも薄手に船内で切り替えてます。
淡路島は何度も走ったことがある為、コースもだいたいわかってるので気楽に走っていけましたが、PC1での補給を疎かにしてたツケがこの平坦区間で如実にでてきました。
追い風ですし傍目には問題ないように見えていたでしょうが、どうにもパワーが出なくて胃がきゅーっとなる感じもしてきました。
おまけに、あの道を右側の登り+トンネルを通らされるし・・・PC2までがとても遠く感じました。

Img_5658

PC2では大盛りパスタとドリンク2本補給し、外に出してあるテーブルでいただきました。
大盛りパスタはともかく、ここでドリンク2本を一気飲みすることになるとは思わずwまたコンビニでボトル用の飲み物を買うことになりました。
時間は11:30分。余裕は70分程ありますので少しだけ休憩も兼ねてゆっくりしました。
到着したときには数人居たブルベ参加者も入れ替わったりして少なくなり、私もそろそろと出発します。

まずは水仙峡(10% 1km)の登りを攻略。
きついのはきついんですが、ここはあまり登れないーとかそういうのはないんですよねぇ。終わりがだいたい見えるのでモチベーションも下がらないですし。
水仙峡への入り口&謎のパラダイスのところで写真を撮ろうかと思いましたが、水仙が咲いてるこの時期は見に来る人も多くて入り口のところで係員もいるので、少し先のところでパシャリと。

Img_5659

だーっと降ってストレスの少ない海岸線を風に乗って走っていきます。
天気も良くて海がキラキラと光って・・・この辺りが一番走ってて楽しいですね。
道が少し悪くなったところを抜けて暫く行き、少しアップダウンをこなしたところで、次の福良の登り(平均8%)が始まります。
淡路島の登りの中で一番ここが苦手でして、平均8%となっていますが、斜度がきついところと緩い所がはっきりと別れているので、詐欺のような表示なんですよ。
今回も途中のきつくなったところで足をついたので、もうそのまま押して登りました。
登ってから少し内陸側に入りましてしばらく降りと平地ですが、この後にあの福良の2つめの登りが待っています。
また、登り手前で北向きに方向を変えるのですが、そこで向かい風がじわりと・・・あ、西側走るときまずいかも。
2つ目の登り(平均9%)を登ってようやく福良港へ。

いつもならここで、ジェラート食べたりして休憩する(自転車乗りのマスターが居るカフェにも行きたい!)のですが、時間もないのでもちろんスルー。
道の駅うずしおで淡路牛バーガーを食べる目的もありますしね!手早く町中を抜けて、また登り区間に突入します。
まぁここは登りっぱなしというわけではなくアップダウンが続くので、まだ休める分比較的楽に登りきりました。

Img_5660

PC3到着!
14:30分に到着し大体90分の余裕がありましたので、予定通り淡路牛バーガーを頂きます。

Img_5662

あわじ島オニオンビーフバーガー!
牛肉と玉ねぎの甘さがたまりません!
セットにしてポテトとコーラもつけましたがあっというまに食べてトイレも済ませて出発です。
出る間際に18:40のジェノバライン乗れますかねぇと、サイクルラックのところに居られたスタッフの方に聞いたのですが「うーん、脚力次第ですかねぇ」と渋いお答え。
あれを逃すと次が19:20なので完走自体が危うくなります。
頑張りたくないけど頑張るしか無いという、余裕がないブルベはとても嫌なのですが、それでも走って帰るしか無いのですw

一旦降ってきた道を登り返して淡路島西側の海岸線を走っていきます。
先程危惧したとおり、この時期特有の北風が向かい風となって吹いてきますが、思ったよりも勢いはなくて、これなら大丈夫と脚を緩めても良いんじゃないかという思いと、いやいや油断しちゃいけないという思いがせめぎ合います。
海岸線に出てすぐに少し右に曲がるところがあるのですが、ここは・・・あのだめなとこだ!一度逆回りのアワイチで通ったところなのですが、コンクリート舗装の丸い模様の道路といえばもう皆様わかっていただけるのではないかと。
その中でも結構酷い斜度でして、私はもう登る手前で降りて押して歩きました。その横を登っていくブルベ参加者の人が数人・・・ここは無理しない方がいいと思うんだけどなぁ。
少し登ると左に曲がり斜度も緩くなるので、そこからは乗って走っていきます。
西側の道は基本平坦ですが、ところどころ上り坂があるため疲れてきた脚にはとても辛い。登った後の下りでは漕がずに脚を休めますが、向かい風が吹くとどうしても速度が維持できないのでなかなかに休めません。
淡路島サンセットラインを、文字通り夕焼けが綺麗な時に走ってるのに疲れ切ったおっさんが自転車を走らせる姿はとても美しくないw
それでも陽が落ちて寒くなり始めたのと、うずしおでの補給がバッチリと効いて平均速度がそれ程落ちずに走っていけました。北淡まで帰ってきた時点で計算上は18:40には十分間に合う・・・いや18:00もいけるかも!とペダルを回す脚も軽くなります。

明石海峡大橋が遠目に見えたときにはもうヒャッハーと、思いっきり踏み込んで岩屋を目指しました。
そして17:54分にジェノバライン乗り場に到着。先に着いて18:00の便を大分待たれていたという流木柳さんとも再会し乗船となりました。
船中では補給やらライト・ナビの電池交換や着替えなどであまり休めなかったですが、とりあえずここからは時間の余裕も十分にるので完走自体は問題なく行けるだろうということで、気持ち的にはだいぶ楽になりました。

明石港に到着しここからは流木柳さんと一緒にゴールを目指します。
街中を抜けるまで信号やら車やらで結構ひっかかり、速度がなかなか上がりませんでしたが、郊外まで抜けるとなんとか普通に走っていける状態になりました。
流木柳さんがちょっと補給をするということでしたので登りが遅い私は先行したのですが、PC4(PC1)までのアップダウンからの1つ目の登りが終わるくらいまで1人旅となりまして、ちょっと寂しかったですw暗い夜道の登りはねぇ・・・ほんとに。

Img_5663

再度合流してから暫く登ってPC4(PC1)到着。
登りは後数kmで終わり、残りは降りと街中の道となり時間の余裕も90分はある状態。ガハハ勝ったな!
おにぎりと肉まんをパクついてドリンクの補給も済ませて、さぁ後はゆるゆると時間内ゴールすればいいだけさー
軽くゆっくりと登っていきますが、行きにうへーと思っていた斜度が今度は登りで襲い掛かってくるため往路からずっと痛かった右膝もそろそろ限界かもという状態に。
途中、警察がいやに多いなぁ思ったのですが、どうやら事故があった模様。怖いねぇ。もらい事故にならないように注意したいです。
ロキソニン投入すべきかなぁとは思いましたが、まぁもう少し様子を見ようと淡々と走っていってたらようやく登りが終わりました。
さぁ、ここからの降りは寒いのでネックウォーマーを鼻の上まで上げて防寒対策をバッチリにして降りていきます。
ライトも全て全開状態。つづら折りになってるところは少ないですが、それでもカーブでは十分注意して降りていきました。

宝塚からはまた街中の道を走っていくわけですが、時間帯がまだ早いためか人が結構活動していますし、信号で止められる事も多くてとてもストレスフル。
それでもゴール近づいてるのは確実にわかります。焦らず安全に。これだけを守っていけばいいのです!

茨木から枚方大橋を渡って、さぁ、ゴール!・・・手前でゴールのガストの位置を確認。
信号を渡ってお店の下に自転車を停めました。

Img_5664

19時間ちょうどでゴールです!
いやぁ・・・疲れた。時間的にはいつもどおりではありますが、アワイチをして帰ってくるまで、気持ちに余裕ができなかったのが辛かったです

Img_5665

ゴールには【白崎】に参加をしていた朱麻さんが私を待っていてくれて、まともな食べ物を食べながらw流木柳さんも交えて色々とお話をしました。
で、信号峠に捕まってタイムアウトするかもと心配された、むにん君も無事ゴール。
みんなで酷いブルベだったと言い合って(横に今野さんが居るのにw)解散となりました。
家までの帰りがまた寒いし、家近くの登りが右膝痛くて登れないとかありましたが無事帰宅して就寝。

以前から途中にフェリーとかをはさむブルベは面白そうだなぁとは思っていたのですが、実際にやってみると大変でした。
走る以外の時間に追われるブルベは気持ちの余裕ができなくて体に負担がかかります。ただまぁ、白崎とどっちを選ぶ?と言われるとまた渦潮を選ぶとは思いますがw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

BRM101 三浦200km

コミケ3日間お疲れ様でした!
3日目は・・・ちょっとばかし東7と東456の間の通行やらなんやらで大変でした。任務の達成もできませんでしたし・・・

まぁそんなこんなで撤収をして、偽748Rさんの車で帰り道の立川まで送っていただきまして、ジョナサンにてしばし休憩を。
ええ。シネマ2側のあのジョナサンですw映画を見る余裕くらいはありましたが、さすがにこの後のことを考えると少し仮眠を取っておかないと辛いので、ゆったりとした席で過ごさせていただきました。

21時にお店を出てスタート位置へ向けて出発。とりあえず電車で武蔵溝ノ口まで輪行します。
流石に大晦日のこの時間なので仕事帰りな人はあまり見かけませんが、2年参りに行くような若い人は結構いました。邪魔にならないように端の席で30分程うとうとしていると到着。


Img_5488

ライトアップ輪行解除!
ここから二子玉川の兵庫島公園まではおよそ2.5km。コンビニ少し寄って23時到着の予定です。
大通りは避けて行きますが、大晦日だからのか人通りがそこそこありまして。酔っ払いに絡まれないように注意して走っていきますw
橋を渡って左に曲がったところにありますセブンイレブンで補給物資を調達。同じような目的の諸兄達が数人いまして、挨拶をして先にスタート位置へ向かいます。
高架下を抜けて公園へ。中洲の先に赤いテールライトが数個見えたのでそちらへ向かいます。


Img_5489

スタート位置到着。
思ったより寒くはないですが、止まると少し冷たくなる気温の中、ぞくぞくと参加者が集まってきます。


Img_5491

そしてしばらくしてスタッフの方々が来られて受付開始。
控えていたエントリーNoが1つずれて申告してしまったミスが有りましが、無事にエンt「ねれいどさん?大阪から変態きたー!」
ち、ちがうよ、ちがうよ。変態だけと紳士だよ!w とまぁ、色々とお知り合いの方々から激励を受けまして、受付完了。WAVE0スタートです。
実際、こんな元旦の0:00出発にわざわざ大阪から遠路はるばる来る奴は・・・結構いましたねw夏の大洗ブルベでもご一緒しました小径車で走られているあのお方とか。
特徴のある自転車なのですぐわかりました。受付を終えられてから少しお話もしまして、今年の夏の大洗400kmも参加されるとのことでして、いやぁ・・・すごいなぁw

さて、ちょいと受付の時間が長引く中、トイレとかコースの確認、防寒の準備を済ませておきます。
足先の冷えだけは私もちょっと我慢が効かないのですが、今回シューズカバーは荷物になるので持ってきてなかったのが失敗しました。せめてもの対策として足先の甲側にカイロを入れますが、この気温だとあまり役に立たないんですよねぇ。

ブリーフィングが始まり・・・ほうほう。じゃあ序盤の色々とややこしい所は、あの人についていけばいいのね。狭かったり歩道走行したりする橋を渡りきるまでは企画立案者?の方を先頭にパレードラン気分でということでした。
チェックを受けてカウントダウンをしてスタートです!

先頭から大体8番目くらいで出発し、公園から路地を抜けて橋へ向かう為に信号を右へ・・・って、あれ?先頭の人がそのまま真っすぐ進んじゃいましたよ!
私の前の人数人がすぐに気づいて引き返してきましたが、先頭の人はそのまま進んで行かれたようで、仕方なしにあの人抜きで走っていくことになりましたw
橋の歩道へは自転車止めがあるのでそこは降りて通過し橋を渡っていきます。

橋を渡りきった所は自転車通行不可なので、自転車を降りて押していきます。
道路と合流したところで再び乗って行きまして、さぁ本格的な走行の始まりです!
PC1まではおおよそ57km。ルートラボ上の高低図から標高差はあまりないが細かいアップダウンがあることはわかっていたのですが、街中での信号峠とも合わせてなかなかにスピードが乗りません。
いつものごとく登りで速度ががくんと落ちるので、トレインになってる後ろの方にはどんどん先に行っていただいているのですが、それでも序盤の人が多い部分ではあるので間に挟まれてなかなか自分のペースというものが維持できず心拍はずっと160以上となっていました。
そして大晦日であるので結構人が出歩いていまして、除夜の鐘の音を楽しみつつ走ってると時々「頑張ってー」とか声をかけられます。
いやぁなんかありがたいねぇと思っていたのですが、トレインの最後で登りをゆっくりと登っていた時に「あ、あの人遅れてる!頑張って!」とお子様の声が聞こえましてね・・・ち、違うんだよ、おいちゃんはね、車間距離を開けて安全走行をね、ねと言い訳できるわけもなく、引きつった笑いをその子に向けていらない頑張りを見せて登っていきましたよ、ええ。
そんなこんなで細かいトレインに別れつつ適度にバラけて走っていきますが、30km地点くらいまではぎりぎり15km/hペースという予想外に遅いペース。あー・・・もうちょい頑張らないといけないかなぁと思いつつもPC1まではぎりぎりでも問題ない計算でしたので自分のペースをできるだけ守って焦らず安全走行を心がけます。
35km辺りからようやくアップダウンや信号に悩まされず順調に走っていけて、その頃にはいつもの1人旅状態で気楽に楽しめるようになっていました。
50km地点の登りはマイペースでクリアして一気に降り!そのままPC1へ到着です。

Img_5494

近くに住んでる友人に3時くらいに到着かなというツイートはしていて、ほぼ3時ぴったりに到着したのですが残念ながら友人は寝てしまったようで、手早く補給を済ませて再スタートです。
PC1の西湘二宮から江ノ島までは高速巡航ができるところというのは、以前走っていた鎌倉ブルベ等でわかっていたので、ここで30分以上余裕ができていれば完走はできたも同然でした。
少し心配していた風も問題なく、いつもどおりの高速走行で大磯・平塚・茅ヶ崎・辻堂を通って江ノ島へ。江ノ島に近づくにつれ、初詣や初日の出を見るためか結構な人がいるようになりまして、中にはとてもDQNな奴らが・・・ほんと、関わり合いになりたくないですねぇ、ああいうのとは。
江ノ島をすぎると少しアップダウンがあるようになりまして、個人的にかなり苦手感がある逗子手前の登り&トンネルの箇所は、やはり嫌だなぁと思いつつ攻略していていきます。
ファミマがある渚橋の交差点からは数日前に走ったコースとほぼ同じなのですが、寄りたいお店はもちろん閉まってます。パンとかプリンとかが補給できたら良かったんですけどねぇ。もちろんあの1ポンドバーガーのお店ライトハウスさんも開いてるわけがないw
その分車とかは少なかったので順調に走れまして、あの三崎口駅前の登りを攻略してPC2に到着した時には90分の余裕はできていました。


Img_5495

時間的にも一番寒い時で温かいお茶とパスタでとりあえず暖を取ります。コンビニにイートインスペースがあればもうちょっと良かったんですが、無い上に次々とブルベ参加者が到着してゆっくりできるスペースがなくなっていったので早めに出発。
さて港をぐるりと回って・・・あ、ここは!・・・・ひどい斜度がががが。前に友人と走った時にもとっっっっても苦労した短いですがひどい斜度の坂を登っていきます。
今まで楽チンペースだったのにひぃひぃと脚を使い、また心拍がぐっと上がって息も絶え絶えになって登頂。そこからは少し惰性でゆるゆると走るしかありませんでした。


Img_5500

段々と明るくなって日の出が間近になってきそうなところでパチリと一枚。宮川公園の風車が見える位置でなかなかの写真が撮れました。
この調子ならあの"亜美ちゃん坂"のとこで日の出が見れるかなぁと期待をしつつペダルを回していきます。
亜美ちゃん坂手前の見晴らしのいいガソリンスタンド辺りには、すでに初日の出を見に車を止めておられる方もいたので、そこはスルーします。


Img_5503


亜美ちゃん坂!
ここからは全く日の出は見れませんが、まぁせっかくなのでw
坂を降りた所辺りから海岸線の道路の両脇にはズラッと車が路駐されていて、これがずっと先まで続いていました。
海側を見ると少し雲が出ていて日の出が綺麗に見えるまではもう少しかかりそうなので先を急ぎまして、結果これが正解でした。


Img_5506


結構先まで行ったところで私も隙間を見つけて日の出をパシャリ。
まぁなんとかいいえが撮れたかなと思って再出発をしましたが、ここからがどうにも・・・日の出を見終わった人が帰宅し始めまして、道路を傍若無人に渡る人と路駐から車が出たり転回したりでかなりの渋滞となりました。
走る車の渋滞だけとか路駐の車を避けるだけなら自転車は進めるのですが、それが両方となると避けようがないですし、歩道はもちろん人が歩いています。もうゆっくりと進むしかなかったのですが、先に進んでいた分まだマシだったかと思います。
久里浜辺りになると車も捌けてここらにいたであろう初日の出を見に来た人達もすっかりいなくなって快適に走れるようになりました。ろんぐらいだぁす!の聖地の一つ浦賀の駅前を右へと逸れて観音崎の海岸沿いをぐるりと回ったところで、遠くに富士山が見える光景が目に飛び込んできました。

Img_5507

遠目ではありましたが、まぁちょっと1枚写真をパチリと。今回はコミケの間も含めて富士山がこの辺りからでも綺麗に見えてとても得をした気分です。
降って横須賀に差し掛かり、三笠公園に寄っていこうかなとも思いましたが車と信号を避けて行くのが面倒くさくて先へと進みました。で、横須賀まで来たということは、あの登りとトンネルが連続して来る場所となります。
1/1で普段よりは車通りが少ないとはいえ、もう朝を迎えて人が活動する時間となっているので車通りもそれなりにあります。ちょっと嫌だなぁと思いつつだらだらと登って攻略していきました。
ようやくトンネルとアップダウンが出なくなった辺りで八景島の案内が見えてきました。
土地勘のない関西人なのですが、さすがに八景島シーパラダイスの名前くらいは知ってましたので、ふーんここが・・・と思っていますと東京湾岸道路と差し掛かりました。
ここから10kmくらい高速巡航路となりまして、普段はかなりの交通量とのことですが、あまり気にしないでいいくらいに広い車線を走っている車は少なくて、ぐっと速度を上げて走っていけました。
根岸の辺りで走る道が変わりまして信号とかに捕まっちゃいましたが、少し走るとまた走りやすい道となりアップダウンもあまり気にせずに順調に進めました。
しかし先程の東京湾岸道路で飛ばした為、カロリーが足りない状況になりつつあったので目についたファミマに入り豚骨ラーメンを!カロリー・塩分・水分を補給し、少々暑くなってきていたのでグローブの交換と防寒着を外して再出発しました。
残り30kmで時間の余裕は十分。あとは事故やパンクに気をつけて走れば問題ない状況でしたので、もうゆるゆると横浜の街中を楽しみつつ走っていきました。

中央市場入口の所で、ブルベの参加者がコース間違いされたのか違うところから走ってこられて、そこから合流して走っていたのですが少しした所で「ねれさん?」と。
PC2辺りから何度か抜きつ抜かれつしていた人ではあったのですが、ようやくここで以前大洗ブルベでもご一緒したcodaさんとわかりました。
直前に体調を崩されていたので、てっきり参加されていないと思っていたのですが嬉しい出会いでした。そこからはゆったりペースでご一緒に走りまして、鶴見川を渡ってからは車も少ない道となって余計にまったりペースでした。
新丸子から多摩川を渡ったらもうゴールは見えたもの。お昼近くになってきた日差しも暖かくて、初詣客もちらほら見える多摩川沿いを進みゴール!


Img_5510


11時間48分でゴールです!
しばしゴールした人達と話をしてまして、これから大阪まで帰るの憂鬱ですということを言ってますと「ちゃーさんって知ってます?」と。
お話を聞きますと、これがまた。ほっぷさんでした。スタートから抜きつ抜かれつ一緒に走っていた時間もそれなりにありましたし、あのジャージということもわかっていたのに・・・全く気づきませんでした。
ほっぷさんもお忘れになられてましたがw以前白馬木崎湖でもご一緒したことや、ツイッターでも何度はやり取りしてますよーとまた盛り上がりました。
非常に楽しい時間でしたがいつまでもこうしてるわけにもいかなかったのと、ゴールしたからなのかどうにも眠さがぶり返してきました。
皆さんとお別れを告げて、帰阪のために新横浜駅へ向かいます。と、その前にゴール近くの郵便局へ。
今回のブルベではブルベカードは郵送するため、完走時間とかメダルの有無、そして各PCのレシートも同封してスタート時にもらった封筒に入れて投函をします。

暫くブルベのコースを逆に進み、帰ってくるブルベ参加者に挨拶をしつつ綱島街道から新横浜を目指します。二子玉川からだと新横浜まで15km程度でなので、東京駅に向かうよりよっぽど楽に行けるんですよねぇ。
新横浜への到着時間が予測できたくらいで少し止まって新幹線の予約を。1/1なら人は少ないと思ってたのが結構移動する人が多いみたいで、一番後ろの席が空いてるところがなかったのでもうこうなったら完走祝でいいやとグリーン車を利用することにしました。
以前に一度EX-ICのポイントで利用したことはあって、さすがあのお高い金額を徴収するだけの席の豪華さとゆったり感は疲れている体にも良いかなという思いもありました。
新横浜駅について早速輪行準備。疲れのためかなかなかスピーディーにできませんでしたが、なんとか完了しホームへ。
売店でお弁当とお茶を買って到着した新幹線へ乗り込みます。

Img_5513


Img_5514

やはり横浜ではシュウマイ弁当ですよね!
久々に食べましたが、うん、美味しい。
食べ終えた後はすぐに瞼が・・・新大阪までほぼ寝ていました。


今回の元旦ブルベ。スタート直後のお祭り感といいい、夜中でも人が出歩いている状況での走行や、元旦ならではの車の少なさと混雑する場所の見極めとかとても面白かったです。
ただコミケ3日間参加からの遠征ブルベとしてやるもんじゃないですねw荷物の問題や睡眠時間とかねぇ・・・ちょっと大変でした。
同じコースは流石に交通量とかの問題で普通の日にやるとちょっと問題が出るところがあるでしょうけど、江ノ島や鎌倉、三浦半島は走るととても気持ちが良いところでもあるのでまた走りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

BRM101三浦200km 12/28 新横浜~三崎口

2015年の秋に「2016年はブルベを抑えめにー」と言いつつ結局SR獲って、Flecheまで走ったのですが、流石にもういいかなと「2017年は個人サイクリング中心に!」と宣言したら周りから「またまた」「毎年言ってるよね」等ツッコミが・・・
いやいや、今回はほんとにね、ね。と思っていますと・・・私がよく参加しています団体のオダックス近畿のブルベスケジュールがものすごいとかいう話も出てきたり。
そして昨年各団体から2017年のブルベ日程が発表され、少し噂になっていました元旦ブルベがAJたまがわのスケジュールに載りました。
しかも0:00出発というお話ではないですか!これは面白い。どうせ年末はコミケで東京に滞在してますし、コミケ参加からそのままブルベ走って帰るというネタになること請け合いです。
個人サイクリング中心に~とか言ってたことなんて忘れてエントリーを決意しました。
オダックス近畿で色々と面白いコースや、楽しかったコースが復活したりしてもっと参加したいところではあったんですが、色々とスケジュールが合わず、この三浦200kmを獲ると後の予定が楽になるのもあります。

この日のコース

12/28の早朝新幹線にて新横浜へ。仕事納めの日ではありますが平日の通勤時間帯なので駅から職場に向かう方々も多くて、輪行解除中は少し人目が気になりました。おまけに風が強いし寒い!輪行袋畳む時えらい苦労しました。
出発し、まずは大通りを西へ向かいます。登りと車通りが多そうな道をできるだけ避けるようにコースを組んだつもりですが、通勤時間帯ということもあってなかなか車が多い。上大岡辺りになってようやく楽に走れるようになりました。
大船駅からは少し離れた道を走り北鎌倉駅の脇を通って、まずは鶴岡八幡宮へ到着。

Img_5433

1/1のブルベの成功を祈願しにお参りしようかとも思いましたが、ちょっと駐輪場の位置がわからなかったため、そのまま出発しました。
そして、今日の最初の目的地であったアルファベッティカフェへ到着。
LONGRIDERSの編集であるあきばっくさんがよく行かれているカフェで、LONGRIDERSグッズもいくつか置いてありますし、お店の前にはサイクルラックもある自転車乗りには優しいお店です。
サイクルラックにはLONGRIDERSステッカーの貼ったクロスバイクが停めてあり、もしかしたらお知り合いの誰かが・・・と思いましたが、中には主婦の方?が井戸端会議に華を咲かせていらっしゃいました。
奥の席に座り名物とも言えるカフェラテとスコーンを注文しましたが、スコーンがまだ焼きあがってないとのことで代わりにアップルパイを注文しました。
お店の中は・・・もうちょっと自転車関連っぽいものが置いてるかなぁとも思っていたのですが、普通にセンスのいいお店ですねw

Img_5434

Img_5435

カフェラテとアップルパイ。ラテの絵はクマーでしたwアップルパイの林檎がねー甘さとシナモンの具合がもう絶妙で美味しかった。
ラテとアップルパイの味を楽しみつつしばしゆったりと過ごしました。
30分程過ごして出発。逗子の方へ降り海岸線を走っていきます。

Img_5437

Img_5438

この日は逗子の辺りからでも富士山がとても綺麗に見えたので、思わず写真をパチリと。肉眼だともっと富士山が大きく見えてたんですけどね。
葉山御用邸を過ぎて細かいアップダウンもゆったりペースで走っていきます。というか追い風なのでそれでも十分なのでした。
そろそろ次の目的地だなぁと思っていると、左側にマーロウの看板が!うぅ・・・ここのプリンがとても美味しくて有名でして、一度は寄らないと思いつついまだイケてないんですよねぇ。
今回も次のところで食べるブツがブツなので、後ろ髪を引かれつつ通り過ぎたのでした。
辺りはまたクルーザーとかヨットが並ぶセレブリティ溢れるところになっていきまして・・・見えた!
今回の2つめの目的地、ライトハウスに到着です。

近くに自転車を停めて入店。うわーメニューがいっぱいだなぁw
でも、ラーメンとかばっかりで目的のものが・・・あ、あった!
お客さんは誰も居らず、店主の方に案内されて雰囲気たっぷりの薪ストーブの傍の席に着席。
頼むメニューはもちろん1ポンドバーガーですっ!

Img_5442

Img_5441

でかーい!大きさの指標に緑の・・・いえコーラの缶を並べてみてますw
この1ポンドバーガーは、ろんぐらいだぁす!ぱぁしゅうたぁずにて、弥生さんの妹の葉月が弥生さんと友達の八重とともに来たお店でして、もちろんその時に食べたのがこの1ポンドバーガーなのです。
何と言っても挟んであるバーガーの大きさと美味しさがたまりません!しっかりとした肉の味と肉汁だけでこれほど美味しいとは。
店主の方もろんぐらいだぁす!の事はご存知で、それを見てきたという人が増えてびっくりしたというお話をされていました。
「でもそういうのいいよねぇ、うんうん。これがきっかけで自転車とかの趣味を始めるのだって素敵なことだと思うんですよ」とのこと。
しばし店主の方と談笑してから出発しました。

ゴールの三崎口駅まではそれ程距離はないのですが、駅の手前が・・・長い上りとなっていてそこだけがどうにも憂鬱なところですw
まぁまぁ腹ごなしがてらゆるりと行きますかと海岸線の景色とかを楽しみつつ走っていきました。

Img_5443


そして上り坂を攻略して三崎口駅に到着!
手早く輪行準備をして特急にて東京へ向かい、3日間お世話になるホテルへチェックインとなりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

2017年 あけましておめでとうございます。

まぁここに来る人なんてほとんど居ないのですが、去年はほとんどブログを書かずにいました。
その為、冬コミで出してるブルベ本の作成に時間がかかるかかるw
記憶がねぇ・・・
今年はもうちょっとちゃんと細かく更新していこうかなと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«AR日本橋Fleche2016 前日 金沢ー富山ライド